2017年10月06日(金)

バンド運営の小技

テーマ:アキラの日記

今日はちょっと指向を変えて、知ってたら得するバンド運営術などを書いてみようかなと。

バンド運営、うまく出来ていない自分がこういうことを書くのはどうなの、
と思うのですが、この術は一時期良く使っていて、非常に効果が上がったので
 
せっかくこの駄文を読んでくれている人の為に、出来ていない自分が恥を忍んで書きたいと思います。
 
バンド内で(会社内でもいいんだけど)自分の意見、通らなくってチキショーってなることありませんか。
 
バンドのリーダーが良く経験するだろうことですよね。
このブログの読者には前も書いたのですがバンドのリーダーが多いので書いてみようかと。
 
一生懸命バンドのことをいつも考えて、こうしよう!って発言するとダメだしばかり喰らっちゃうパターン。
こういう時って、
「自分じゃ意見ひとつ出さないクセに、人の意見には反対ばかり。お前は野党か!対案出せよ」
とか思ってないでしょうか。
 
ぼくはそうでした(笑)
今となっては、メンバーが発言できなくなっているのは9割ぼくのせい、ということも分るのですが。
 
今日はそういう時に利く小技を紹介します。単純です。各個撃破です。
 
メンバー全員の前で「こうしよう」と意見を言うと、トリオのバンドの場合でも戦力差は2対1。
ひとりが賛成に回ればかなり有利ですが、反対意見がひとつ出るだけで簡単に窮地に陥ることが分かりますよね。
 
意見自体が正しくても、雰囲気次第では「そりゃーないわ」という空気になりかねません。
これが4人のバンドだったら反対が1あるだけですでに不利です。賛成でも反対でもない人が出てくるので戦力は負ける可能性が高いです。
 
こうなると物事が決まっていかずバンドは動けなくなります。
ひどい場合は次の練習を決めるだけでも苦労していた経験があります。
 
そこで小技登場。各個撃破です。一対一に持ち込みます。
ぼくはメンバーひとりひとりに、相談という形の電話をすることが多かったです。
これで味方を一人でも作ればトリオだったらほぼ意見は通りますし、カルテットでも残る二人がタッグを組まない限り揉めずにバンド運営がスムーズに行くと思います。
 
会社で覚えた戦術ですがバンドでもうまくいきました。
学校のグループやご家庭でも、色々な所で使える小技なので使ってみてください。
 
実は、ぼくはこの戦術をバンドでは使わなくなりました。
なんというか、自分の意見よりもメンバーの意見を通したい、って思うようになってきたんですよね。
メンバーがこのバンドにいて幸せ、っていうふうに感じてほしいです。
そしてバンドにかかわる人やお客さんもそうなればいいなと。
(と思う心は本心ですが、大人げない人間なのでそうなってないときも多々あるのですが)
 
社員が幸せじゃない会社が顧客を幸せにするはずがないというのはバンドも一緒かなと。
 
メンバーに反対ばっかりされて何も決まっていかない、っていう時って、
実はメンバーに意見を出せないような空気に自分がしてしまっているのかもしれないです。
 
ぼくは妄想族の上、暴走族なので本当に気を付けていないといつそうなってしまうか分かりません。
 
自戒自戒。
 
あ、そんなので意見を言わなくなるメンバーはうちにいなかったような気が(笑)
全員機関車なので大丈夫ですね…笑

クアルテートリプリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。