1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2017年08月31日(木)

チームワーク

テーマ:アキラの日記

バンド活動してるとやっぱり人間関係が問題となります。

 
というか生きてる限り人間関係が一番のテーマにいつもなるのはぼくだけではないと思う。
 
といっても「似た者同士」、「ふんわり仲良し」、というバンドが「活躍する」という意味で上手くいったことはなくって、そこには自分とは全く違うタイプの人間と良い関係を築けるかどうかだってふと思ったので書いてみる。(一応ですが今は上手くいってます)
 
ぼくが今までわりかし「活躍する」が上手くいったバンドというのは、どれもぼくがリーダーではないバンドです (一応ですがこのバンドを除く。と思う笑)
 
どんだけリーダーシップないんだって感じなんだけど、今朝ちょっと深堀りして考えてみたんだけど、ぼくがリーダーでなかったから良かった、というよりはチーム内に全く違ったタイプの人たちと相互協力関係を築けたからではないかと。
 
まったく違う人というのは得意分野が違う人です。
ぼくの場合は、無茶なアイデアを連発して自分で収集できなくなって困るんだけど、それを上手くまとめる、整理する、無駄を切り捨てるというプロデューサータイプの人と相互補完関係になると無敵な気がします。
 
だからこそ助け合えるはずなんですが、
大抵の場合、価値観も違うし対立関係に一瞬で陥ります。
 
自分の得意分野=相手の弱点なのでお互いの攻撃力は最大。防御力は最弱なので攻撃しあうと当然大変なことに(笑)
しかも得意分野からは相手の弱点は丸見え、そして超目に付く(なんでそんなこともできんのん、的な)
となるので、一瞬でバンド内は最悪の紛争状態に陥ってしまいます(笑)
実際何度そういう状態に陥ってきたことか…(遠い目)
 
バンド内を荒らしたければ「お互いのマイナスの面のみを語る」ことです。
たとえば、どんなうまいバンドでも、その中で一番演奏力が低い人っていうのは出てきます。この人を「足引っ張ってるな」って陰口であるとか、前進しないタイプの注意を繰り返している人いますけど、この考えで行くと一番足引っ張ってるのはそうやってメンバー間の力量の比較で考え、メンバーを承認しようとしないその人だと思うのです。
 
そもそも「絶対的に正しい」ことなんて音楽にはないと思うんですよね。
 
結局、自分にない力を持っている人をリスペクトしようってことなんじゃないかな?
いや、大抵の場合、その人が実は持ってるスゴい力に気が付いてない。
(気が付く能力がない。そもそも価値観違うので)
 
ということは
「音楽が上手かろうが下手だろうが、合っていようが間違ってようが、お互いに興味を持って無条件に承認する」
ってことではなかろうか。
 
自分を承認してくれる相手を承認することは簡単です。
でもタイプの違う人とは、最初から相手が承認してくれてないこともよくあります。
 
だから相互承認するためには、「承認してくれなくても承認する」ってことが必要なんだと思う。
 
むむ、むつかしいですね。完全にできておりません(;'∀')
 
意見や性格が対立したときは「どっちが正しいか」戦争や「主導権争い」紛争に陥りやすいバンド活動。
 
イラっときても嫌味を言わない、攻撃しない、ビシビシ指摘しない、
というのが必要です。
 
ぼくの不得意分野じゃないすか!
 
反省反省…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「アキラの日記」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年08月30日(水)

クロスロード

テーマ:アキラの日記

クアルテートリプリの新作「SHOW MUST GO ON」を制作中で
現在録音は80パーセント完了。
ミックス、ジャケット、マスタリング、プロモーションまで含めたら半分きたくらいかな?
作曲、アレンジっていう「作る」部分が全て完成してるから、自分的には9割済んだって感じです。

何かを作り上げるときには「作る」+「整える」という2段階の作業が必要で
あとは整える。生み出した価値を細部や体裁を整え、きれいにパッケージする作業。

聞き返してみると、これまでのワールドミュージック感はだいぶ少なくなりました。
なんていうんだろ。がぶいてる感がないっていうか外国かぶれ感ねえなって。
なんかバンドも10年たってようやく自分たちのオリジナリティを確立しつつあるように感じます。

思い出したのが「クロスロード」っていう古い映画で
ギタリストにはちょっと有名な映画で、
音大でクラッシック習ってる天才ギタリスト的な少年が、
ブルースやりたい!って黒人の弟子になって旅するロードムービー。

主演のラルフ・マッチオは「ベストキッド」っていう有名な映画の主役で
これは言わずもがなですが、日本人に弟子に入って空手をやる話。
日本の心に触れ、成長していくという超嘘くさい展開と思ってしまったのだが、

空手とブルースを入れ替えただけのセルフパクリ映画だな~つまんね~
と思いながら見た最後のシーンで大どんでん返しが。

最後のこのシーンでギタリスト間では有名になったと言っても過言でないシーン。
スティーブヴァイというハード系のギタリストが登場するブルースギターの対決シーン。

これはブルースなのか?メタルじゃないのか?という突込みはなしにして、
なんとこの勝負で主人公はブルースで負けてしまいます。

で、クラッシックギターで勝つという!wwwww









見た当時の衝撃。わかります??ブルースどこいった!
けっきょくそこ??
この瞬間にクロスロードという映画は、超深い映画だな…と思いました。

自分自身、20代の頃にミクスチュアに夢中になって、それから更なるミックスをするためワールドミュージックを聞きあさり(ラスタの小物とか持っちゃって。ミクスチュア出身よくある展開)

でもなんというんだろ、どうやっても、どんなにブラジル系のギター練習しても出てしまうこの観光客感。

やっぱり地に足付けて、大地に根を張って音楽しようと思って日本の民謡っぽいロック書いたりしても同じく観光客。

ずっと惑って模索しては来たけど、けっきょく大好きな音楽を素直にやろうって思ってワールドミュージックからの影響も含め影響を受けたものを全て隠さず始めたクアルテートリプリですが…

ようやく新作は「自分らの音だ」っていうのかもしれん。
ようやく、ラルフ・マッチオにたどりつけそう、とか新作制作中に思うことでした。笑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月29日(火)

感情パワー

テーマ:アキラの日記

録音した土曜日に起こったアクシデントで、何かノイズが乗る。

ハードディスクの音と思って対処したけど入る。結局そのまま。

で、昨日気が付いたんですが蛍光灯でした。

土曜日のレコーディング前に部屋の蛍光灯が壊れて、

急きょ使ってない会社のLED蛍光灯に付け替えたんですがそれからノイズが出てました。

また今日蛍光灯の付け替えです(めんどくせえー)スタジオには窓が無く、蛍光灯付け替えは真っ暗!ヤバいです。

 

昨日の日記の追記。

行動を左右するのは「感情」と「時間」に対する考え方って書きました。

正直、最近イライラを超感じることがあって、わーって車飛ばして大声で歌って、

イライラ爆発させてたら、そこを人に見られ(笑)恥ずかしい思いをしたのですが

 

イライラしている自分に気が付いて自分の本心(コア)を知ることができました。

それで行動も変わります。

 

今、ニューアルバム「SHOW MUST GO ON」制作に向かう気持ちも、じつは怒りや焦りとか悔しさといったネガティブな感情がエネルギーになってることも実はあります。

 

正直、2016年2月には最新作になるはずだったコンセプトアルバム「黒い星」のレコーディングが佳境に入っていて、ドラムレコーディングは今までにないくらいの音質で録音できて、ニューアルバムの成功を確信していました。

コンセプトアルバム「黒い星」についてはライブのMCでもしゃべっていたのでご存知の方もおられるかもしれません。

 

このアルバムは曲をただ並べただけではなく、全ての曲が絡んでストーリーを作り出すというコンセプトで2015年から計画を練り続けてて。(発案はもっと古くて10年くらい前でした)それが着実に結実していくさなかでした。

 

そのドラムレコーディングの翌月にドラム脱退。信じられない。無計画にもほどがある。あれほどニューアルバムにバンド一丸となって前進していた時です。ドラムレコーディングからの1か月の間にも凄い勢いで録音は進んでいたのに。

正直もの凄く怒りや失望、悔しさという感情が噴出してきました。

 

先日、その作りかけで止まっていた録音された曲たち(ほぼ完成している)を全て消去しました。消してやったぞー!すっきり!ようやく、その怒りや失望というネガティブなエネルギーを「SHOW MUST GO ON」を推進するエネルギーに変換できてるのかな。新作が完成間近になって、ようやく怒りエネルギーはすべて消化しつつあって、前任ドラマーに対する感謝の気持ちだけが心の中の全てになるのは、あともうちょっとです。笑

 

じつはコンセプトアルバム「黒い星」は人生やり直し系のループものストーリーで

「タイムトラベラー」という曲と「タイムマシン」という曲も入る予定でした。

 

今回の「SHOW MUST GO ON」にもその曲たちが入ります。

当然ですが録音はまったく別で録音し直してます。

、なんかタイム関係の曲多くね?っていう突っ込みはご容赦ください。

頓挫の流れで新体制スタートだったので曲の残弾が無く仕方がなかったのです。

 

今日も完成に向かって前進してまいります。(まず電灯付け替えます)

完成したらまずここで報告しますね!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。