2017年10月17日(火)

メアドの変化

テーマ:アキラの日記

仕事で問い合わせのメールを頂くことも多いのですが

最近変わったメアドをあんまり見なくなりました。

 

ちょっと前は例えばこんな感じ(実際のメアドではありません)

mami_tsuyoshi_love_forever

マミさんとツヨシくんは永遠に愛しあっていこうというメアド。

このパターン、数年前までは多かったです。
(印象に残るから多く感じるだけかも)

最近見なくなったということは永遠ではなかったか(笑)

 

あとは、中年男性が良くつけているメアドは

turupikahageoyaji(つるぴかはげおやじ)

debu_and_kareisyu(デブアンド加齢臭)

といった感じ。

そこまで自分を下げる必要はない気もするんだけど、

中年男性はこれめちゃくちゃ多かったです。

どんだけコンプレックス持ってるんでしょうか。

 

あとはたそがれ系。遠い目をしてる感じ。

symphony_of_ silence(沈黙の交響曲)

とか。あちゃーってなります。

 

で、最近はこういう変わったメアド、本当に見なくなりました。

 

これってネット社会がリアルな世界に変化してきたんじゃないかって

Eコマースという仕事上、感じつつあることです。

 

個人的な内面の吐露のような夢の中みたいな世界から

ビジネスを伴った必要不可欠なインフラになってきたんだなって。

 

まあ、そんな中でトラウマとか内面の吐露的な自分の恥部はさらせませんよね。

バンド活動でもネットを使うのは普通のことになってきてるんですが

よくぼくも陥る考えに

「ネットで配信したら世界に発信できるじゃん」

的な思考。

そう思ってしまうじゃないですか…

 

まあ、間違いじゃないですよね。ネットの売り上げは訪問数で左右されるので、聞いてくれた母数が多いと、実際に気に入ってくれる人数も増える訳です。

名も知れないアマチュアの作品がyoutubeでめちゃくちゃメジャーになったりということも記憶に新しいです。

 

でも実際は、もの凄い猛者が大量に1か所に集うyoutubeという海の中で、全世界でのブラインドテストに勝利する必要が出てくる、ということになります。

 

当然youtube内には超名盤、超名演の違法アップロードが大量にあります。それらに部分的にでも何かで勝利する音楽が、見知らぬあなたに聞いてもらえるということになります。(当然、奇をてらったり音楽以外で注目を集めるとかも含めて)

 

もちろん勝ち続けることは容易ではなく、注目されても一瞬で次の猛者が現れ、1円も稼げないまま忘れられるのではないでしょうか。

 

パワーゲームではなかなか勝てません。

「世界の誰かに向けて発信」

的な乙女チックなネットとの付き合いの時代は終わったようです。

古いインフラの上で成立出来ていたものは成り立たなくなりつつあります。

 

まあ、メインストリームがどうあれ、結局のところ自分たちがどうありたいか、ということを考えるのが基本と思いますけどね。。。

それを差し置いて、となるとやる意味自体が分からなくなるので。

 

とはいえ、新作ショーマストも何らかの形で配信していくと思いますので、メインマーケットを定めてターゲットを絞りに絞って、とかいう工夫は考えないといけないですね。これから考えなければ。

 

まずはぼくのメアド、「konnyaku-tabetai」をなんとかしなければ…

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「アキラの日記」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年10月15日(日)

学校のジャージすそ絞り

テーマ:アキラの日記

県外の人に話すと必ずや爆笑されること。

ぼくの住む県では中学生は自転車に乗るときにはヘルメットをかぶらなければ校則違反です。

 

中学生のころ、不良は自転車に乗るときにヘルメットをかぶらない。

ヘルメットをかぶらない、という事は不良の証明でした。

 

ちょっとだけ悪ぶってる人はヘルメットはかぶってるけど、あごひもを外す。

 

憧れのセンパイ系の人はあごひもを外していて、ちょっとカッコイイ。

 

これを県外出身の人に話すと笑いの神が降りてくるらしい。

 

もうひとつ、世代の違う人に見せると爆笑されるのは

 

ジャージのすそ。

学校のジャージはこういう感じでだらしない。

 

 

 

そこで学校のジャージすそ絞り。

 

 

 

 

シュッとしてかっこいい。

 

ちょっとだけ悪ぶってる感じがある。

ダサい奴はこれができない。

 

マジメで地味な人が、体育の時間、いつの間にかすそ絞りをやるようになって

「あいつ、すそ絞りデビューしやがったな…」

というシーンを何度も見てきた(ぼくもデビューした)

 

そしてこのすそ絞り、そうとう絞るの訓練していないと運動中にほどけてしまう。

片足だけほどけて、かっこ悪いのでジャージのすそ直しをしてる間に試合に負けたりする。

 

ちなみにぼくのすそ絞りの技術は半端なく、

マラソン大会を耐え抜く耐久力を持たせることができる。

 

ちょっとでも若い世代に、この話をして実際にやってみせるとやはり笑いの神が降りてくる。

 

住む地域、世代だけでもこれだけ「かっこいい」が変わってしまう。

音楽を作っていることが怖くなってくる。

今、自分たちがかっこいいって思ってることって、笑の神を降臨させていないだろうか。

 

今日は仕事でヒストリックカーフェスに行ったんですが、時代が過ぎ去って奇妙に見えるクルマと、

50年も前のクルマなのに、全然古く感じなくて見とれてしまうような美しいクルマもあって。

 

音楽もそうですよね。

 

時代や流行を意識して、何かと比べたり、真似したりして、周りの状況を主体で作っている物って、時がたつと奇妙に見えてしまうんだと思う。

よく言えば今にない価値観が感じられてノスタルジックともいえる。

 

理念、信念があるものは、何かに影響を受けていても価値は時代を超える。

 

自動車を見ながら雨の中そんなことを考えていました。

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月14日(土)

ジェラる。

テーマ:アキラの日記

今日はライブを見に行きました。

mindfieldsのライブです。

 

mindfieldsは、うちのバンドの自主企画イベント、おとなり飯店に出て頂いたりしたお世話になっているバンドで、

メンバーの方々は、クアルテートリプリ、マーク2時代の初期から同じように頑張ってきた人たちでいわば戦友。

 

先日、広島の友人が仕事上でお世話になったという事もあり、お礼も兼ねて行ったつもりだったんだけど

逆に得させてもらいました。チケット代安い、と思わせてくれる数少ないバンドだったと思い出した。

 

刺激受けます。

頑張ってるんだなあって嬉しくなりました。

そしてジェラりました。

オレらもがんばるぞ。

 

ニューアルバム「show must go on」をひっさげて、戦線復帰してmindfieldsとまた一緒に頑張りたいです。

 

さんきゅ戦友。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。