本日のお客様、少し前に風邪を引き、喉と鼻水がお辛そうでした💦お熱は1週間前に下がったとのことでアロマトリートメントをさせていただきました!


この時期はよく、お客さまから「アロマトリートメント」や「リンパ」はやめたほうがいいですか?と連絡が入るのですが基本的には熱があればNGです。


発熱時は風邪ウィルスとリンパが激戦を繰り広げている最中で、ウィルスはリンパ節で堰き止められています。


そんな時にリンパを流してしまうと全身にウイルスが回ってしまいますので、元もこもありません!


発熱時はいったん治るまでご自宅で養生なさってくださいね照れ


熱が下がり、鼻水だけ、とか咳だけ、という状態まで良くなれば、体をほぐしたり、リンパを流すことによって、反対に治りが良くなることもありますので、ぜひいらしてくださいね

 

 

 

 
 

image

 

ケレンシアの井上です(*^-^*)
ホルモンバランスは女性の永遠のテーマですよね。

 


 

ホルモンは女性らしさを作ったり、成長を司ったり、身心ともに健康的に過ごすための大切な物質です。

 

 

ホルモンは内分泌腺で作られる化学物質のことで100種類以上あると言われています。その役割はというと、さまざまな指令をそれぞれ特定の器官に伝えること・・・つまり大切なメッセージを運ぶ伝達人!

 

 

内分泌腺とは甲状腺や副腎皮質、脳下垂体などのことで、ここで作られたホルモンはゆっくりと体の中をめぐり、目指す器官に指令を伝達します(*^-^*)

 

 

ところで約1回につき分泌されるホルモンの量ってどのくらいだと思いますか?答えは…1グラムの10憶分の1!ものすごく微量です!しかし、この微量なホルモンがと~ってもとっても大切なんです!

 

 

なぜホルモンが大切なのか。それは体をいつも一定の状態に保つためです。体を一定に保つことを「恒常性」とか「ホメオスタシス」といいます。

 

 

例えば体温。外気温の寒暖差で体温が上下したら大変なことになりますよね。ホメオスタシスは体を一定に保つ働きがあります。呼吸や心拍なども同じです。ちなみに鼻に異物が入った時にくしゃみで排泄するのもホメオスタシスの働きです。

 

 

ホルモンはこのホメオスタシスを維持するために大切なものなんですね。(他にも自律神経系・免疫系も重要です)

 

 

ところ…ホルモンバランスはちょっとしたストレスや疲労の蓄積などによって乱れてしまいます(´;ω;`)

 

 

特に女性の場合は女性ホルモンが減るとPMSと呼ばれる生理痛や生理不順、自律神経失調症や不妊などを引き起こす可能性があります。

 

 

年齢を重ねることによる女性ホルモンの減少は更年期障害の症状が出る原因となります。

 

 

また、ホルモンバランスの乱れによる様々な体の不調は女性だけではなく、男性にも影響します。

 

 

最近では「男性更年期障害」と呼ばれ、加齢に伴う男性ホルモンの減少に関連して、うつ傾向になったり、疲労感、筋力低下、骨密度の低下、性関連の悩みなどを引き起こす事もあります。

 

 

ホルモンバランスって本当に大切ですね(;^_^A

 

 

ということで、ホルモンバランスを自分で整えるために「自分でできるホルモンバランスを整える方法」をお伝えしますね♪

 

 

まずはホルモンバランスが乱れる大きな原因となる不規則な生活習慣を改善する事が大切です!

 

◆午後10時から午前2時はしっかり睡眠をとる

 

睡眠はとても大切です。普段から自分にあった睡眠時間をしっかりとるようにするのはもちろんのこと、眠りを誘うホルモンであるメラトニンが活発になる午後10時から午前2時までの間はできるだけ眠りにつくように心がけましょう。

 

 

◆寝室の環境を整える

 

睡眠の質も非常に重要です。深い眠りのノンレム・浅い眠りのレム睡眠をバランスよく繰り返す事で眠りの質が良くなると言われていますから、きちんとベッドに横になって部屋の音や光、温度、湿度などの環境を整え、できるだけリラックスできるように改善しましょう!眠りを妨げてしまう就寝前の食事やテレビ・スマートフォンを見るなどを避ける対策が効果的です。眠る前は30分ほど照明を落とすのも効果ありますよ!

 

 

◆バランスの良い食事を心がける

 

脂物や甘いものが多い食生活や、肉類中心の食生活など偏った栄養バランスの食事もホルモンバランスを崩しやすくなります。(※腸内環境とホルモンは密接な関係にあります!)
野菜や魚類を中心とした栄養バランスの良い食事を継続的に続ける事が大切ですし、腸内環境を整える発酵食品などを積極的にとりましょう!

また女性の場合はエストロゲン様作用を持つイソフラボンを多く含む大豆食品や女性ホルモンの分泌を促進する働きがあるビタミンE・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB6・カルシウム・などの栄養素も意識して摂取すると良いでしょう。(とりすぎは注意です!)また体を冷やすことは血行不良につながりますので、体を温める食事を心がけ、冷たいものを飲みすぎないようにしましょう。

 

 

◆喫煙、アルコールを適量に

 

喫煙は血流やその他様々な面で良くありません。減らす方向で!アルコールは適量であれば基本的に問題はありませんが飲みすぎはNG。また冷たいビールなどを取りすぎると内臓を冷やしてしまいます。女性にとってアルコールは生理周期を乱したり閉経の時期を早めるなどのホルモンへの悪影響があるといわれていますのでほどほどに。

 

 

◆適度な運動

 

運動不足は自律神経のバランスを崩す原因の一つと言われており、連動してホルモンバランスにも影響を及ぼします。適度な運動は身体の新陳代謝が良くなり血流が整うので体中に色々な栄養を送り込んでくれます。ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を定期的に行う事はとても大切です。一日30分からのウォーキング、理想は一万歩!

 

 

◆ストレスを貯めない

 

ストレスを感じることで分泌されるホルモンとしてコルチゾールなどがあり、コルチゾールはストレスに対処するために重要ですが、過剰に分泌されると体や心の健康が損なわれます。
ストレスがかかってきたな、と感じたら早めの発散を心がけましょう!

 

 

◆アロマや音楽などを取り入れる

ホルモンバランスはストレスに対して非常に敏感なので、アロマテラピーや好きな音楽を聴くなどリラックスタイムを作る事も大切です。
音楽は自分が聴いていてリラックスできて心地の良いもの。筋肉が弛緩するようなものが良いですよ(*^-^*)
アロママッサージなど、優しめのトリートメントは幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンを分泌してくれますので特にお勧めです(*^-^*)

 

 

ちなみに女性ホルモンのバランスを整える精油(アロマオイル )でおススメなのはクラリセージやイランライン、ローズ、ゼラニウムなど。

 

 

ストレス解消に良いのはラベンダーやオレンジ、ティーツリー、マジョラム、グレープフルーツなどが良いと思いますが、基本的には香った時に「心地いい」と感じるものが良いでしょう!

 

 

いかがでしたか?
ありきたりのこと…と感じるかもしれませんが、大切なのはこういった毎日の丁寧な生活なんですね(*^-^*)

 

 

ぜひ皆さんもお試しください♪

 

 

 

 

 
 

image

 

 

 

春近しですが
コロナウィルス気になるところですね。
こう連日TV放送や
動画配信が増えてくると
不安になるものです。




ケレンシアでは
コロナウィルスに対応する
オゾン空気清浄機を
取り扱っております。

こちらの清浄機は
救急車にも搭載されている
本格派です。

image

新聞記事にもなっております。

 

 

全国の老健施設

宿泊施設
医療機関
学校
交通機関
飲食店
フィットネスジム
塾、予備校
ペットショップ
など実績のあるものです。


在庫に限りがありますので
気になる方はお早めにお問合せくださいね。

 

 

 

※在庫がなくなりました🙏💦

現在いつ入荷できるか分からない状態で

入り次第お送りできる形となります。

注文のみお受けできますので

ご入用の方はご連絡ください。

※予約注文という形になります🙏

 

 

 

さて

 

今日はコロナを死滅とは

いかないのですが
伝染病の対処法ということで、
この時期やっておくといい

ウィルス対策
についてお話しいたします。

 

 

と、意気揚々と

書き始めたものの注意点として…

 


殺菌効果のあるアロマエッセンスは
本当にたくさんあるのですが
ノロウィルス等はアロマや
通常の殺菌剤では効果がありません( ノД`)

 


ノロなどは塩素系の殺菌剤や

薬剤でないと完全に殺菌しきれないので
ご注意くださいね。

 

 


 

 

★アロマの殺菌力ミニ知識★

 

以前サーズが流行りましたよね。 

その真っ只中の香港で
タイムというアロマエッセンスを

炊いていたお家だけ
サーズに感染しなかった

という話があります。

 

 

また、1630年

南フランスのトゥールーズで

ペストが大流行したとき
沢山の人が亡くなっていく中
廃墟となった町を狙った

盗人が出現しました。

 

 

町中が死体であふれペストが蔓延する中

歩き回り強盗をはたらいていた

そうなのですが

なんと彼らは役人に捕まるまで
誰一人としてペストに

感染しなかったんです。

 

 

そんな劣悪な環境で

なぜ盗人たちは感染もせず
町を我が物顔で闊歩できたのか?

 

 

教えてくれれば死刑にしない
という取引でその秘密を聞きだすと

 

 

酢にセージ、タイム、ラベンダー

 ローズマリーを漬けこみ作った
ハーブビネガーを混ぜ合わせ

全身にぬりつけていたとのこと。

 

 

このレシピは100年後の

マルセイユ伝染病でも

効果を発揮したとか。

 


また、ハーブやスパイスを扱う職業の人も
伝染病にかかりにくかったと

文献に残っているそうです。
アロマの力、未括れませんね。

 

 


 

 

今回はサーズやペスト大流行の際に
注目を浴びたタイムにスポットをあてます。

 


タイムは甘みをともなった
フレッシュなハーブ調の香りですが

割と独特な香りです
頭脳を明晰にする作用があり

殺菌効果もかなりのもの。

 

 

タイムは沢山種類があり
タイムリナロール

タイムツヤノール

タイムゲラニオール
タイムパラシメン

タイムチモールなどの

ケモタイプがあります。

 

 

同じタイムとはいえ

含有されている成分が
違いますので

ご使用の際にはよくお確かめの上
お求めくださいね。

 

今回お勧めなのは

抗ウィルス作用の高いタイムツヤノール。

 

 

タイムツヤノール


【主な作用】

 

特にツヤノールの含有量が多く、
抗菌作用特にクラミジアに

対して有効であると言われています。
抗ウイルス作用もあり

インフルエンザ、気管支炎、
男女とも生殖器外面トラブルに

対しても有効です。

 

 

身体:抗菌、強い抗ウイルス作用、

抗真菌、消炎、鎮痛、
肝細胞刺激、強い免疫強化作用、

鎮痙 精神:神経強壮、バランス調整

 


使用上の注意:妊娠3ヶ月以内は

ご利用をお避けください。
その他、通常の用法を守って

使用いただければ、

特に注意事項はありません。

 

 

出来ればディフューザー

(芳香拡散器)で部屋に

拡散していただけるといいのですが
お持ちではない方に

簡単に自分で作れて
持ち運びも出来る

エアーフレッシュナーの

作り方をお教えします

 

 

 

ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇

 

エアフレッシュナーで

気になる場所にシュッとひと吹き!

 

エアフレッシュナーの作り方

 

スプレー容器に、無水エタノール

10ml程度入れ

タイム精油を10滴ほど落として

かき混ぜます。

 

 

その後、精製水または

ミネラルウォーターを

40ml加え(合計50mlの場合)

よく振れば完成です。

 

 

赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇

 

 

材料さえそろえばとても簡単です^^

 

 

また、タイム以外でも

抗ウィルス作用のある

オイルはたくさんあります。

 


ケレンシアで取り扱っている

ものの中でも

こんなにたくさんありますよ^^

 

 

※お取り寄せの場合は5日ほどお時間頂きます😊

 

 

■ジュニパーベリー  ウッディ系の香り。古くから殺菌効果に優れるといわれます。芳香浴やアロマスプレー、アロマバスにもオススメ。森林浴気分も味わえてとてもリラックスできます。

 

 

■ティートゥリー 薬草のようなすっきりした香りが特徴。殺菌、抗菌、抗ウイルス作用のすべてを兼ね備えるオールマイティな消毒剤のような精油。芳香浴、アロマスプレー、マスクでの活用がオススメ。

 

 

■ユーカリ  すがすがしい香り。殺菌、抗菌効果では精油のなかでも1、2を争う優れものです。芳香浴、アロマスプレーで空気を浄化しましょう。

 

 

■ペパーミント  ペパーミントに含まれるメントールが殺菌、抗菌、抗ウイルスに優れるといわれます。芳香浴、アロマスプレーがオススメです。

 

 

■ラベンダー  バランスのとれたフローラル系の香り。殺菌、抗菌に優れます。アロマバス、芳香浴、アロマスプレー、マスクなど、いろいろな使い方で活用できます。

 

 

■レモン 殺菌効果に優れるといわれます。人気のある香りなので、人の集まるところでの芳香浴、アロマスプレーがオススメです。

 

 

■レモングラス 殺菌、抗菌、抗ウイルスに優れます。シトラールという成分が効果を発揮するといわれています。芳香浴、アロマスプレーで使うのがオススメ。

お好きな香りをチョイスしてブレンドしてもいいですね 手指の消毒にぜひ作ってみてください^^

 


 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

昨日のトータルケアのお客様。   いつもは温泉マットで汗をかき アロマテラピーからの 整顔バランスセラピーですが   今回は 温泉マットからの ボディ整体 アロマテラピー!   アロマテラピーで使用する アロマも、体を緩めるものを チョイス。   かなりお疲れが ほぐれたのか お帰りの際のお顔が   ゆるゆるゆるーんと 緩んでおられました!    /  温め ほぐし 流す  \   このトリプルは ディープに お疲れのとき ジャストミートします😊   この季節は 自律神経が乱れがち。   なんとなくしんどい。 疲れが取れない。 氣分が落ち込む。   というときはおすすめです!     トータルケア https://peraichi.com/landing_pages/view/querenciatotalcare  #香川  #高松  #リラクゼーション  #リラクゼーションサロン  #癒し  #整体 #自律神経 #ヒーリング  #女性専用  #女性専用サロン  #リラックス  #肩こり  #疲れ  #ご褒美  #アロマ  #アロマオイル  #リンパマッサージ  #リンパ  #小顔矯正

トータルケアサロンケレンシア(@querencia358)がシェアした投稿 -