2017年10月06日(金)

再ミックスダウン

テーマ:アキラの日記

今日は結局またカーニバルの再ミックスダウン。

昨日のラジオ放送のバージョンは1回限りとなりました。

 

反省点がいくつか出てきたので修正をかけようとするが

あっちを立たせばこっちが立たず。レコーディングは本当に奥が深い。

 

例えば、ベースとバスドラで協力関係で低音を作ろうとして

ベースとバスドラで低音の棲み分けをしようとする。

バスドラがより低い低音を担当させるためにベースのより低音側をカットすると

 

そのカットした場所の波形が谷というか崖っぷちみたいになってしまうと

逆にカットした帯域そのものが目立ってしまうという不思議な現象が起きる。

 

棲み分けがきっちり出来たら出来たで、すっきりしすぎて大人しい印象になったりもする。

ピークはずらさなきゃならないけど、ずらすためにカットした場所が逆に目立ったり、帯域が被ったら音が団子になるんだけど、分けたらスカスカという訳です。

リーモーガンのキャンディと聴き比べながら、なんでこんな良い音で録音できるんやろ、っておもた。

全体が調和している上に個々の楽器の音質もざらついていて手で触れそう。

 

うーん。素晴らしい。こういう音で録音がいつも出来る人になりたい。

とりあえず今日の作業は終了。明日聞いたらどう聞こえるかな。

車で聞いたりしても音は全然違うし。実際に鳴らす会場でこの前かけたときにもまた車ともスタジオとも全然違う音。いつもどうすりゃいいんだって思うのです。

まだまだ録音下手くそだなあーって思う。

 

少し前に録音を担当した作品は、テレビ局の人にエグザイルやakbのような波形ではないからテレビではかけれない、と言われたらしい。

録音を頼んでくれていた本人はプロツールスを持っている知人宅に波形を確認しに行くという事態になってしまった。CDプレスまで終わった後のクレームだった。

 

非常に申し訳なく思ったし、とても恥ずかしかったし悲しかった。

 

確かに料亭のような職人でもないし、料亭とは環境も道具も食材からして違うのだけども。

 

ぼくは炊飯器で何でも作ってしまうスーパー主婦みたいなもんだから、料亭と同じ土俵に上がるつもりはないんだけど、おいしいって思ってはもらいたい。

精進しなければ。

家庭料理なんだから愛情だけは沢山かけてこれからも作っていこう。
研究は悩むんだけども、それも楽しいです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クアルテートリプリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。