再び…

6月になりましたね。

前回ハーネが亡くなった報告をしましたが、自分でもビックリするほど落ち着いていてハーネとのしばらくのお別れを受け入れているつもりでした。

でも5月も末に近づくにつれ、
ハーネが亡くなった5/8で私の時間も止まっている事に気が付きました。

あれ?なんでもう来月分の納品締切日が迫ってるんだろう、
なんでもう5月最後の週の参加イベント日になろうとしてるんだろう、と。

そして恋しさと淋しさがこみ上げてきました。

納品も参加イベントも終わり、
余計にその気持ちも、自分の進まない時間と現実とのギャップが大きくなり、
5月ももう明日で終わろうという30日の夜、
Twitterでも弱音を吐いてしまいました。


不思議なものですね、
Twitter書いて僅か1時間ほどでステキなご縁に巡り会いました!

ハーネが亡くなってまだ日が浅いですが、
来週ハーネの弟分をお迎えすることになりました\(❁´∀`❁)/


ハーネの看病あるし行けるか分からないと言っていた祖父母宅のある北九州市からの里子です。

ハーネの小さい時によく似た真っ黒フェイスの男の子!

次の子をお迎えするならよく似た子がいいねと主人とも話していたのですが、
なかなかそうピンと来る子は見つかるまで時間がかかるだろうと思っていました。

それなのに一目でピンと「この子!」と思える子で、
しかも母の故郷で私もとても思い入れの強い土地の生まれの子。


まだしばらく次の子をお迎えするのはハーネに申し訳ない、
お迎えするならハーネの生まれ変わりかもしれない5月以降に生まれた女の子をと思っていましたが、
私の様子を見かねたハーネが弟を見つけてきてくれたような気がしました(*^_^*)

ハーネへの罪悪感も消え、ハーネが繋げてくれた縁を感謝しています。


来週のお迎えが待ち遠しく、ご飯を用意したり寝袋も作らないとなーとワクワクしています(*´艸`)

実は火葬後にほとんど片付けたハーネの飼育グッズですが、
まだペットシーツとおうちは洗えずにそのままでした。

ハーネの痕跡が残っているのをまだ残しておきたくて…
それもいい加減片付けなさいってことなんですかね(^^;)

明日お天気のようなので洗います!


里親募集のTwitterを見かけたのが遅い時間だったので翌朝すぐにメッセージを送ったところ、すぐにお迎えが決まり、
やっと5/31を受け入れ、私の時間も動き出しました。


ありがとう、ハーネ。
また助けてくれてありがとう。

「私が帰るまでシッカリしなさい」
って言われているようです(*^_^*)



ちなみにハーネの骨壷はまだどうするか決めていません。

毎週お花を新しく買ってはいますが、
「お花はいいからササミちょうだい」
とか思ってるだろうなと思います(笑)



またね。

先週、
我が家のハリネズミ、ハーネが旅立ちました。





最後は私の腕の中で看取ることができました。


今日でちょうど1週間です。
もう1週間…
まだ1週間…


まだ目を閉じればすぐにこちらを覗き込んでくるハーネの顔や、
ぽえーっとなってる顔を思い出すのに、
もう私を見つめてくれる目はありません。

毎朝自分の顔を洗うたびに、
ハーネの顔を拭いていたらペチペチ叩いて阻止してきたり、
大人しく目やにを取らせてくれてお利口さんだったなと思い出しますが、
もうペチペチ反撃していた柔らかいプニプニのお手手ももうありません。

ハーネが私の左腕にゴロンと寝そべって、
おうちに戻したあとに私の腕が針の痕で赤くプツプツなることもありません。


とても寂しいですが、
ハーネはとてもたくさんの幸せをくれました。

結婚記念日にお迎えし、
結婚8年目でも未だに子供がいない私たちにとっては、
ハーネは我が家の長女です。

なので棺には「産まれた子供の最初の枕にすると幸せが訪れる」といういわれを知って作った、
結婚式で使ったリングピローを敷きました。



写真には写ってないですが、ハーネを棺に収めた後に、
イギリス製のキレイなレースのリボンもカゴにぐるっと巻いて飾り付けて、
私からのありがとうの気持ちをたっぷり込めたつもりです。


いつものご飯と好きだった鶏肉にリンゴもたくさん入れて、
お砂場の砂も足元に置いて向こうでも遊べるようにしました。

私達がいつも持ち歩いていたものを持って行って貰いたいという主人の想いから、
ハーネの名前を入れてもらったストラップも入れました。

主人と私とハーネの名前を裏に書いたハリネズミプレートを首に結んで、
私からの手紙も入れました。



少しの間離れるけれど、これで寂しくないよと。


手と足の型を取らせてもらって、
ネックレスに分骨もしたので、私達も身近にハーネを感じられます。


癌の発症から2年半ほど。
人間でいうと30年近くの闘病生活だったそうです。
本当によく頑張ってくれました。

手術をしてもその日のうちに食欲旺盛でどんどんぽっちゃりしてきて、
MAX550gあったのが、最後の方は食欲もなくなり300gにまで減ってしまいました。

先月に足に力が入らなくなり、そこからあっという間でした。

自分も病気と闘っていたのに、私が調子悪かったり落ち込んでいたら、
心配するように首を傾げながらこっちを見てくれたハーネ。

私が自分でカリカリかいちゃう左腕に寝そべるようになったので、
「ハーネが寝るとこだから」と引っ掻くのをだいぶ止められるようになりました。

お手手もこっちに伸ばしてきて、
ギュッてしたり手を繋いで遊んだりすると楽しそうで、
私にニッコリ微笑んでくれたり、
親バカですがハーネも私を好きでいてくれたと思えます。

ハリネズミってこんなに表情豊かなんだと思えるくらい、
たくさんの表情を見せてくれました。

名前を呼んでも振り返ったりはしませんが、
きちんとこちらの気持ちは伝わっているんだなと思うこともしばしば。


寂しいのと同じくらい、
頑張ってくれて本当にありがとう、
そしてお疲れ様、ゆっくり休んでねの気持ちも大きいです。

そして、
書ききれないほどのたくさんの幸せと
たくさんの思い出を本当にありがとうと。


大好きなハーネ、
また私たちのところへ帰ってきてね。





奈良にて。

ブログではお伝えしそびれて、明日が最終日ですが、
先日から委託でお世話になっている嵐山のお店、yooさんの期間限定2号店、
奈良ミ・ナーラの方にも商品お世話になっています(*´ч`*)




こちらのイベントには行けてないのですが、
昨日奈良のお墓参りに行った際、
往馬大社に寄ってきました。

私てっきり生駒の表記と同じだと思ってんですが、この字で「いこま」で、
さらに正式名称はすごく長くて歴史を感じるお名前だったんですね。

創立はハッキリしてないとの事ですが、
最も古い記述でも1500年前のものと、とても古く歴史が感じられました。

そんな場所でもHPを見てみたらTwitteもやってるそうで…
なんだか不思議な感覚です( ˙-˙ )


車を降りた途端、なんて言うんですかね、
澄んだ空気というか凛とした空気というか…
すーっと体に染みてその時点で少し清められた感じでした。

パワースポットなんだろうなー。




社殿も立派。



社殿の前には落雷と火災に見舞われてもまだ青々とした若葉を付ける木もあり、
こちらも縁起が良いとされているそうです。



帰りは参道の階段を使わず横の坂を下ったんですが、
こちらも澄んだ空気が気持ちよかったですヽ(*´v`*)ノ


雷が落ちた方の木もじっと眺めていたくなる感覚がありましたが、
それよりも坂道の下と階段の間にあるこの木が着いた時から気になって…というかとても惹かれました。


葉もなく1本だけそこにポツンと立っているのですが、不思議と手を伸ばして触れてしまいたくなる感じです。


奈良のお墓には次は1月に行くので、寒さが大丈夫ならまた寄ってみたいなと思っています。


ちなみにこの後近くにある酒蔵で、地下から組み上げているお酒に使っているお水や、名前は忘れましたがお寺の境内にいた酵母で作ったお酒、境内に咲いている花から採った酵母で作ったお酒を試飲させて頂き、
母からは先日旅行で行った出雲大社のお守りを貰い、
昨日今日と調子がよく、
神様の皆さまありがとうございますと思わず感謝してしまうほどです(笑)