ワーキングマザーってのを一括りで言える時代ではない、ということをネットで見て、なるほどなと思った。それは私の小規模な世界(保育園のママ)を見ていても思う。

どっちかっつーと、仕事に重きを置いてる人(霞ヶ関の人とかもいるので、もはや仕事の社会貢献度も稼ぎも能力も異なる。)、子供との生活を重視している人(習い事を平日に入れたり、お迎えも17時台にいける、子供と接する時間も長い)、あんまり何も考えてない人(私のように妙に働く時間も長いくせに給料は大したことない、子育てに力入れているようで実力が伴っていない)という違い。

私は子供のごはんはちゃんと食べさせないといけないし、それは絶対に19時前までと決めているし、寝かしつけは20時半から開始したいし、21時半までには子供二人とも寝させたい。習い事のピアノの練習も毎日付き合いたいし、絵本も読みたい。そこに生活を全振りしているので、平日はテレビも見ないし、自分の時間をあまり重視していない。土日はどうしても見たかったテレビを1.5倍速にして再生している。平日は通勤中が唯一のほっとする時間。

そういうことを大切と思っていて実行する。でもそれをそこまで重要に思ってない人もたくさんいるし、保育園のお迎えがそもそも20時過ぎの人もいる。やっぱりワーキングマザーで一括りにできるはずがないと思うのです。


本日の晩ごはん
・味噌汁(揚げ
・鳥の照り焼き
・ほうれん草と卵の炒め物
・オクラの柚子胡椒和え

子供の食事はトレーに乗せて配膳。鳥の照り焼きは、タレを絡めた肉を冷凍させていましたので、それをまるごとフライパンに入れて煮る、焼く。調味料出さなくていいので、それだけで時短になります。平日に包丁を触らないことを目標に、