【恋愛マスターくじらの定期マガジン】

 

【完全版】機嫌の良い自分の作り方

〜脳の仕組みを利用して恋愛の怖さを消す〜

 

 

 

 

【くじら結婚相談所】

 

くじらが最もあなたにコミットするサービス!

 

全国どこにお住まいの方でも入会から活動までスピーディーに始められます^_^お見合い相手は全国に6万人! 家族はじめませんか?^_^

 

 
 
【YouTube】

 

 

 

 

 

 

 

 

【恋愛マスターくじらの公式LINE】

 

自分のことを知られずに恋愛相談出来る「恋愛マスターくじらの公式LINE」登録者2万人突破!登録無料!

 

恋愛でバランスを崩しがちな友達がいたら教えてあげてね♪

 

公式LINEの無料登録はこちらから

 

 

ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり

 

 

 

優しさには「派手な優しさ」と「地味な優しさ」がある。

 

 

 

 

 

 

 

多くの人は瞬間的な派手な優しさに意識を持っていかれてしまう。

 

 

 

 

 

 

例えば、誕生日に特別なお店に連れて行ってくれて、豪華なプレゼントをもらったとか。

 

 

 

 

 

 

SNSなんかでも、たまに優しくしたことを得意気に書く人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

でも、よく考えてみて欲しい。

 

 

 

 

 

 

その日はめちゃくちゃ優しかったとしても、その他の日は全然時間を作ってくれなかったらどうだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

優しくないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

気が向いた時に1日だけ優しくするなんていうのは誰にでもできるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に特別なことはあまりしないけど、日々マメに時間を作ってくれて話を聞いてくれる優しさ。

 

 

 

 

 

 

 

こういう地味な優しさは、本当に根気強い愛がないとできない。

 

 

 

 

 

 

 

家事なんかでもそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

1日だけ気が向いた時に部屋を綺麗にするなんていうのは誰にでもできることだ。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、毎日なんとなくでも片付けたり掃除したりする。

 

 

 

 

 

 

 

これができるあなたの方が優しいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう本当の優しさは誰にも気づかれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

優しさの種類が地味だからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

派手な優しさばかりをアピールする人がいるが惑わされてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

地味な優しさを毎日提供できるあなたの方が優しいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

真の優しさは当たり前過ぎて人に気づかれるようなものではないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの時、こんなことをしてくれたなんていうたった一回の優しさに惑わされるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

愛は日々自分をコントロールし、安定的にパートナーに接し続けることをいう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「〜してあげた」なんて浮き彫りにさせるようなものではないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが日々パートナーにしてあげている誰にも気づかれない優しさに誇りを持て。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に優しいのはあなたなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

オレはそう思っちゃうんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛マスターくじら

 

 お寿司はアジが一番好き♪

 

 

 

 

【本日のnoteです】

 

くじらnote