週末は越後の秘境 奥只見丸山スキー場へ行ってきました。

 

 

最終日の12日(日)のオープン待ちは土曜日の1.5倍近く並んでいて、1本目は山頂を目指さずに落としたら、並んでいるヒトがはけていなくて、リフト待ちが2~3分ありました。

 

 

かぐらはめちゃ混みでそれを避けたヒトが奥只見へ遠征をしてきたのかなと思ったりもしましたが、

かぐらへ行った人から例年によりも混んでいなかったと聞きました。

 


かぐらでそれならば、奥只見のリフト待ちは1分あるかないかです。

 

 

普段、行かないスキー場って、行くと新鮮さを感じることありませんか?

なぜかワクワクして、無意味なことにも感動したりするのですが、今回はほぼゼロでした。

 

 

なぜなら、これからの時期にお会いする方々ばかりで、半年ぶりなので懐かしさがありましたね。

あと少しでグリーンシーズンなんですね!!

 



 

 

 

 

 

 

ほとんど土が見えていないといってもいいぐらいの積雪量。

 

初めて行ってから10年近くたちますが、こんなにユキがあったのは初めてです。

リフト脇のEコースほぼ全面雪が残っているし、コブコースとして人気あるCコースも掘れても石やヤブが出てきませんでした。

 


これで終わりなんて残念すぎます。

 

 


土曜日はラスト近くまで滑っている人が多かったのに対して、

日曜日はお昼を境目に少なくなり、3時ごろにはガラ~ンとしていました。

 


空いているのであと1本行っちゃうおうかなと思いましたが、納得できず、あと1本で営業終了になってしまったいうのがあったら心残りになるので、気持ちよく終わらせいとね。

 



今年の1月の営業最終日にデブ板で奥只見を滑ることを夢見ていましたが実現ならなかったですが、

来シーズンに備えてコースチェックできたし、これにて終了。

 

 

そうそう!

 


土曜日の夜、小出の街へ繰り出しましたが、久々に行ったらお店が増えて大きくなっていたのでビックリしました。


以前はスーパーが1つぐらいだったのに、コンビニもドラックストアもかなり増えたし、道も広いしビックリです。

 


夕食は湯之谷中学校そばのよしやという食堂へ行きました。

「昨日、何食べた?」というドラマを見てから、味噌ラーメンが食べたくて注文したら、あっさりしているけどコクはあるし、

シェアした唐揚げも表面はカリッと中はジューシーと満面な笑みを浮かばせてしまいました。

 

 

翌日、この辺りは食事のレベルが高いんだよと聞いて、納得しました。

いつかはシロイユキがたっぷりの頃に来て、魚沼グルメももふもふも堪能してみたいです。

 

 


 

スキー場で「ブログ読んでいます」と言われてしまい緊張と恥ずかしさと申し訳なさが出ました。

気が向いた時にしか走り書きのようなブログでも、読んでくださる方が声に出して言ってもらえると、何かお役に立てるような情報や笑いネタを提供したいと思うのですが、夕食を食べてお腹いっぱいになると牛のように寝てしまうし、スマホで打っていると面倒になっているのが実情です。

でも、読んでいると言われると嬉しいし、ニヤリとしてしまったのは真実であります。

 

 

 

 

 

 

バナー

↑↑ クリックした先にはユキヤマに関する情報がたっぷりです