1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012年04月25日(水)

くろすけ帰還

テーマ:アキラの日記
$QL BLOG

愛器、くろすけ(ギブソンチェットアトキンスce)が修理からかえってきましたー!

くろすけはメインギターとしてここ最近はずーっと酷使されてたから色んなところにガタがきてて、もうほんとルックスだけでもぼろぼろ!すっごく大事に使ってきたのになんでやろ?ライブって怖いっすねー。

もうルックスはしょうがない・・・ビンテージルックだとでも思って、機能部分のみをリフレッシュしました!

ナット交換、フレットすり合わせ、かなりヤバかった電機回路も直してもらいました。2弦か3弦の音が全く出てなかったそうです。

この修理でずいぶん長い間、サブギター、綾波(エピフォンチェットアトキンス。私が死んでも代わりはいるギターw)が今月頭の下関レッドラインでは初出撃!自分的にはエピフォンチェットアトキンスは、ギター自体はよく出来ていると思う。けど、内蔵のプリアンプがよろしくない、そう思ってたんだけど、メンバーから綾波はすこぶる好評という・・・アスカの立場に追いやられたくろすけw

しっかしフレットすり合わせで音ってこんなに良くなるのか!職人さんって素晴らしい。他のギターも出したくなるなー

という訳で、クアルテートリプリとしては初、県外ライブ!5月12日の小倉wowにくろすけの出撃が間に合った!

現在バンドは初県外ライブということで、全力で準備しております。

5/12(土)小倉wow
REGULAR TIME LIVE
クアルテートリプリ(山口)
Dead Roit
TRIPLE-F『THE BUSTER』
Shooters NO.4

OPEN 18:00 START 18:30
AD \ 1500+1drink order DR \ 2000+1drink order
問)小倉LIVE SPOT WOW! 093-571-7131

ぜひお越しください!

チケット予約はコチラ
ホームページはコチラ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年04月17日(火)

さんたゾンビを語る

テーマ:その他
どもドラムのさんたです

バンド的には、夏にライブがどどど~と決まりつつあるよとか、新曲がぼちぼち溜まりつつあるのでどのタイミングで発信しましょうかね?とかやってます。
まぁ次のライブまで間があるし、何を書こうかしらっと思ったところ
そういや以前メンバーに、熱く語って(ブログに書くわ)と言っときながら書いてなかったことでも~

さんたの好きなものを自由勝手に語って行こうのコーナ
いえぇーいパチパチ
曖昧な知識と身勝手な主観で書くので許してね

いやね。最近はもっぱらアニメが面白い!!とか言ってるけどもいろんなものを見るのですよ。
洋画・邦画ジャンル問わず、もちろんアニメも漫画も小説とかも結構読むし。

ちなみにアニメでは「あの日見た花の名前をぼくたちはまだ知らない」って結構有名なやつなんですが、2回見て2回とも最終話で嗚咽をもらして号泣w オッサン鼻水たらして泣いたわ
いまだに、ZONEのsecret baseを聴くと胸が熱くなる

洋画は最近当たりがないけど、邦画は「その街のこども」がグッときた
これはまたいずれ書こうかな。
まだ本題に入ってないよw

ね。話し出したらキリがないので今回のテーマはずばり
『ゾンビ』映画
ゾンビ映画が好きなんですよ。
これを女の子に言ったらゾンビを見るような目つきで見られるけどもw
ゾンビ好きと会話してるときの楽しさったら。テンションあがるあがる
ちなみにあんまりグロいだけのは好きではない。

基本的には、ゾンビ映画自体になんの意味もないですよ
メッセージ性とか感動とかほぼ皆無。頭ん中を真っ白にして見て大丈夫というねw
かといって怖いかといえば、怖いのかもしれないけどそれだけじゃなくて。
だいたいビックリさせるだけのやつは、あまり面白くもない。
微妙な胡散臭さと、ありえないけど現実味があって、緊迫した状況でさぁーどうするかというね。なんかシュールさがあるのよね。

でね、基本的なお題がゾンビ映画にはあるやないですか。
突然、町中がゾンビだらけになって、わー!きゃー!って騒いで、結局だいたい何の解決もせず終わっていくというね。
あと、噛まれたり引っ掻かれたりするとゾンビになるっていうシバリ。

大切なのは、この二点のルールに則っていかに面白くするかっていうのをね、各映画は知恵をしぼって新作を発表していくわけですよ。
なんか音楽っぽくないですか?こじつけだけどw
お題があって、そこに緩急・スピード感・意外性とか、けれどやりすぎると急につまらなくなったり、難解すぎてわからなくなったり。
大喜利っぽいとも言えるかもね~

あと観終わったあとに想像にも浸れるよ。
オレならゾンビが現れたらどこに逃げるかとか、武器はとりあえず・・・とかww

ゾンビ映画ほとんどB級なんで、まぁーハズレが多いのですよ。というかほとんどハズレといっても過言ではない。
そんな中でもね、あっ!これは・・・っていうのをぜひご紹介させてもらおうかと


その1「ゾンビランド」

これはね。今までのゾンビ映画の中で一番お金かけて作られてるんじゃないかな?
ゾンビ映画というよりも、青春ロードムービーにゾンビが出てくるって言ったほうがいいかも。
ホラーとかあまり好きじゃないって人にも楽しめると思う。普通に映画として面白いし笑えるし、カップルで見ても大丈夫だよーって言える唯一のゾンビ映画w
かといって、ゾンビ好きをないがしろにしてるかっていったらそうでもなくて。
ゾンビ映画にありがちな(お決まり)を、いちいち否定しながら話を進めていくのがまたスゲー面白い。「殺すときは二度撃ち」「後部座席に注意」「人を見たらゾンビと思え」とかw
ゾンビ映画を観終わったあとにする想像する楽しみみたいなのを、そのまま映画にしましたみたいな

この映画が受け入れられたら「ショーン・オブザデッド」も同じようなテンションで楽しめると思う。


その2「ドーン・オブ・ザ・デッド」

元祖「ゾンビ」のリメイク版。ショッピングモールに立てこもって、さぁーこの先どうしましょうか…生き残りが仲間になったり敵になったり、わぁーきゃーする映画。
オレの説明は全然面白そうじゃないなw
ゾンビのルールを作った王道の映画です。ロックンロール。
まぁこの映画はね。特に言うこともなくハズレないです。


その3「Rec」

さぁ!ここからだよ!!オレが言いたいのは
これはハリウッド版とスペイン版があるのですが、断然「スペイン版」です
内容は全く同じなんだけど、荒い画像の臨場感と主人公の可愛さw が、スペイン版のほうが断然いい!
ゾンビ映画で初めて?主観撮影(ずっとハンディーカメラで動きながら撮影)した映画
内容なんかなんもないよw
ただ緊迫感と臨場感がハンパない。えっ?なに?どーなんの?あっ…わー!!
ずっとこんな感じ。ドキドキしっぱなし。これは怖い。ゾンビ映画のスラッシュメタルみたいなw
この映画を見たときはテンションあがった


その4「28日後」

この映画と、学生のときにみた「ナイト・オブザ・リビングデット」という元祖ゾンビ映画なんですけど、この2作品がオレをゾンビ好きにした
ゾンビってさ、だいたいノロノロ歩きで、走ったら逃げれる~みたいなとこがあったのだけども。

この映画のゾンビから、全速力で走ってくるゾンビが現れたの

いやマジむりむりw
走られたら無理やしww逃げれんしwww
っていう衝撃ね。ものっそい感情移入したね。
お題に忠実でありながらお約束をぶち壊したまさにパンクというかミクスチャーというか。
続編の「28週後」も面白いです。


と、4作品とも有名どころで、簡単な説明&いいかげんな感想ですが(ごめんなさい)
まぁ暇やなーって思ったら見てみてくださいよ
これ以外にもイロイロあるけども、人に紹介するには(どこが面白いの?)と微妙な空気になりそうでw

今度はまた違うお題でやってみよう~





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年04月11日(水)

下関レッドラインに接舷!

テーマ:アキラの日記
ボーカルギターのアキラっすー

アーデルハイドさんに誘っていただきまして、先週土曜日は下関レッドラインに初上陸!

アーデルハイドのヨーゼフさんには、もう数年前にぼくが参加していたヤシノミってゆうバンドで小倉wowでの素晴らしいイベントに呼んでいただきまして、その後もクアリプ処女航海目前に周南riseでやったさんたさんとのデュオで対バンさせていただきました。そのすぐ後にテレビに出られていたのをうちのスタッフが目撃したり・・・(朝の番組で)

ヨーゼフさんの熱い人柄とパワフルな行動力には本当に頭が下がります。
小倉wowでは爆音フルバンドで見せて頂きましたが、現在はアコースティック??ではないな・・・ベースの弾き語り+へヴィなギター、という世にも稀なスタイルで活動されています。

バンドって何事もなくうまくいっていることの方が奇跡だと思います。バンドも人の集まりなのでそれぞれの人生の集合です。そして何かあるのが人生です。色んな事情で活動に支障をきたすのはバンドを長く活動しようと思ったらもう当たり前のことなのだと思います。そのとき解散するのか活動休止するのかメンバーチェンジするのか。

アーデルハイドさんが何故そういうスタイルで活動することになったのかぼくは知りませんがどんなことになろうとも前進するという意思を感じました。

レッドラインは初めて訪れましたが、素晴らしいハコでした!カッコよくて居心地が良い。良い意味でノンジャンルでウェルカムなのは外交の街、下関だからでしょうか?

この日もぼくら以外は北九州のバンドばかりでしたが大盛況でした!

それに北九州のバンドさんはレベルが高かった!the no name カッコいい!!ロックンロールとおっしゃってましたが、そうなんだけど、それでけではない。キミたちめっちゃ音楽好きやろ!最高でした。ベースの方は湯田温泉でもよく来られるそうなので今度見に行こう。

TETRAも良かったー。好き好きこういうの。ワタシ今の音楽まったくわからないからすごく外れたこと言うかもだけど、イーグルス、ドゥービーブラザーズ、トッドラングレン、という言葉が浮かんできた。といってもリズムは現代的で(たぶんこの辺聴いてないから表現不能)

うちら、クアルテートリプリは「アルカディア」「国士無双」「アズタイムゴーズバイ」「つばさ」「水平線の向こうに」「黒い星」 を演奏いたしました。
ライブ後にたくさんの人たちに話しかけられ、音源もどんどんはけ、手ごたえを感じました。

クアルテートリプリのメンバーに告ぐ。みんな、このまま行くぞ!もっともっと良いライブが出来るはず!がんばろう!少なくともオレは絶対にこのバンドをやめねえぞ。メンバーチェンジも二度としねえ。今後いろいろあると思うけどそんときはよろしくねドキドキ

あ、MCでバカ文をブログで書くって言ったのに書いてない!それを聞いて見にきた人には下記リンクをさんしょうください(笑)

ラジオ体操
烏賊
歌詞
学食
犬戦略
立ち居地
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。