1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年06月26日(土)

# 猟奇的な彼女鑑賞

テーマ:アキラの日記
 
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月23日(水)

尾崎豊との出会い

テーマ:アキラの日記
 尾崎豊との出会いについて語っておくか。

 尾崎は中学性時代のオレの前に突然あらわれたのだ。

 当時のオレは吹奏楽部でトロンボーンを吹いており、はじめての部活動にそれは夢中だった。もともと小学のころからコルネットを吹いてたんだがあくまでひとりの世界。はじめてみんなで作り上げる音楽に、そして運動会や卒業式でバンドメンバーとして特別扱いを受けてクラスを抜け出し、ステージに立てることに酔っていた。部活以外の学校生活は学校は荒れていたし、いじめられてもいたので最悪だ。部活がなければ中学時代、学校にオレの居場所はなかった。だから夏休みだろうが毎日ある部活を苦に思ったことはない。吹奏楽部は意外に思われるかもしれないが、何キロも走りこみをやったりけっこう筋トレもある。かなり忙しくヘビーな部類の部活だ。だが吹奏楽部には女の子との交流もある。心の中で慕っているかわいい先輩もいたし、後輩から告白されたり、毎日が楽しいことこの上なかった。

 そのかわいい先輩が夢中になっていたのが尾崎豊である。彼女が卒業間際のころにすっごく良いと言うのでお願いしてカセットテープを3本ダビングしてもらった。彼女に渡した小遣いをはたいて買った3本のマクセルは、ファンシーな包み、ラベルにはマンガ文字がほどこされ、オススメの曲などが書いてある手紙がはさんであり、すっかり変わり果てた姿になって帰ってきた。まぎれもない女の子の世界。宇宙より遠いと思われた世界が今この手に。天にも昇る気分で自転車を飛ばし、宝物の赤いダブルデッキに突っ込んだ。

 しかしそこには女の子の世界からは程遠い、聴いたこともない世界が。衝撃を受けた。まったく知らない世界。不思議な歌詞。叫び。だが部活以外では完全に敗北していたオレの中の何かに入ってくる。その後何年も何度も何度ももの凄い回数このカセットテープを聴き続けたのだ。バンド仲間には最近までこのことを恥ずかしくて告白できずにいたのであるが、まさしくオレは尾崎豊によりロックの洗礼を受けていたのだ。ジミヘンとか言いたかった。思えばその後ずいぶんたってから尾崎ににている初期のブルーススプリングスティーンに夢中になったのは自然なことだった。似ているというより尾崎がスプリングスティーンに似ているのだ。「アズベリーパークからの挨拶」は神アルバムだ。まさしく神がかっている。フォーキーでロックでジャジーで歌詞も含めて真のレベルミュージックだった。ストリートな感覚がまた同時期のマーヴィンゲイのアルバムも同じ匂いがする。その時代の音、歌詞、感覚が尾崎ヘッズのオレは共鳴するのでマーヴィンゲイにもすぐのめりこんだ。

 数年後にマーヴィンゲイまでオレを連れてきてくれた尾崎豊だったが、名曲は多いが、本人は音楽的にはまるでワンパターンで素人のようで成熟はできなかったように思う。素晴らしいメロディーメーカーであるだけに急死がくやしい。いや、夜空を一瞬だけ染めて消えていった花火のような音楽なのだから、それでいいのだと思いなおす。あの3本のカセットテープがオレにとってはすべてだったのだ。中学3年になるころには3本のカセットの曲すべてをソラで歌えるようになっていて、毎日毎日風呂で歌っていた。風呂で尾崎を熱唱する中3のオレ。カッコわりい。サラリーマンがカラオケスナックで卒業を熱唱するくらいカッコわりい。当事のオレもそのカッコ悪さは分かってた。気持ちよく尾崎を歌うためにはいったいどうしたら?

 ギターが、、、ギターが足んねえ・・・・ギターが必要だー!!!

 つづく・・・・

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月17日(木)

楽譜を探す

テーマ:アキラの日記
 まだ2度目のライブが決まっていないクアルテートリプリなのですが、もうぼくの妄想癖は次のライブの映像が脳内に流れ続けています。

 いや、妄想じゃなくてイメージトレーニングやね。こうしよう、ああしよう、というのを脳内シュミレーション。

 今はライブの登場の仕方を色んなシュミレーションをしてるんですよ。やっぱスーパースターのライブって登場の仕方がカッコ良いじゃないすか。マイケルジャクソンにしてもフランクシナトラにしても。

 で、今のもっぱらの妄想は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲変ロ長調第一楽章のさわりを「演奏」してはじめるっていうのがお気に入りだ。

 チャイコのピアノ協奏曲は聴いたら誰でも分かる曲だ。ものすごく大好きな曲。ラウドで切なくかっこいい。

 文章じゃ伝わりにくいかもしれんけど、静かにイントロをギターで弾き始め、つづいて指揮者のようにギターを振り上げ、ダガーン!!ってバンドがいきなり一斉に爆発するという妄想だ。これはかっこいいぞ。

 ネットで楽譜を探すが見つからない。どれも有料である。

 外国のサイトで無料らしいが、英語が読めない上に楽譜も読めない。どれがどれだかまるでわからん。だがこれをやるためには絶対に楽譜はみつけ、読まなければならん。目標があれば苦手なこともがんばれる。

 ま、だめだったらユーチューブで耳コピするっきゃない。
 
 だがオーケストラの音を耳コピなんてできるのだろうか(笑)
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。