1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年01月20日(木)

始動するぜぇえええ!!

テーマ:アキラの日記
QuartetoLivre

新年いきなりライブ決まってますぞーい!

と、その前に、どうすか?この写真!

あんじぇりかのなおちゃんに撮ってもらいやした!ありがとねー!!!

あんじぇりかさんは、もうめちゃめちゃ曲カッコいいんです。対バンしたとき、その楽曲のクォリティの高さにぜったいこれはカバー曲なんだー!って思ったですもん。そしたらオリジナル(汗・・・やべ!やっべ!てなったっすもん。

そういういきさつで、今、ぼくあんじぇりかのプロモーションCDの製作を手伝わさせていただいております。すでに1曲ドラムトラックとアコギトラックを録音終了、ふふふふ名盤が出来つつあります・・・ふふふふ。そんな感じで同盟関係を結べた仲間が出来てこれからの活動も心強いですねー。これからもよろしくおねがいいたしますm(_ _)m

で、新年一発目ライブのご案内です。

1月30日(日)宇部BIGHIP
CINEMA vol.5 開場 16:30 開演 17:00 前売り 1,000円
玉垣亮
クアルテートリプリ
SeaBird
蔵元ハーブ園
くりしぇ
ダーティーブリーフ
Transport

楽しみ!

さあ、船出の時が来た。

長い航海になると思います。

これからこの船を色んな場所に接舷しに行くぞ。WE ARE QuartetoLivre!!!





AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月19日(水)

配布CD解説-黒い星-

テーマ:アキラの日記
 4夜にわたって書いてきましたクアルテートリプリ配布CDの曲解説も最終日。4曲目、「黒い星、ライブ盤」でーす。

 その前に、昨日書いたカーメンマクレエのアローン、調べたら再販されてますね!なんかタイトルがアズタイムゴーズバイになっとります。これホントお勧めのライブです。カーメンのピアノめちゃ良いですよ意外にも。セロニアスモンクっぽい。カーメン聴くならソロに限ります。ってこれしかないという。

 ええと話をもどして黒い星という曲なんですが、ちょっとこの曲は短編映画を作るようなつもりで書いたんですよ。もともと歌詞カードを読みながらレコードを聴くのが好きで、その中でもストーリーがある曲がすきなもんで自分でも書いてみようと思ったんですよね。じつは意識しないとストーリーがある曲が書けないことに気が付いて。あれぇ?いつまでたってもオレの曲の中にストーリーがある曲ねえぞ?みたいに気が付いたわけですが。

 そのお話の中に出てくる場所、夜に少年たちが望遠鏡をかかえて上る丘、なんですがその丘って実はここのことなんです。

MACOMA

 広島の爆心地すぐそばの、このビルの一番上の階にある練習スタジオ、スタジオマコマです。このスタジオにぼくは店員として数年間勤務しておりました。

 なんとこのビル、エレベーターがない(笑) なのでライブのたびにマーシャルを6階のスタジオまで上げたり降ろしたり・・・なぜ平気だったのだろう(笑)歌詞の中の望遠鏡ではたとえが軽すぎる! 手伝いがいないときにはキャビネットを一人で上げたり降ろしたりしたことも。今となっては考えられません!

 もちろんここで過ごした数年間というのはぼくの記憶の中でキラキラ輝いていることばかり。鍋大会やったり、急性アルコール中毒が出て救急車が来たり、マツタケが急騰した年にわざわざみんなで千円ずつ出してマツタケ食い大会やったり、色んなバンドのギタリスト要員として借り出されたり、プロの人が来たり、ライバルが出来たり、かなわないやつがいたり、色んな、色んな、音楽好きな人たちと出会って今でもその人たちとのつながりっていうのがあったり、なかったり。ほんとうに意味のある日々でありました。この丘がなければ音楽つづけてなかったかも。

 ずーっとこんな日々が続いていくのかなあ、と思ってた。そしたら周りでメジャーデビューが決まった人がいたり、渡米する人が出てきたり、それに触発されてかどんどんみんな上京していったり。発狂して田舎に帰った人がいたり、音楽やめた人もたくさんいたり。なんだかある夏にクモの子を散らすようにパーっていなくなっちゃった。その中でぼくもライバルだったこいつとこいつ、そいつらがいない広島にいても意味ないなあ、バンドも解散してしまったしなあ、とその夏山口に帰ってきたという訳です。

 黒い星っていうのはぼくたちが捜し求めている音楽という訳の分からないモノのことのたとえです。べつになくても困らないものをなぜにぼくらは探し続けてるのでしょーね。音符だけでは表せない、メトロノームに合っていれば良いとか、音楽理論正しいとかそんなものでは割り切れない、わけのわからないもの。あるかどうかすら怪しいもの。このスタジオで集まってた当時のメンバー、まだまだ超未熟者だったぼくたちが一瞬つかまえた気がしたんですよね。なんかすごい図太いグルーヴというか。演奏中何回か水平線のかなたにですけどハッキリと。見えないものを3人でつかまえたたことを興奮してみなで話した記憶があります。あの夜は幸せだったねえ。

 クアルテートリプリ、無料CDプレゼントキャンペーンはこちらですよー!ぜひぜひ。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月18日(火)

配布CD解説-as time goes by-

テーマ:アキラの日記
クアリプ配布CD解説3曲目~♪

このCDなんですけど前半2曲はスタジオ盤なんだけど、後半2曲はライブ盤なんです!なんとなんと人生初のライブ音源発表という暴挙にうってでました(笑)

このCDってデザインが昔のドーナツ盤みたいにしてるから、A面とB面って感じにしたかったんだよね。で、A面スタジオ盤、B面ライブ盤、っていう演出なんだけど気がついた?

ほんとライブ音源なんて発表して許されるのか?とか思ってたんだけど評判がB面の方が良いという結果に。ある意味チキショーって感じ(泣) 色々スタジオで音加工したりコンデンサーマイクとかマイクプリアンプとか駆使してたのはなんだったんだ(笑) このライブ音源はじつはハンディカメラの決して良いとは言えない内蔵マイク一発なのだが(笑)

アズタイムゴーズバイっていう曲です。モチダさんは関係ありませんしジャズナンバーでもありません。ちなみにジャズの方のアズタイムゴーズバイは色々有名なテイクがありますけど、ぼくが一番感動したのがカーメンマクレエの「アローン」っていう日本でのライブ盤CDの一曲目でやったアズタイムゴーズバイ。カーメンマクレエなんと全曲ピアノ弾き語り。もう全身鳥肌モノ!これに感動してカーメンマクレエ聴き漁ったけどこれ以上のモノには出会えず…もう廃盤と思うけどネットとかで見つけたらぜったいゲットした方が良いっすよ!あれが廃盤とかありえんし。レコード会社も商売だから売れない商品を廃盤にするという論理はわからないではない。だけどレコードって記録じゃないすか。レコード会社にはそういう記録を保存する、という使命があるはずなんだよ。新曲を消費していくだけの状態からの脱却、期待します!

あれ?なんの話だっけ?

クアルテートリプリ無料CDプレゼントキャンペーンはこちらでーす!
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。