1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2017年12月31日(日)

さよなら遊園地

テーマ:アキラの日記

大晦日ですね。

今日も朝から大掃除

 

ウソです。ミックスダウン中の曲の大掃除。

つまりノイズ除去してました。

上手さんのアンプから出ている

「サー」

というノイズが取れず、半日つぶれました。

 

こういう時にローランドVSは難しい。

20年前のテクノロジーなので、

PCとの交信が簡単には出来ないのです。

 

結局VS内部では無理と判断。

PC上でノイズ除去することに決定。

 

上手さんのギターをCDに焼く

PCにwaveファイルで取り込む

AUDACITYっていうフリーソフトでノイズ除去

CDに焼く

VSにデジタルインから録音

元の演奏に位置を合わせる

 

っていう作業で無事完了。

先ほどミックスダウンを完了しました。あと2曲!!

 

紅白でも見て寝よっかな。

24時くらいにスペワにもらい泣きしに行くのもいいかなあ。

と、思ったけど大渋滞に巻き込まれるからやめとこ。

スペワのさよなら遊園地って曲あるじゃないですか。

あの曲の歌詞、なんで遊園地側目線なん?

客目線で書いて欲しかった。

 

宇宙のことを調べたりするのが、

子供の頃から大好きなぼくは

スペワ本当によく行ったな。

途中から変なノリになったのが残念だったけど、

でも最後はすごく遠くの星に移転するっていう設定

最初のスペワに戻ったっぽくてよかったです。

 

あ、話がそれた。

今年もブログご覧いただきありがとうございました。

アルバム発表くらいまでは毎日更新するつもりですので

気が向いたらまた来てね。

 

来年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「アキラの日記」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年12月30日(土)

今日も明日も

テーマ:アキラの日記

明日で2017年も最後です。

スペースワールドも最終日。

遊びにでも行けばいいのに今日もコンソールの前。

 

9曲入りのニューアルバム、あと3曲というとこまで来ました。

(3分の1も残っている、という考え方もある…)

このまま年末年始もこうして過ごすことになりそうです。

 

2007年に活動をスタートさせて、バンド結成10周年の今年

一大イベントをやるわけでもなく、淡々と地味に

練習と録音を繰り返してきましたけど、

 

今回のレコーディングは一発録音が多かったんですが

一発録音をミキシングしてる作業は、

バンドのアンサンブルを分解して研究することとなったようで

スタジオ練習に入ると、どこが正しくないのか、どうすれば良くなるのか

ということを考え、演奏できるようになった気がします。

 

日々、スレッドでメンバーと意見を出し合う事で

アンサンブルも変わってきます。

 

何より、どういう音源を作るのか、どうやって聞かせるのか

考えることで、このバンドの効能、ということにも向きあった1年でした。

 

来年は作ったものを皆さんに聞いていただく努力をする年にするつもりです。

 

と言いながら、どんな年になるかなんて、今年が始まった頃には

今日のような日を送ってるなんて考えてなかったから、分かりませんけどね。

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月29日(金)

時代の音

テーマ:アキラの日記
今日もスタジオでミキシング作業です。
ジャズっぽい曲なので、お手本にする音源もジャズ。
リーモーガンの「CANDY」というアルバムをゆっくり聴きながら。
 
このアルバムの音の良さは異常です。
1958年の音源なんですが、手に触れるみたいな音。
 
古い音源=音が悪い、と思ってしまいがちと思いますが
こんな音みたいにしてやろう、なんてチャレンジしてみると
これを作った人は、もの凄い耳と腕を持っていて
一流のスタジオ、機材で録音していることが分かります。
 
レベルメーターを見ると、10kHz以上もばっちり拾っているし
80㎐の低音もきっちり出ています。ミキシングの基本も現代と変わらない。
 
今の感覚と違うのは、ピアノの音をわざとくぐもった音にしてる事。
あの頃の録音って、ピアノの音がこもっていて、古めかしい感じがするんですが
あの頃の流行の音だったんでしょうね。
決して録音状態が悪いわけではなく、わざとです。
 
その証拠にトランペットはびっくりするくらいトレブルが入った良い音で収音されてるし
ハイハットは8kHz以上がホワイトノイズが乗るくらいブーストしてるのが分かります。
当時のクラッシックピアノの録音聴いても、あんな音ではないです。
 
トランペットを目立たせるためピアノのハイを削ってるっていうのがひとつと、
もうひとつは、あの音が悪い感じでカッコ良かったんだろうなあ。
 
ひと段落してから、宇部BBBにライブ見に行ってきました。
 
見に行ったのは、「unknown」というバンドです。


image
 
 
じつはこのバンド、今年2月に開催したうちのバンドの自主企画

に出演した「Ciel」というバンドと全く同じメンバーです。

ちなみにギタリストはギター部の初の部員にしてフラッグシップギタリストの知歩。

やつはぼくに習ったので、ぼく同様ストロークしかできませんが笑

ギタリストとして必要なガツンとした音とグルーブで、カッコいいギター弾く自慢の弟子。

 

当時、高校生だったCielはイベントのポスターも出来上がった段階で

なんとバンド内が上手くいかずに空中分解。

 

でも残ったボーカルとギターの二人で諦めずにサポートを探して本番まで猛練習して。

根性あるなあって思ったし。

だからこそ、おとなり飯店の演奏はホント良い演奏をしてくれたんだけど、

今日は同じメンバーでの演奏だっただけに、さらに成長感じました。

 

丁寧にアンサンブルしてて、良いライブやってました。

お客さんも次第に増えていくっていう。

 

違う世代のセンスも感じました。

くぐもったリーモーガンの時代のピアノだってその頃の最先端。

音楽は変化しながら連綿と続いていくのだなあ。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。