毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のまいです。

 

 

「バレットジャーナル」

 

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

最近話題の手帳術です。

 

従来の手帳だと、1日に書ける分量や記録する

フォーマットが決まっていましたが、

この方法だと自由に調整できるのが

大きな特徴です。

 

 

気になったことをたくさん書いてもいいし、

全然書かない日があってもOKなのです。

 

私は持病を抱えながら生活しています。

 

すごく動ける日もあれば、

一日中ほとんど活動できない日もあります。

 

手帳も色々メモしたくなる時もあれば、

全く書くことすらしない日もあります。

 

バレットジャーナルなら、私のような波の

ある生活をしている人でも対応しやすい

書き方だなと思って取り入れました。

 

でも、「そもそも、療養中なのに手帳

なんか必要あるの?」と言われることもあります。

 

私は、動ける時間や体力が少ないからこそ

手帳が必要だと思っています。

 

「今日も何も達成できなかったな」と思うと、

何だかとても辛いので、

「今日はこれだけできた」と思えるように

スケジュールを管理しています。

 

元気な時ほど自由に動き回れなくても、

毎日の生活で充実感を得るためには、

タスクを管理して、こなせる量に調整する

ことは重要だなと感じています。

 

ハンドメイドの販売を始めたのも、

似たような理由からでした。

 

もちろん、作るのが好きだからという理由も

あります。

 

でも、ただ作るよりも、ほんの少しでも、

得意な「作ること」で誰かの役に立てたら、

もっと「作ること」が意味深くて

充実したものになると思ったからです。

 

それに、作ったアクセサリーを喜んで

もらえたり、ちょっと元気になって

もらえれば私もさらにうれしいと感じました。

 

アクセサリーを身につけてくれた人も、

作った私も、みんな嬉しい状態になることを

願っています。

 

 

 

下のバナーからオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のまいです。

 

 

金属アレルギーを持っている人にとっては、

ヘアアクセサリー選びも大変です。

 

「ヘアピンでさえかゆくなる」

という方も中にはいらっしゃることでしょう。

 

そんな悩みを抱えているとしても、

何とかしてオシャレを楽しめないものか。

 

そう思って、今回制作したポニーフックの

土台の部分は、サージカルステンレス製の

ものを使用しました。

 

 

丸い透かしの部分はレジンで覆って

直接肌に触れにくくなるようにしています。

 

ポニーフックは、

結んだゴムの部分に引っかけるので、

直接肌に触れる機会は少ないかと思います。

 

それでも、アレルギーを持っていると

「かゆくなるのではないか」

と心配になる方も多いのではないかと考え、

このパーツを選びました。

 

(写真をタップすると商品ページにジャンプします)

 

少しでも心配することなく

オシャレを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

写真の「紫陽花のポニーフック」は、

オンラインショップで詳細をご覧いただけます。

 

下のバナーからもオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のまいです。

 

 

 

「あれ、髪を結ぶのがヘタになってる」

 

いいなと思ったヘアスタイルを真似して

自分の髪で試してみた時のことです。

 

やってみたけれど、なんかうまくいかない。

 

練習すればできるようになるかなと思って

何度も挑戦してみるものの、

どうも思ったほどキレイになりません。

 

昔、毎日結び方を変えていたほど

ヘアアレンジが大好きだったのに、

何年もやらないでいたら、

すっかり腕が落ちてしまいました。

 

それに、今は、昔ほどヘアスタイルに

時間をかけていられません。

 

結局、今はヘアアレンジするといっても、

ローポニーテールに少しアレンジを

加える程度がちょうどいいかなと感じています。

 

 

それでも、その日のコーデに合わせて

多少のアレンジがしたいなと感じた時は、

ヘアアクセサリーを活用しています。

 

お気に入りは、ポニーフックです。

 

(写真をタップすると詳細ページにジャンプします)

 

 

その日の洋服のコーディネートに 合った

ポニーフックのフックの部分を、

髪を結んだゴムにひっかけるだけで

後ろ姿が一段、華やかになります。

 

たとえば、写真のポニーフックは、

ダークなトーンの紫陽花がモチーフで、

大人っぽいコーディネートにも

合わせやすくなっています。

 

写真の「大人色紫陽花のポニーフック」は、

本日発売です。

 

詳細は、オンラインショップにてご覧いただけます。

 

下のバナーからオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のまいです。

 

「なんでそんなに高いの?」

 

 

私のアクセサリーを見て

そう思う方はきっといらっしゃるはずです。

 

理由は、ひとつには、花を着色するのに

とても時間がかかるからです。

 

暗い耳元や、ダークトーンの髪の上でも

アクセサリーの色が変わらず、

キレイに発色するようにしたいと

考えています。

 

それに、見た目も高品質なものにしたい。

 

そこで手に取ったのが、「不透明」な

材料でした。

 

不透明だと濃い色もはっきりと発色し、

私の目指す色作りにはぴったりです。

 

 

ただ、不透明な分、着色する部分が多く、

時間がかかってしまうのです。

 

色を塗るにしても、微妙な色の移り変わりを

表現するのが得意な着色剤と、

色づくりがしやすい着色剤を使い分けていて、

それぞれ同じような色を作って塗っています。

 

手間はかかりますが、

出来上がったモチーフは、より見栄えが良く、

着けた人を美しく引き立ててくれることでしょう。

 

そんな手法で作った

「大人色紫陽花のポニーフック」を

2022年5月7日(土)に発売予定です。

 

 

 

どうぞお楽しみに!

 

 

下のバナーからオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のふじおかまいです。

 

 

花は花でも、

クールで大人な雰囲気の花アクセサリーが

作れないだろうか。

 

ずっとそう考えていました。

 

わたし自身も花は好きですが、

どちらかというとシックな雰囲気が好きです。

 

今まで、花のかわいらしい雰囲気を

花のアクセサリーに何とか出そうと、

試行錯誤してきました。

 

 

でも、頑張れば頑張るほど

結局何をもって「かわいい」

と言うのかわからなくなってしまいました。

 

なので、自分にできることは何か

もう一度しっかり見直して、

新しい作品が作れるように

しばらく新作発表をお休みしていました。

 

5月1日(日)に、久々に新作を出します。

 

 

これから梅雨に向かっていく時期に

活躍するであろう、紫陽花のピアスです。

 

詳細は商品ページにてご覧ください。

(上の写真をタップすると、詳細ページにジャンプします)

 

下のバナーからオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のふじおかまいです。

 

 

 

新作の「紫陽花のピアス」を

作るにあたって、今までの作り方から

どこを改善するか色々考えました。

 

そのうちのひとつが、「色」です。

 

はっきりした鮮やか色が好きなので、

その特徴は残したいと思いました。

 

でも、はっきりした色は、

場合によっては子供っぽくなる恐れが

あります。

 

逆に大人っぽくしたいのであれば、

ダーク寄りのトーンの方がしっくりくる

ことが多いです。

 

その辺を押さえつつ、

色を調合して作りました。

 

大人の女性に気に入っていただければ

とても嬉しいです。

 

 

写真の「紫陽花のピアス 2way」は、

2022年5月1日(日)に

オンラインショップにて発売予定です。

 

下のバナーからオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のふじおかまいです。


 

「華奢なアクセサリーが、

 なんか似合わない」

 

もしかしたら、そう感じている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

私も以前、華奢なピアスを作った時、

あまりにもピアスの存在感がなさ過ぎて

「これはダメだ」と思ったことがあります。

 

かといって、たとえば仕事の時、

ものすごく主張している

大振りのアクセサリーをするのはちょっとな、

と思うこともあります。

 

そんな時には、サイズが小ぶりで、

ちょっとひねりのきいたデザインの

アクセサリーがちょうど良いかもしれません。

 

写真の

「パール付きリムナンテスのイヤリング」は、

存在感のあるデザインですが、

全体のサイズは小さめ。

 

(以下、写真をタップすると、詳細ページにジャンプします)

 

 

 

主張しすぎず、

幅広いシーンでお使いいただけると思います。

 

 

 

 

 

下のバナーからもオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のふじおかまいです。

 

 

耳元などの暗いところでも、

ピアスの色がキレイに出てほしい。

 

そう思って、

アクセサリーのモチーフの花を作るときには

主に白い芯材を使っています。

 

 

透明な芯材を使えば、

着色が簡単に終わります。

 

片面に色を塗っただけで

どこから見てもその色に見えます。

 

明るい太陽の下では、

とてもキラキラしていてきれいです。

 

それに比べて、白い芯材だと着色に

時間がかかります。

 

裏表だけでなく、

「厚み」の部分も別の着色剤で

色を作って塗る必要があります。

 

キラキラ光らせるにも

ひと手間かける必要があります。

 

ですが、白い芯材で作った花モチーフは、

暗い場所でも色がくすんで見えにくく、

発色もクリアでキレイです。

 

 

私たちはいつでも明るい場所にいる

わけではなく、むしろ光量が十分でない

場所にいる時の方が多いかもしれません。

 

そんな時でも、

キレイに見えやすい素材を使うことで

いつでも華やかに見えるように工夫しています。

 

下のバナーからオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のふじおかまいです。

 

昨年の11月頃に植えたビオラ。

 

 

 

寒い間元気がなかったので、

少し液肥をやっていました。

 

週に1回をしばらく続けていたら、

今や1株が直径30cmの鉢の半分くらいを

占めるサイズに成長しました。

 

いままでこんなに大きく成長したことはなく、

この大きさに驚いています。

 

ほんの少量の液肥なのに、

ものすごいパワーがあるんですね。

 

ほんのちょっとのことで変わるのは、

もしかしたらファッションコーディネートも

同じかもしれません。

 

普段のコーデにひとつアクセサリーを足してみる、

それだけでも結構印象が良くなる可能性もあります。

 

 

写真の「紫色の紫陽花のイヤリングは」

ベーシックカラーや寒色系の服装と相性が良く、

普段のコーデに華を添えてくれます。

 

 

写真をタップすると、詳細ページにジャンプします。

 

下のバナーからオンラインショップにもジャンプできます。

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。

 

 

 

毎日にちょっと自信をくれる

花アクセサリー作家のふじおかまいです。

 

 

今年の春は、新しい柑橘にハマりました。

 

「はるか」という黄色い、

グレープフルーツよりも小さな柑橘です。

 

さわやかな甘みが特徴で、

ものすごく気に入って

せっせと食べていました。

 

でも先日、スーパーに行ったところ、

はるかはもうなく、

はるかが置いてあった場所には今度、

日向夏が積まれていました。

 

日向夏も大好きな柑橘なので、

それはそれでうれしかったのですが、

柑橘の入れ替わりを見て、

「季節が変わったんだな」と妙に実感しました。

 

果物で季節が変わったことを実感したら、

装いもあわせて、変化せるのも良いかも

しれません。

 

アクセサリーも季節に合ったものがあると、

コーディネートに季節感が出てより

オシャレ度があがることでしょう。

 

 

(上の写真をタップすると詳細ページにジャンプします)

 

写真の「葉つきリムナンテスのイヤリング」

はホワイト×イエロー×ライトグリーンと、

これから暖かくなる季節にぴったりの配色です。

 

 

下のバナーからもオンラインショップにジャンプできます。

 

 

 

 

本ブログに記載されている全ての画像、図案、デザイン、テキストなどは、著作権を放棄しておりません。図案と酷似したもの、転写、制作(二次制作を含む)販売、使用、盗用を固く禁じます。