1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013年12月31日(火)

年末の日々

テーマ:アキラの日記
アタロウザとニセ海鮮丼を作った翌日は広島へ。

目的の一つは新華園の冷麺の今年の食べ納め。



いやー、えがった。ほんっとにサイコー。
どんな高級料理と並べてもオレにとってはここの冷麺が一番です。
大将ご夫婦もお元気そうで何よりでした。

その後は会社用のパソコンを買ったり、買い物をしながらバンドの営業。
チラシやサンプルCDを持って懐かしい人々に逢いに行くのは楽しかった。
おとなり飯店のフライヤーが出来たら送りますね!!

その中で広島で新しく出来たライブハウス。
http://rootwest.com/octopus/

この日はここで憧れであり親友の広島のスーパーギタリストが在籍するバンド、レトロモダンズのライブが!!
オーナーさんにご挨拶と軽く営業したあとはライブ開始の時間まで宮島へ!

もみじまんじゅう食べ食べ、安住アナが食ったというにぎり天食べ食べ。あ、にぎり天は安住アナが食ったというタコねぎより、ネギしょうがの方が美味いっす。オレ的には。
宮島に来たら必ず寄る1000円ショップも健在。ここでリュックを買いました。来年のライブの荷物の運搬に使うと便利だと思って。
そんなこんなで歩いていくと・・・



ブルーとブラックに包まれた夜更けの海の中にたたずむトリイ。
この日は年に何度もないトリイのライトアップ。さざ波の音に包まれて美しすぎる。

大満足の後はレトロモダンズのライブへ!センパイ素敵ー!!ってなりました。ちょっとフツーじゃないです。ギターってあんなに表現豊かに鳴るんだなって思った。弦楽器というより笛のように息吹を感じます。山口のみんなにも見せたい!

終わった後に山賊へ!そしたらなんと「今日は終わりましたー」ええー!10時でー!
がびーんとなって帰宅。

そんなこんなで今年のアクションはすべて終了いたしました。
今年も色んなことがありました。たくさんの方々に支えられて走りぬくことが出来ました。
みなさん、ほんとうにありがとうございました。
来年はとうとう初の自主企画、「おとなり飯店」が始動します。
来年はオレのまわりの人々にもっともっとお世話になりそうです。
精一杯やっていきますので来年もクアルテートリプリをよろしく!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年12月30日(月)

ニセ海鮮丼

テーマ:アキラの日記
年末年始休暇に入り、楽しく過ごしております。
おとといはニセ海鮮丼を作るためにコプシメ3兄弟のボーカルギターでベジタブル喫茶TOYTOYのコックさん(といっていいのか)つまり料理のプロ、菜門アタロウザくん監修の元、ニセ海鮮丼を作ることにチャレンジ致しました。

アボガドにわさび醤油でマグロになる、
みかんに海苔と醤油でイクラになる、
プリンに醤油でウニになる。

聞いたことがあるかもしれないこのウワサ。
もしこれが全て真実であるなら、
これらの伝説を全て同時にごはんの上で行えば理論上は海鮮丼が完成することに!



食材はそろえた。



プリンやみかんが乗ったごはんにワサビと醤油を。地獄絵図。



あっけなく完成。



マジかよー。



ノォ!!なぜだ!!理論は完璧なはずだ!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年12月25日(水)

録音機材紹介4

テーマ:アキラの日記
ボーカルギターのアキラです!
今夜の話題。じつは我が家には4畳半にも満たない録音スタジオがあるのです。
すっげー贅沢!と、思ってます。シアワセすぎる。



贅沢を自慢の投稿、だとは思うんだけど、ぶっちゃけ防音でかかった費用は100万円。
100万円、高い買い物のようだがそれで一生の間、夜という限られた自分だけの時間を十分な音量で本番さながらの練習が出来る、というのであればストレスなく音楽生活を送れると思ったので作ってしまった。

防音する方法は色々勉強したが、最高を求めればキリがない。
というか防音工事は施工する側に任せといたらすぐに、超、ちょー!!高額見積もりが出てしまう。

なので、うちのスタジオは内壁に100円ブロックを積んでいくということにした。
これはアブラカダブラドラマーの二川賢太郎氏のコントレアルスタジオ(だっけ?)の設計をパクってる。
これは外壁側から、100円ブロック→数センチの空気層→100円ブロック、という多重構造にしている。
この構造は内部の音が反射でひどくなるリスクが大きいんだけど、もしダメだったら空気層に砂を入れればいいと思って断行。結果的にはルームアコースティックの乱反射は起こった。
だけど我慢の範囲。
一番大事なこちは「仕事が終わった後の夜という限られた時間に練習or作業が出来る」という空間にはなってくれたこと。
実際に使ってみると、練習や録音の空間、というだけでなく、扉を閉めたら世俗の雑事と切り離してくれるカプセルとして機能する。逃げ込める空間。これはとっても精神的によろしい。

難があるとすれば、このような寒い冬に作業が厳しい。寒すぎる。そこで去年ニューアルバム「カラフル」の製作のためにこの寒いスタジオにこもり続けるために買った機材がこれ。



まるでゴルゴ13に額を打ち抜かれそうな服であるが、[着る毛布]と言われているこの服の性能はすごい。ちなみに2300円だった。

大げさと思うかもしれんけど、録音をするときに音が悪いと思うときがよくある。アコースティックギターとかがパッとしない音しかしないことがある。
その時、簡単に音が良くなる秘訣を教えてあげよう。

エアコンをガンガンにつけたらすぐに良い音になる。マジでマジで。空気を乾かせるのだ。
そんで防寒具が要るっていう訳。

ちなみに足元はこうだ。



寒い作業場で延々と背俗離れが出来るのはじつはこの服とくつのおかげである。

きゅうにおわる。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。