関西ツアー3日目レポート(最終日) | クアトロ・パロスのブログ

クアトロ・パロスのブログ

スペイン語の「palos」パロス=帆柱という意味から、
「四重奏の可能性の限界へ向かって航海する、四本のマストを持つ大きな船」をイメージして名付けられた
多治川純一・前田司・萩野谷英成・斉藤泰士の4人からなるギター・カルテットです。

チェックアウトギリギリまでしっかり体を休め、最終公演地であるファナ大阪へ。
{1675642F-719F-48D9-965C-CBFF7E2B00EC}
ファナ大阪へ到着したのが、12時。
スタート1時間前にも関わらず、既にお待ち頂いていたお客様がいらっしゃいました!!

実は、集客をとても心配しておりましたが、その心配をよそに次々とお客様がご来場下さり、会場は満席になりました!!
お陰でリハーサルが全く出来ず(笑)、指慣らしもほどほどでインストアライブがスタートしました。

写真でみると分かりますが…、
{A49CA296-7F51-4295-B37E-AEF25DAA169B}

お客様との距離は1m以内という至近距離でしたが、
リラックスした雰囲気の中でも、最終日という事あって、
メンバー一同、気合が入ったイケイケの演奏が出来たと思います。
(目の前で聴いていた方は、とてもうるさかったと思います 笑)

こうして無事に、関西ツアー3公演を終える事が出来ました。
{D9E9968B-5D1E-4098-B879-30A92CCEFFA2}

快く会場を使用させて頂いたファナ大阪の福永さんには大変お世話になりました。ありがとうございます!!

そして、会場を後にしてから、コンビニ前で超ミニ打ち上げ(笑)
{B0F70BDD-0C97-4B7F-984B-6424E6740423}

そして、そこ直ぐにタクシーに乗り込み、とあるコンサート会場へGO!!

そのコンサートとはこちらです。
{2FBF109C-3EC7-4EC1-8F51-5E0B6AE916AB}

ツアー初日にお世話になった松岡滋先生が主催された角圭司さんのギターリサイタルにお邪魔させて頂きました。

角さんの素晴らしいソロの調べを堪能し、
後半はクアトロ・パロスもお世話なっている佐藤弘和先生のギターデュオ作品を、
角さんと松岡先生のデュオで酔いしれました!!

そして、図々しくも打ち上げまでお邪魔して、
何と、松岡先生と角さん、そしてクアトロ・パロスの超イケてる写メを撮りました!!
{709ED649-1C6B-41D8-8EA5-79D411ED24A8}

……!?(笑) 松岡先生が一番可愛く写っていますね。
もしかしたらクアトロ・パロスは、この写メを撮る為に、関西の地へ上陸したのだと思います(笑)

そして、最後はお二人と、大森先生と岩崎先生、製作家の庄司さんとパチリ!!
{2884C7B2-499E-4B14-9F87-BB74A3831305}

打ち上げでは、結構飲んだはずなのに、
最終の新幹線でもクアトロ・パロスはこんな感じに。
{4FB412FE-E459-4C87-89B9-DDA56B449B86}

このツアーでのクアトロ・パロス4人での行動は、新横浜で最後の時を迎えました。
{2060D22E-489D-4743-91AE-EE8C09CA1C77}


最後に、大阪・神戸での3公演を終えて感じた事は、
“本当に暖かい人達ばかりだった”という事。

どの会場に行って暖かい拍手に迎えられ、終演後には暖かい言葉をかけて頂きました。

CDもニューアルバム「Amanecer」だけでなく、
1stCD「¡ Leva ! 」も沢山ご購入下さり、少しは関西の地でもクアトロ・パロスをアピールできたのではないか?と思っております。

また、関西で大暴れする日が来る事を願い、
その時には更に成長したクアトロ・パロスをお見せできるよう、これからも頑張っていきます。


最後に改めて、コンサート企画して頂いた、
猪居信之先生、松岡滋先生、GEN-NOTEのお二人、ファナ大阪の福永様、本当にありがとうございました。
クアトロ・パロスメンバー一同、厚く御礼申し上げます。