千葉でのコンサートが終わって( ´ ▽ ` ) | クアトロ・パロスのブログ

クアトロ・パロスのブログ

スペイン語の「palos」パロス=帆柱という意味から、
「四重奏の可能性の限界へ向かって航海する、四本のマストを持つ大きな船」をイメージして名付けられた
多治川純一・前田司・萩野谷英成・斉藤泰士の4人からなるギター・カルテットです。

たじたじ


書きまーすっ( ´ ▽ ` )ノ


さて、4月23日の土曜日に千葉は検見川浜駅にほど近い、美浜文化ホールで演奏してきましたっニコ


初の千葉でのコンサートという事でメンバー全員

気合い入っていますっ!!

今回は主催者の上原淳さんからの依頼で、ソロからカルテットまでの編成で演奏して他のパロスのコンサートとは差別化して欲しいっコアラ


という事で何でもできるクアトロ・パロスは楽しんでいろいろ演奏してきましたうさぎクッキー


{E082CF1D-A5B8-499E-B78F-5BD49D94F6CA}


今回はリハーサルが40分ほど

いつもは本番に備え、キチッとリハーサルを行うので短かった(´・_・`)

(でも短いと体力の消費はほとんどないのでこれはこれで本番楽しく集中して演奏させていただきましたっキラキラ)

はじめに1stCDから恒例の雲の詩を演奏して、


たじーソロでバリオスの郷愁のショーロを演奏


{706B59F8-2FD2-4B79-B11D-5490832B31A0}


次はハギーのソロで
カンティガス・デ・サンタマリアより(アルフォンソ10世編纂)


いろんな編成だと本番中にのんびりしちゃう(´・_・`)笑


{3DFDBD56-1F73-4832-BB11-70C56C944707}




次のデュオの直前練習風景

齊藤前田デュオ
目覚めよと呼ぶ声が聞こえ(バッハ~齊藤編)
花は咲く(菅野ようこ~齊藤編)


初の組み合わせのデュオ、生で聴けた方が羨ましいd(^_^o)流れ星

モニターから聴いた拍手も大きかった(嫉妬)w


そして前半最後はっ

齊藤多治川前田トリオ
サンバ協奏曲よりサンバ・クイカ(K・ヴューストホフ)

楽しかったルンルン犬しっぽ犬からだ犬あたまルンルン


千葉に来れなかった方は残念でしたね泣


でも、6月11日の第3回横浜ギターフェスティバルでもトリオの再演ありますよー*\(^o^)/*


そして後半はクアトロ・(カルテット)・パロス


ブルージリアン(C・アサド)
風のサンバ(松岡滋)
カナリー(佐藤弘和)
アクロバットダンス(S・ラック)


風のサンバと、カナリーは2ndCDに収録されますっ


ん。。?


2ndCDでるの!?∑(゚Д゚)!?


きゃー!!∑(゚Д゚)!!

(詳細また後ほどっ)

という事で楽しくコンサートは終了しましたぁー笑笑

アンコールはみんな知ってる曲を2曲ほどチョキ



主催者の上原淳さん
舞台やアナウンス、受付をお手伝いしてくださった黒田さん、後藤さん含めスタッフの皆様方
会場に足を運んで演奏を聴いてくださった皆様へ

感謝の気持ちでいっぱいです、
ありがとうございました




サンキュー
たじーでしたー、
いえっハムスター