腫れる人 浮腫む人 | 量子場調整®☆自由に生きるためのザ・最終手段!

テーマ:

 

 

どんな人でも、ちょっとした傾向があって

 

 

感情や感覚をもとに世界(や事象)を判断する人

 

 

おいしい~♡

やだ~、気持ち悪い、気持ち良い〜♪

といった言葉を多用する人

 

照れ

 

 

思考や論理をもとに世界(や事象)を判断する人

 

それは必要性があるのか?正しいのか?

なぜそうなのか。

なぜわたしは悲しいのか…

という人

 

真顔

 

 

があります。

 

 

 

 

感情や感覚というのは、身体的なものであり

細胞の外界に対する反応です。

反応によって、細胞の内圧が強くなったり弱くなったり

それが感情になるわけです。

 

なので、感情的な方は内圧が高くなって腫れるのです。

 

 

思考は重たいエネルギーです。

思いは重い。考えすぎると心身重くなりますよね。

ずっと考えすぎていると内臓や体液が下垂して

浮腫むのです。

 

 

陰は上がり 陽は下がる

とう言葉のとおり

 

感情で細胞やお腹の内圧が高くなり、腫れて

思考し過ぎで身体が消耗し重力に負けて下がり浮腫む

 

.....

 

ちなみにわたしは浮腫む人( ̄_ ̄ i)

 

 

感情的な人はお腹がポッコリと腫れた感じになりやすく

思考優位な人は身体が消耗して老化がはやい…

 

 

どちらが良いかとういより

どっちも誰しもの中に潜在している性質です。

 

 

腫れる人にも浮腫む人にもなりたくないなら

ちょっとバランス良くならないとね

ってことです。

 

 

 

岩尾朋美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント