“Let yourself shine” あなたのステージで輝きましょう
  • 23Jan
    • メディア配信の影響は計り知れない!! もっと配信を楽しもう

      昨夜、SNS集客法セミナー講師・ソーシャルメディアプレゼンターのマッカイ清美さんをゴールドコーストより迎え、私のボイスレッスンと組み合わせたコラボセミナーが無事に終了しました。今回は現地参加だけでなく、動画視聴でも参加を受け付けたため、シドニーのみならず、オーストラリア他都市や日本、アメリカやカナダ、ドバイやバンコクなど海外からもお申し込みをいただきました。オンラインで仕事のフィールドがワールドワイドになったこと。シェア拡散ご協力いただいたお陰で、新しい方々とのご縁ができたこと。メディア配信の影響の大きさと無限大の可能性に、ゾクゾクするほどの興奮を覚えました。セミナーに参加してくださった皆様には、これから全力でアフターフォローに取り組んでいきます。(清美さんからは参加特典としてオンライン個人コンサルテーション、私からもボイスコンサルや音声添削サービスが付いています!!)こちらのセミナーは、テロップや資料映像などを盛り込んで、より分かりやすくした動画に仕上げて、参加者の皆様にお届けする予定です。セミナー動画のほうは、今からでもお申し込み可能ですので、ご興味ある方はご遠慮なくお尋ねくださいね。

      11
      テーマ:
  • 20Jan
    • 人々が欲している物を与える人でありたい

      "I decide who I am.I'm going to be what I was born to be:a performer, who gives the people what they want."「自分が何者か自分が決める。なるべくして生まれてきた者になる。人々が欲している物を与える人、パフォーマーに」話題作「ボヘミアン・ラプソディー」をやっと観てきました。上のセリフは、劇中でフレディ・マーキュリーがHIVに感染したことをQueenの仲間に打ち明けるときに言ったセリフです。名シーンは他にも数え切れないほどあるのですが、私には、このセリフが一番刺さりました。私は何者だろう。何になるべくして生まれてきたのだろう。日本では、デザインの仕事からアナウンサーへ。2003年に語学留学でシドニーに来てからは学費と生活費を稼ぐためにショップキーパー、テレフォンオペレーター、カスタマーサービスに留学カウンセラー、そして保育士と、いろいろな仕事をしてきました。(オフィスワークが意外に合わなくてどこも長くは続けられませんでした…)また、児童英語講師、NLP、交流分析にマインドマップ、記憶術、ヒプノセラピー(催眠療法)と興味を持ったことには全てトライしてきました。「自己投資」をしたつもりが全然モノにならず苦しくなるだけの事故投資にー・・・常に自分に問い続けて来たのが「何になるべくして生まれてきたのだろう」「元アナウンサーって、ツブシが効かないよね」と誰かに言われた言葉が自分の制限になっていました。英語に自信が持てない私は人前で「話す」仕事をシドニーでできるとは思ってもいませんでした。私ができることは他にもあるんじゃないかと探し続けてきました。でも、やっぱり好きなことはやめられなくてまた、「声を使う仕事」に戻ってきました。2013年からシドニーで始めた「声優・話し方・演技表現レッスン」。私のレッスンを受けてくださった方から「人前であがらずに話せるようになりました」「表情が変わって友達が増えました」「歌うことが楽しくなった!生きがいができました」などの報告をいただき、自分の想いを伝えられたら自分自身をちゃんと表現できたら人生どんなに変わるんだろう?とますます面白くなったのです。私は自分自身がパフォーマーとして表現することも大好きですが、表現したくてもできない人の心のブロックを外してその人が本来持っている輝きを放つ姿をみるのがこの上なく好きです。私は、自分がこだわり、取り組んできた「声」のレッスンで人の助けになることが私の使命だと思います。今回のセミナーでは、あなたの、世界でただ一つの声を好きになってもらうこと。そして、自分の想いを伝えるためのヒントをたくさんお伝えしたいと思います。世界中、どこからでも動画での視聴が可能です!!!!!↓↓詳細・お申し込みはこちらから!!!↓↓話すこと・伝えることが楽しくなるソーシャルメディア活用法

      5
      テーマ:
  • 15Jan
    • コンプレックスが原動力!「好き」「できる」で人生どんどん面白くなる

      意外かもしれませんが、私はもともとあがり症で話すことが苦手。声も弱く、ずっとコンプレックスを持っていました。特に台本のないフリートークは今でも苦手意識が強く、緊張のあまり何度も噛んでしまうほどです。完璧主義な性格もあり、一つの動画を撮るのに、何度も何度もテイクを繰り返します。私が動画を撮ると、フォルダはいつもこんな感じ (^^;;↓それでも、小さい頃から表現すること、特に声の演技に興味があった私は、声と表現について学び続けてきました。フリートークは苦手だけど、台本の解釈や読むテクニック、声の表現で、私は自己表現の楽しさを見出してきました。久しぶりに、講師として登壇するシドニーセミナー。やっぱり私がお伝えしていきたいのは「声」のことです。「自分の声が好きになれなくて」「話すことが苦手で・・・」本当は、「伝えたい!」という気持ちがあるのに、自信がなくて一歩が踏み出せない人に、私はぜひお伝えしたいです。まずは自分の声を大好きになりませんか?世界に一つしかないあなたの声を磨くこと。そこから、あなたにしかできない「発信」の扉が開かれるかもしれません。オーストラリア・ゴールドコースト在住のSNS集客法講師マッカイ清美さんとのコラボセミナー。動画視聴もできますので、世界からのお申し込みを受け付けています。↓↓「話すこと・伝えることが楽しくなるソーシャルメディア活用入門編」

      1
      テーマ:
  • 10Apr
    • パペット達が紹介するブルーマウンテンズ!

      2年前からAppleの動画アプリを使って動画の編集を手がけています。これまで、作品をFacebookやYoutubeで発表していましたが、その中のパペット腹話術リポート動画が好評でこの3月から本格的に、動画制作の仕事を始めました。その第1弾がJTBオーストラリアが提供するオプショナルツアーの販売促進動画プロジェクトです。プロジェクト一作目となる「ブルーマウンテンズ編」が、ついにJTB公式Youtubeチャンネルにてリリースされました。このシリーズは12回+αで随時アップされます。シドニーではあと2作品(オープントップバス、ポートスティーブンス )、そしてケアンズツアーの紹介へと続きます。可愛いパペット達が登場しますが、これは私が時々やっているケイティというパペット腹話術リポート動画がヒントとなりました。この動画プロジェクトに合わせてオリジナルのパペットが制作され、撮影スタッフがパペット操作したものを私が撮影し、アフレコと編集を手がけています。(コアラ父さんのみJTB男性スタッフさんです)コアラ父さん、クオッ母さん、さらに2人の新キャラが登場します!ぜひぜひご覧ください!!

      25
      テーマ:
  • 06Oct
    • 紛失して気づいた携帯依存。あなたは大丈夫?

      先月の出来事なのですが、実は携帯電話を失くしかけました。車を停めた駐車場の中で落としてしまったのです。ホットヨガに行った帰り。携帯を失くしたことに気がついて真っ青。ヨガスタジオに戻って、ロッカールームなど探してみましたが、ありません。失くした場所が、シドニーのボンダイジャンクション駅すぐ横の駐車場で、幸いなことに、近くに大きなアップルストアがあったので、飛び込みました。店員さんに携帯を失くしたかもしれないと伝えたところ、店内のパソコンで追跡アプリを起動してくれました。「まだ駐車場にあるよ」「えっ、ホント??」「急げ!!」駐車場に落としたとしたら・・・車に轢かれてしまうかも・・・大慌てで戻り、駐車場の路面、車の下、脇など、くまなく探しましたが、やっぱりありません。またアップルに戻り、同じ店員さんに「すみません、やっぱりないんですけど・・・・」もう一度、追跡アプリを起動してくれました。えっ??????モニターの中の「Hisaeのiphone」が、どんどん遠ざかっていくのが見えたんです。「これ、どういうことですか?ここと違いますよね?」「うん、誰かが拾って、移動してるね」えーーーー!?😱「家族か友達の番号をここに入力しなさい」と、紛失時に、私の携帯画面に緊急時の電話番号を写し出せる入力画面を見せてくれました。でも、誰の電話番号も分からなかったのです。携帯の中に全部入っていて、覚えてもいませんでした。いつもは、ipadや手帳も持ち歩いているのですが、この日に限ってホットヨガに来ただけだったので、持っていたものは財布とヨガマットぐらいでした。「全部、携帯電話の中に番号を入れてるので、分かりません」「じゃあ、SNSか何かを使って、友達に連絡するなどして番号を聞き出してみたら」アップルショップが近くにあって、良かったー!!!店内のパソコンを使って、Facebookメッセンジャーで連絡を取ろうとログインを試みました。が・・・動揺していたのか、ログインパスワードが思い出せず。。。エラーメッセージが何度も出て、しまいにはリセット。4つ持っているメールアドレスも、パスワードが思い出せないためログインできず。エラーが出まくって焦る焦る…。パスワードも全て、携帯電話の「メモ」に入れていました(本当はダメなんだけど)。緊張と焦りで指が震えました。そうこうしているうちにも、携帯電話はどんどん遠ざかっていきます。ちなみに、その時の私はヨガウェアの上にTシャツだけをまとい、スッピンで髪は一つにまとめただけのボサボサ、ホットヨガの後にシャワーも浴びずにいたままです。(車で帰って家でシャワーを浴びるつもりだった。)傍目からは、スタイリッシュなアップルショップで、超ラフな格好の日本人が汗だくで、必死でパソコンと格闘するという、異様な姿だったでしょう・・・結局、1つのメルアドにうまくログインできたため、そこで新しいパスワードを設定し、Facebookにログイン成功!!フラットメイトに連絡が取れ、拾った人とやりとりしてくれて、現場から約17㎞離れたその人の家まで携帯を取りに行くことに。(フラットメイトが付き添ってくれました)拾った人は若いオージー男性でした。彼いわく、誰かが駐車場で私の携帯電話を拾って、付近に停まっていたその人の車の上にポンと置いて行ってしまったそうです。「うあああ、ありがとうございますありがとうございます!!!」とお礼を言い、見覚えのある愛しい私の相棒・携帯電話が無事に戻ってきたのでした。今回の出来事で、自分がいかに携帯電話に頼りきっていたか、また危機管理が甘かったか思い知らされました。緊急連絡先、覚えていなければ紙に書いて財布か何かに入れておいたほうが良いです。パスワードは、パスワード管理アプリやクラウドなど、セキュリティがしっかりしていて他からもログイン可能なシステムを使って、しっかり管理しましょう。すぐ近くにアップルストアがあったことと、すぐにフラットメイトと連絡が取れたこと(しかも長期出張から帰ったばかりで家にいてくれた)、そして携帯を預かってくれていた人が良い人だったのは本当にラッキーでした。大変な出来事でしたが、いろいろ学び、また自分の幸運に感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。皆さんも、気をつけてくださいね。

      14
      テーマ:
  • 28Sep
    • 強い氣に満たされている街、シドニー

      少し前の話になりますが・・・。私の尊敬する「ちば幕張イソカワ総合治療院」五十川宏幸先生のブログに、シドニーの風景写真を提供させていただきました。こちらが、先生のブログです。↓↓見える物から氣を得る「シドニー編」ハーバーブリッジに・・・オペラハウスに・・・ボンダイビーチ。シドニーのランドマークと言われるところばかりですが、どれも空が青くて、自然も建物も美しい!携帯で撮った写真とは思えないくらい、どれを見てもポストカードのよう。これらの風景から、五十川先生が独自の解釈で、写真から感じられるエネルギーを言語化されています。素晴らしいです・・・そんな視点で、これらの美しい景色を見たことなかったなぁ。シドニーには12年住んでいますが、これらの風景に飽きることがありません。日常的に「ああ〜!!綺麗だなぁ、シドニーは・・・!」と幸せな気分に浸っています。この地に宿る強いエネルギーに、身体が自然と浄化されているのかもしれません。ぜひ、ご覧ください。「ちば幕張イソカワ総合治療院」五十川宏幸先生のブログ見える物から氣を得る「シドニー編」

      8
      テーマ:
  • 02Jul
    • 緊急投稿!FMハイホーで私のインタビューが放送されます

      あっという間に1ヶ月が経ってしまいましたが実は私、FMハイホー(奈良)のラジオプレゼンター志保田 進さんがシドニーにいらっしゃった時にインタビューを受けました!!その時の、志保田さんのブログ記事がこちら。贅沢なガイドさんと一緒に行くシドニー観光シドニー在住日本人の方々とランチをご一緒させていただきましたすごく良い感じに紹介してくださっていてありがたい限り!!シドニーのことも気に入ってくださって嬉しいです。志保田さんのことは、このブログでも改めてご紹介いたしますが。。。取り急ぎ、その時に収録したインタビューの放送日が今日とのことで、こちらの方にもリンクを貼っておきますね!!セミリタイヤ生活のススメ(加藤久恵さん)このブログをタイミングよく読んでくださったあなた!!今、何時ですか???(時間をチェーック!!)奈良にお住まいじゃなくてもオンエアで同時刻に配信になります。もしもオンエアに間に合うようでしたら!もうそれは聴くしかない!!ってか、聴いてください!!!もう一度、リンクセミリタイヤ生活のススメ(加藤久恵さん)志保田さん、知識と経験が豊富でお話してても楽しくて笑いっぱなし。もちろん、お勉強になることも多くて。気さくでとっても素敵な方でしたよ。改めて、こちらでもご紹介させていただきますね!!それでは、皆さん素敵な週末を

      21
      テーマ:
  • 25Jun
    • 引っ越しでコンフォートゾーンを強行突破!

      しばらくぶりです。シドニー在住・ボイストレーナーの加藤久恵です。またもや「書かない習慣」から抜け出せないまま日々の雑事に追われる毎日を送っていました。その間、ネタには全く困らないほどいろいろなことをしていたのですが、・・・とにかくそれぞれの出来事については、これからキャッチアップを進めていこうと思っています。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆今日は、「コンフォートゾーンから抜け出す!」をテーマに書こうと思います。皆さんにとっての「コンフォートゾーン」ってなんですか?コンフォートゾーンといっても、場所だったり仕事だったり習慣だったり人間関係だったりといろいろな定義があるのですが。自分にとっての「習慣・慣れてしまった」ことです。慣れてしまったことを変え、新しい習慣を身につけるのには相当のエネルギーがいります。変わることの恐怖や不安が元の場所へ戻ろう戻ろうと働くからです。なぜこんな話をしているのかというと・・・私、コンフォートゾーンを強行突破したんです。実は!この6月に急遽、引っ越しをしました。この3週間、全ての荷物を運び出すということをしていました。7年半住み慣れた私の部屋が私にとっての「コンフォートゾーン」だったのです。外観は、なかなか可愛かったんですよ。7年間住めたのには理由がありまして・・・・家賃が安かった!(シティから電車で20分、駅から歩いて3分という立地で週200ドル以下)・場所が便利だった。行動範囲に合っていた。・建物がまぁまぁ新しかった・セキュリティアパートで安全・オーナーがしっかり管理していた・部屋はまぁまぁ広くて綺麗・ウォークインクローゼットがあった家族じゃない4人で一つのバスルームをシェアというのを除けば、気楽で自由で静かで、本当に快適だったのです。何より、物価高なシドニーで家賃の高騰は凄まじく今時その条件で家賃が週200ドルを切るというのが本当に有り難かった。でも、さっきも書きましたが4人でバスルーム一つというのが、結構なストレスになっていました。海外のバスルームは、一つの個室の中にシャワーブース、トイレ、洗面台が全て入っているスタイルが多く…私以外の入居者は99パーセントの確率で男性だったので毎回、男便所に入っているような感覚でした。男性用トイレとか、お手洗いって感じではないんです。「男便所」なんです。便器の蓋と便座が全開。(2度ほどお尻を便器に落とした)床が濡れている…!なにこのシズク?なんで水たまりができてるの?そして、臭いがひどい・・・トイレに入るたび床と便器を拭きまくり、腰を浮かせて用を済ませ()プライベートな空間だというのにいちいちストレスを感じていました。また、時間帯によってはタイミング悪くシャワールームが使用中で、何度ギリギリまで我慢して大変な思いをしたか分かりません。そのため、実家の母からは帰るたびに「携帯トイレ」を持たされました・・・ 高分子吸収樹脂で固める 携帯トイレ 持ち帰り袋付き 500cc 5P 972円 Amazon バスタブはあるものの、4人でシェアなのでゆっくり浸かることもありませんでした。そういうのが、ストレスになってじわじわ溜まっていたのだと思います。リサーチがてら、たまに思い出してはネットで賃貸情報を見ていたのですが、今時、同じような条件で週200ドルを下回る場所は皆無に等しく。。。もし見つけたとしても、自分にとっては遠すぎるか狭すぎるか、ルームシェアか・・・(さすがにこの年でルームシェアはキツすぎる)なかなか決められずにいたのですが、オウンバスルーム&バルコニー付きの素敵なマスタールームという物件を見つけ家を見に行った次の日に入居を決めてしまったのでした。引っ越しなど大きな出来事に関しては慎重な私なのに、珍しい!!*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆今までのところは、安くて気楽だった。住み慣れていたし、動くのも面倒だった。でも・・・安くて不便な住環境に甘んじている自分がたまらなく嫌だった。セルフイメージがだだ下がりする感じが自分でも嫌で嫌でしょうがなかったのです。このまま出るタイミングがなければ、あと何年この暮らしに甘んじるの?そこにいて幸せ?そこが私のいたかった場所?答えは「ノー」でした。なので、思いきりました。コンフォートゾーンからの脱出。私にとっては引っ越しで環境を変える!と決意したんです。当然、家賃は大きく上がる。でも外食とテイクアウェイを減らし必要なものだけを買うようにし、家賃に見合った収入を得られるよう頑張る!自分に相応しい住環境を作ろう!!そう決意しました。「動いて変わること」のリスクより、「変化を恐れて動かないこと」で時間やチャンスを失うリスクの方が怖いから。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆自分の直感や行動を信用しよう。自分の未来を信じよう。あなたの事も、応援していますね!!今日も良い一日を

      15
      テーマ:
  • 08May
    • チームワークでストーリーを歌う、バーバーショップアカペラ

      アメリカを拠点に世界中に加盟団体を持つBarbarshop 女声アカペラ「Sweet Adelines International」のオーストラリア代表チームに所属しています。エンデバー・ハーモニー・コーラスEndeavour Harmony Chorus先週金曜から日曜まで、合宿に参加していました。アメリカからコーチを招いての特別リハーサル。5月19日からパースで開催されるSweet Adelinesオーストラリア大会の本番まで、あと2週間です。バーバーショップスタイルアカペラは普通のコーラスと違って、表情はもちろん身体中を使って曲を表現します。今回も、アメリカの強豪チームを率いるコーチのLynn Smithから、楽しく厳しく愛のあるコーチングで多くのことを学びました。いくつか思い出せるだけ挙げてみます。◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇・パフォーマーとして、常にオーディエンスを意識する。・ただ歌うのではなくストーリーを語れ。・表現を大きく。エネルギーを出し惜しみしない!・キャラクターになりきる。・言葉一つ一つをちゃんと表現する。・全ての動きに意味を持たせる。・日常の悩みやストレスはリハ会場に持ち込まない。・チャンピオンであれ。もう既にそうであるように演じよ!・バーバーショップはチームワーク! 愛と喜びを身体中で表現しよう!◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇とにかく最初から最後まで歌って踊って学んで、泣いて笑って感動しまくりのコーチング。グループ全体のエネルギーレベルがグングン上がるコンペ前の高揚感がたまらなく好きです。パースでの本番は20日です。ステージに立つのが楽しみ!Sweet Adelines Australiaナショナルコンベンション 2017https://www.sweetadelines.org.au/convention/世界中を飛び回る、ショーマンシップコーチ、リン・スミス。ジョークがとにかく面白くて、3日間笑いっぱなし。

      18
      テーマ:
  • 25Apr
    • 好きな歌を楽しく歌うために〇〇をなくそう

      皆さん、こんにちは。シドニーから加藤久恵です。私は現在、ボイストレーナーとして、「話し声」「歌声」「自己表現」の3つをテーマに、ボイスメンテナンスの大切さと楽しさをお伝えしています。最近、「好きな歌を上手く歌いたい」と歌声レッスンを受講される方が多いのですが、「上手く歌う」の定義は人それぞれ異なります。憧れの歌手のように 歌いたい、高い音域の歌を無理なく歌いたい、人に聴かせられる歌を歌いたいー。レッスンでは、声帯トレーニングで声を磨きながらボーカルテクニックを身につけていきます。「自分は歌が上手く歌えない」という強い思い込みを持っている方も少なくありません。「音域が狭くて高い声(低い声)が出ない」「声が安定しない」「音が上手く取れない」「声がすぐに枯れてしまう」など声の悩み、さらに、「人前に立つだけで緊張してしまう」「上手く歌えなかったら恥ずかしい」というメンタル面での制限。皆さんも歌うことがお好きであれば、どれか一つでも共感できることがあるのではないでしょうか。私だって、あります・・・さて、歌のレッスンを行う上で、大事なポイントが2つあります。好きな歌を楽しく歌うためには「声が出ない」という思い込みと「体のりきみ」をなくすことです。まず、声が出ないという思い込みについて。誰もが赤ちゃんの時には、柔らかい体で息をたくさん吸い込み、何の遠慮も制限もなく、大きな声で泣いていました。今ここで泣いたら大人に迷惑かけるかなぁとか、おっぱい飲みたいってさっき言ったから、今は遠慮しようかな?とか今、ママ忙しそうだから、抱っこせがむのはやめておこうかな?とかまぁ、そんなこと考えないですよね。赤ちゃんは。それが大人になるにつれ、生活習慣や環境、ストレスや緊張で、本来の声が出せず、身体の響きを失ってしまいます。さらに体がりきんでいると、声を出すときに無理な力を声帯にかけてしまうので、喉が痛くなったり声が枯れやすくなってしまいます。ボイストレーニ ングでは、体のりきみや緊張をほぐしてから声帯周りの筋肉を鍛えていき、少しずつ、本来出せていた声を取り戻していきます。誰もが歌を上手く歌える要素を持ち合わせているので、それを信じてくださいね。では、声を出す前の簡単なウォーミングアップをご紹介します。歌う前や、長く喋る前にやってみてくだ さい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1. 首、肩をゆっくり回してほぐす。2. 力を抜いてあくびの声(ファルセット)で「はぁー」3. ハミングで高音から低音「んー」4. 唇をブルブルと震わせて声の高低。また1フレーズ歌ってみる。5.「う~」とサイレンのように発声。低音域と高音域をしっかり出す。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜好きな歌が思うように気持ちよく歌えたら、それはもう楽しいですよね。私自身もボイストレーナーとして、またパフォーマーとしてスキルを磨き続けるために、 日々ボイトレの知識やメソッドを学びながら実践を重ねています。受講生一人一人の声の悩みやニーズにピンポイントで応えたいので常に、勉強と進化・成長を心がけています。今年は、豪州唯一の日本語で教えるボイストレーナーとして「Refine Voice Project 2017」と題し、ボイストレーニングの他に、ステージ発表会やボイスワークショップ、ボイスケアアドバイスなど、声にまつわるイベントも積極的に企画・開催していますので、興味のある方はお気軽にお尋ねくださいね。最後までお読みくださり、ありがとうございました。スカイプレッスン、始めました。日本からもレッスンのお問い合わせ、お待ちしています!Plus Voice Creation

      11
      テーマ:
  • 24Apr
    • 声を出すって気持ちいい!

      こんにちは。シドニー在住のボイストレーナー、加藤久恵です。私はシドニーに来る直前まで日本でアナウンサーの仕事をしていました。2003年に来豪。紆余曲折を経て、現在シドニーでボイストレーナーをしています。私自身、声を使って表現することが大好きで、日本にいた頃からボイスドラマを制作してラジオ番組で流したり、ドラマCDの販売をしたりしてきました。シドニーでも時々、受講生と一緒にボイスドラマを制作していますが、去年は私自身がボイスエンターテイナーとして、パペットを使った腹話術ショーや腹話術を交えたリポート動画を制作し、ソーシャルメディアや動画サイトで発信し始めました。初めての腹話術ライブこの頃は、まだパペットの扱い方もよく分かっていませんでした。私の「声」へのこだわりは、アニメ好きだった子供時代から始まります。お目当てのテレビアニメを、当時はビデオデッキがなかったため、テレビの前にカセットデッキを置いて録音していました。それを何度も聴いているうちに、声の演技の魅力に取りつかれます。当時から引っ込み思案だったけれど歌や演技といった表現が大好きだった私は、姿を見せない「声優」という仕事に興味を持ち始めました。以来、声を変えてセリフを言う練習をし、弟や友達を巻き込んでマンガの本を声に出して読む、声優ごっこに興じたわけです。アナウンサーとなってからは、ラジオDJやナレーション、ニュースリーダーやリポーターなど、たくさんの経験をしました。個人的には顔を出すテレビやイベントの司会より、断然ラジオDJやナレーション、声優の仕事が好きでした。声だからこそできる表現法は幅広く、声が心や身体、人の印象までに大きな影響を与えることにも気が付きました。ボイストレーニングの受講生の多くが、声や話し方に何らかの悩みを持っています。人前で歌ったり話したりすることに極度の恐怖を抱える人、それがゆえに自分自身をうまく出せない、人とのコミュニケーションがうまく取れず悩んでいる人も少なくありません。レッスンを通して感じたことは、みんな本当は「声」を出したいのだということでした。声を出して、自分自身を表現したいという欲求が潜在的にあるのです。なぜかというと、声は呼吸と同じでありエネルギーでもあるので、声を出すと気持ちが良いわけです。スピリチュアルな表現になりますが、大声を出すと波動エネルギーが高くなるといわれます。良い波動は良いことを引き寄せる。であれば、思うように自分の声が出せたら良いですよね。それが、うまく出せないのはなぜか。それは声にまつわるコンプレックスが制限となっています。人前で恥をかいた、緊張して頭が真っ白になってしまった、子どものころから言いたいことが言えなかった経験、うまくやらなくては、というプレッシャー。自分の声が好きになれなくて・・・という劣等感もあるでしょう。それら「声」にまつわる過去の経験やコンプレックスが、いざ話そうとすると骨の周りの筋肉に無意識の緊張を走らせ、声の響きを抑制してしまうのです。だからノドを使って無理やり声を出そうとしてしまうのですね。それでは本来の力が発揮できません。赤ちゃんの頃は遠慮なく泣いていた私たち。小さな体であんなに大きな声が出るのですから、なんとか声のコンプレックスを解消して、本来の大きく響く声で、自身を表現してもらいたいのです。コンプレックスの克服は「自信」を持つことだと思っています。では、どうやったら自信が持てるか。それは小さな成功体験を積むこと。声の悩みは声を出すことでしか解消しません。私のボイストレーニングでは、声を磨くだけではなく、歌や朗読、スピーチや声優劇を通して自己表現・自己の解放をしてもらいます。実際、ボイストレーニングを受けて人生が大きく変わった受講生がいます。彼は最初、消え入りそうな小さな声で人前でもうまく話せずモジモジした印象がありましたが、今では立派に一人舞台でパフォーマンスができるまでになりました。昨年より、「ボイスフェスティバル」なるステージ発表会のプロデュースを始めました。舞台経験のない人や、発表のチャンスがない人が、歌や朗読、スピーチといった「声」のパフォーマンスを通して自己表現をするのです。本番を終えた参加者の晴れやかな表情を見て、やっぱり声を出すって気持ちが良いのだと確信しています。==================第3回ボイスフェスティバル(シドニー)==================◆こんな方にオススメ◆ *パフォーマンス発表の機会がない*練習の成果を発表したい*グループで何かを作って発表したい*密かな特技がある*舞台でやってみたいことがあった*今までやったことのないことに挑戦したい*カラオケじゃ物足りない*舞台に立ったことがない*人前に立つのが苦手 ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ 【開催日】2017年5月28日(日) 14:00-17:00 【会場】All Age Music School Rehearsal studio(2B/391 Enmore Road, Marrickville) 【参加費】・1人参加 1枠30ドル 15分以内・ 2人参加 1枠50ドル 15分以内・3人以上のグループ参加 1枠一人につき15ドル 15分以内ースペシャルパッケージー・1人80ドル ボイスフェスティバル参加費(30ドル)に、60分のボイストレーニングと30分のボイスコンサル(90ドル相当)を付けたお得なパッケージ料金です。コンサルでは題材選びからボイスチェック、ショーマンシップのアドバイスをいたします。要予約。グループ参加の方はご相談ください。  【オープンリハーサル (任意)】2017年5月14日(日)10:00-12:00※今回も、当日と同じステージにてリハーサル日を設けております。マイクリハーサルやステージチェックなど、必要な方は是非ご参加ください。参加費は当日の参加人数で会場レンタル料をシェアします。(10ドル程度) ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^【注意事項】・1枠は、「出入り」「紹介&演目」全てを含め15分以内です。もちろん15分に満たなくても大丈夫です。・内容によっては1枠を2回に分けて発表しても結構です。・参加費は事前のお振込、もしくは当日までにご入金をお願いいたします。ただし、参加者が出場枠をオーバーした場合は入金完了の方を優先させていただきますのでご了承ください。・出演お申し込み締め切り 5月6日(土)・観覧のみ 5ドル(当日、会場にてお支払いください)12歳以下のお子様は無料です。 ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ 【出演をご希望の方へ】お申し込みフォームはこちらです。https://pro.form-mailer.jp/fms/13896155121179出演お申し込み締め切りは、5月6日(土)です。

      8
      テーマ:
    • ローカルカフェで食い逃げ寸前

      先月、念願の車を購入してから、休日は気ままにドライブを楽しんでいます。今日は午後からシドニー南部のビーチを訪れてみました。最初に着いたのはKurnell Dog Beach 。穏やかでのんびりした雰囲気!犬がたくさん遊んでいました。ここはペットの犬と一緒に泳げるビーチなんだそうです。🐶🐕次はクロヌラビーチに行ってみました。いつも利用するCity Rail ブルーのライン(Illawarra Line) の終点です。初めて訪れたクロヌラビーチは、南のマンリーかというほどローカルの人々で賑わっていて、すごく良い雰囲気でした。普通のカフェを見つけて、外のテーブルでコーヒーをいただきながら、しばし自分会議…。寒くなってきたので、Thank you〜と席を立ったのでした。10分ほど歩いて、停めてあった車に乗ろうとした瞬間、お金を払っていないことに気付いてビックリ!!テーブルでオーダーして後払いのお店だったのです。慌てて戻りました。カフェのカウンターで「す、すみませんっ!お金払ってませんでした!!」というと、「えっ?あら本当だ〜!!」と店員さん。気付いてなかったのね。。。ローカルの、ノンビリした雰囲気いいなぁ。食い逃げしなくて本当に良かった…実は、一瞬だけ迷ったんですよね。えっ、このまま帰ったら分からないんじゃない?って。でも、思ったんです。そんなことしたら・・・「私は食い逃げしても平気な女である」そんなセルフイメージが付いてしまう・・・いやだ!!!それに、そういうことをすると、別の形で必ずお金が出て行くことになる。お店も損になります。つまり、何らかの形で、私が損をすることになります。自分のしたことは、回り回って、必ず自分の身に返ってくるんですよね。お店の人の「Oh...Yes, indeed!!」というビックリした顔を見てああ良かったって思いました。自分の心を汚さないように・・・正直に生きよう。夕暮れのクロヌラビーチ。

      3
      テーマ:
  • 22Apr
    • 自分を輝かせる場所はどこですか?

      皆さん、こんにちは。シドニーの在住のボイストレーナー、加藤久恵です。さて皆さんは表舞台に立つ人ですか?それとも裏方で人を輝かせる人ですか?私は歌をメインとした音楽活動でステージに立つ機会がとても多いのですが、シドニーで開催される日本のイベントに出かけると、音楽や舞踊、伝統芸能、武芸など、いろいろな表現でステージ発表されている方が多いことに驚きます。年齢性別関係なく、堂々とパフォーマンスされている姿はそれぞれに美しく輝いています。海外で多国籍な観客を前に日頃の練習の成果を発表する場があるのは、本当に幸せなことだと思います。もともと引っ込み思案な性格の私は、子どもの頃から文化祭や音楽祭などで、ステージに立ちたいのだけど恥ずかしくて手を挙げることができず、いつも「その他大勢」でした。そんな私の初舞台は、小学4年生の時。ショッピングセンターの屋上で行われた「ちびっこカラオケのど自慢大会」です。シャイな私が初めて挑んだソロステージ!選んだのは石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」!!子どもながらこぶしを回して熱唱し、審査員からは「感情がこもっていますね」とのコメントをもらいました。小学生でどんな感情を込めていたのかは自分でも謎ですが、参加賞をもらって大満足。ステージに立つことの快感に目覚めたのは、それがきっかけだったように思います。人間には他者からの承認欲求や自己実現欲求があるため、観客から拍手や歓声、ポジティブな評価をいただくこと、努力や実力を認めてもらうことには本能レベルで喜びを感じるのだと思います。私も本番ではアドレナリンが放出するのか、楽しさのあまり、練習で大変だったことなど全て吹き飛んでしまいます。もちろん緊張したり、うまくできなかったことを悔やむこともありますが、ステージに立っている時の自分が一番好きで、自分を輝かせることができる場所なのだと思っています。私の場合はステージパフォーマンスですが、縁の下の力持ちとしてイベント運営、準備などに力を発揮されている方たちも、その姿の輝きに違いはありません。一生懸命な人は、それぞれが人生という舞台の主役なのです。あなたが輝ける場所はどこですか?〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【第3回ボイスフェスティバル参加者募集中!次は貴方の出番です!】歌うことが好き。人前で何か表現してみたい。誰かと何かを創りたい…。でも、発表のチャンスがない! そんなあなたに是非ご参加いただきたい「声」の祭典、「ボイスフェスティバル」第3弾!! ******************* 夢のソロステージ、観客を前にしたステージパフォーマンスを、まずはボイスフェスティバルで叶えてみませんか? 歌、朗読、劇、スピーチ、弾き語り、プレゼン、漫才、落語、浪曲など、出し物は「声を使って表現すること」であれば何でもOK! ミュージックスクールのリハーサルスタジオに設置された小さなステージなので、人前に立つことが苦手な方でも気軽にチャレンジしていただけます。 また、パフォーマーの方は普段とは違うレパートリー、違うパフォーマンスを披露のチャンスです。 コスプレ、仮装、華やかなステージ衣装での出演、大歓迎!新たな自分を発見し、新しい扉が開くかもしれませんよ!! イベントを一緒に盛り上げたい!お友達を応援したい!という方は、ぜひ「観覧」という形で参加してくださいね。 ◆こんな方にオススメ◆ *パフォーマンス発表の機会がない*練習の成果を発表したい*グループで何かを作って発表したい*密かな特技がある*舞台でやってみたいことがあった*今までやったことのないことに挑戦したい*カラオケじゃ物足りない*舞台に立ったことがない*人前に立つのが苦手 ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ 【開催日】2017年5月28日(日) 14:00-17:00 【時間】13:00-14:00 テクニカルリハーサル14:00-17:00 ボイスフェスティバル18:00-20:00 懇親会 【会場】All Age Music School Rehearsal studio(2B/391 Enmore Road, Marrickville) 【参加費】・1人参加 1枠30ドル 15分以内・ 2人参加 1枠50ドル 15分以内・3人以上のグループ参加 1枠一人につき15ドル 15分以内ースペシャルパッケージー・1人80ドル ボイスフェスティバル参加費(30ドル)に、60分のボイストレーニングと30分のボイスコンサル(90ドル相当)を付けたお得なパッケージ料金です。コンサルでは題材選びからボイスチェック、ショーマンシップのアドバイスをいたします。要予約。グループ参加の方はご相談ください。 【参加特典】当日のステージ動画ノーカット版および写真と、ダイジェスト版ムービーをプレゼントします。舞台発表の記念になりますよ。(Facebook,Youtubeなどのソーシャルメディアに顔出しNGの方は事前にお知らせ下さい) 【オープンリハーサル (任意)】2017年5月14日(日)10:00-12:00※今回も、当日と同じステージにてリハーサル日を設けております。マイクリハーサルやステージチェックなど、必要な方は是非ご参加ください。参加費は当日の参加人数で会場レンタル料をシェアします。(10ドル程度)リハに参加できなくても28日のステージ参加は可能ですので、ご安心ください。なお、14日のご都合が悪く、他の日にリハーサルをご希望の方は、お気軽にご相談ください。 ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^【注意事項】・1枠は、「出入り」「紹介&演目」全てを含め15分以内です。 もちろん15分に満たなくても大丈夫です。・内容によっては1枠を2回に分けて発表しても結構です。・2枠希望の方はご相談ください。参加チームの数によっては1枠に限らせていただく場合があります。・参加費は事前のお振込、もしくは当日までにご入金をお願いいたします。ただし、参加者が出場枠をオーバーした場合は入金完了の方を優先させていただきますのでご了承ください。・出演お申し込み締め切り 5月6日(土)・観覧のみ 5ドル(当日、会場にてお支払いください)12歳以下のお子様は無料です。 【その他】・スタジオにはマイク、ピアノ、ドラム、アコースティックギターがあり、自由にお使いいただけます。・キーに合わせたカラオケ音源製作が必要な方、ご相談ください。・出場枠には限りがございますので、出演希望の方は早めの参加表明をお願いいたします。^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ 【出演をご希望の方へ】お申し込みフォームはこちらです。https://pro.form-mailer.jp/fms/13896155121179上記アドレスをクリックし、フォームにご記入いただいた後、クリックボタンを押してください。追って、参加費お振込のご案内をさせていただきます。

      4
      テーマ:
  • 21Apr
    • 大きなステージでも緊張しない4つの方法

      こんにちは。シドニーから、ボイストレーナー・エンターテイナーの加藤久恵です。アカペラコーラスやポップ・デュオ、またソロシンガーとしてステージに立つ機会が多い私。よく「緊張しませんか」と聞かれますが、「しません」というと嘘になります。やはり本番を何度こなしても、直前までは歌詞や振り、MCのことで頭がいっぱいになり、ドキドキしてしまいます。それでも本番に、よりリラックスして楽しくステージをこなすために、私が必ずやっていることを今日は皆さんにお伝えしたいと思います。まず一番大事なのは、呼吸です。緊張するとどうしても呼吸は浅くなってしまいますが、浅い呼吸で発声すると浅い声、つまりノドに負担のかかった声で歌うことになってしまいます。緊張したときこそ鼻から大きく息を吸い、口からふぅーっと吹き出す、腹式の深呼吸を何度も繰り返します。そうすると、次第に落ち着きを取り戻してくるんですね。この腹式呼吸で落ち着くのには理由があります。まず副交感神経が優勢になり、自律神経が整います。血流も良くなるので身体が温まり、リラックスしてきます。身体がリラックスするとメンタルも安定し、集中力が高まります。充分に息を吸った上で発声すると、声そのものも安定し、伸びやかで響きのある声で歌うことができるんですね。次に大事にしているのは、イメージの力です。ステージに立つ直前まで頭の中では、堂々と笑顔で歌う自分の姿をイメージします。観客の笑顔と歓声、スポットライト、拍手に至るまで、かなりリアルにイメージします。その映像が感覚で捉えられるようになれば、そのテンションのままステージに上がれるので、たとえアクシデントがあったとしても落ち着いて乗り切ることができるのです。イメージするのと同時に、私はアファメーション (ポジティブな言葉で自己暗示)をしています。「今日も絶好調!声も良く出るし、最高のステージになる!」「今日もイケてる私!ステージで輝くわよ~」などと、言葉のパワーで自分を奮い立たせます。頭の中で自分を褒めるぶんには誰にも迷惑かけませんからね。(笑)「言霊」の言葉通り、自分でかける言葉のシャワーは強力です。呼吸、イメージ、言葉で自分をベストコンディションに持っていくのですが、おまけで、取っておきのテクニックを。自分を客観的に見る「他者目線」というのも大きな効果があるのでオススメです。私は大きな舞台の袖に立つと、頭の中にドキュメンタリー番組「情熱大陸」のテーマソングと、ナレーションが流れてきます(笑) 。自分が主役のドキュメンタリーです。本番に挑む直前の、真剣な表情をカメラが捉えている様子を、視聴者の目線で見てみます。これ、不思議なパワーが湧いてくるので 、ここぞという時に良かったらやってみてくださいね。さぁ、大きく息を吸って〜!!今日も、あなたのステージを輝かせてくださいね

      5
      テーマ:
  • 20Apr
    • 大人のための夢のステージ、ボイスフェスティバル

      去年から、シドニーで「ボイスフェスティバル」なるイベントを運営しています。最初は、ボイストレーニングの受講生の発表の場という位置付けだったのですが、せっかくなので、多くの人にステージパフォーマンスの楽しさを体験していただこうと、オープンステージにしました。これまで2回開催していて、出し物も歌、朗読、プレゼン、ボイスドラマ、弾き語りなどバラエティ豊かです。第1回ボイスフェスティバルの予告ムービー(2016年11月)どうですか?なかなかいい感じでしょ?ムービー作りにも凝っていまして、毎回イベントの予告ムービーとダイジェストムービーを作成しています。第2回ボイスフェスティバルの予告ムービー(2017年2月)それにしてもシドニーには芸達者な人がいっぱいいるんですねー!!ソロステージなんて生まれて初めて!という参加者も多いのですが、みなさんアットホームな雰囲気の中、緊張感を乗り越えて、とても楽しんでいらっしゃる様子が見て取れます。出演者も観覧者も「楽しかった〜!次はぜひ出たい」と言ってくださるほど。イベントとしての注目度もどんどん高まっているような気がします。オーストラリア最大の日本語フリーペーパー「日豪プレス」4月号にも、ボイスフェスティバルのことが紹介されました。 さて、現在、「第3回ボイスフェスティバル」の出場者を募集中です。今回も個性豊かなパフォーマーが続々と集まっています!!どんなステージになるのか今から楽しみです。********************せっかくですので、こちらでもイベント詳細を案内させてくださいね。【第3回ボイスフェスティバル参加者募集中!次は貴方の出番です!】歌うことが好き。人前で何か表現してみたい。誰かと何かを創りたい…。でも、発表のチャンスがない! そんなあなたに是非ご参加いただきたい「声」の祭典、「ボイスフェスティバル」第3弾!!◆こんな方にオススメ◆ *パフォーマンス発表の機会がない*練習の成果を発表したい*グループで何かを作って発表したい*密かな特技がある*舞台でやってみたいことがあった*今までやったことのないことに挑戦したい*カラオケじゃ物足りない*舞台に立ったことがない*人前に立つのが苦手 ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ 【開催日】2017年5月28日(日) 14:00-17:00 【時間】13:00-14:00 テクニカルリハーサル14:00-17:00 ボイスフェスティバル18:00-20:00 懇親会 【会場】All Age Music School Rehearsal studio(2B/391 Enmore Road, Marrickville) 【参加費】・1人参加 1枠30ドル 15分以内・ 2人参加 1枠50ドル 15分以内・3人以上のグループ参加 1枠一人につき15ドル 15分以内ースペシャルパッケージー・1人80ドル (ボイスフェスティバル参加費に、60分のボイストレーニングと30分のフリーボイスコンサルを付けたパッケージ料金です。コンサルでは題材選びからボイスチェック、ショーマンシップのアドバイスをいたします。要予約) 【参加特典】当日のステージ動画ノーカット版および写真と、ダイジェスト版ムービーをプレゼントします。 【オープンリハーサル (任意)】2017年5月14日(日)10:00-12:00※当日と同じステージにてリハーサル日を設けております。マイクリハーサルやステージチェックなど、必要な方は是非ご参加ください。参加費は当日の参加人数で会場レンタル料をシェアします。(10ドル程度)^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^【注意事項】・1枠は、「出入り」「紹介&演目」全てを含め15分以内です。もちろん15分に満たなくても大丈夫です。・内容によっては1枠を2回に分けて発表しても結構です。・参加費は事前のお振込、もしくは当日までにご入金をお願いいたします。ただし、参加者が出場枠をオーバーした場合は入金完了の方を優先させていただきますのでご了承ください。・観覧のみ 5ドル(当日、会場にてお支払いください)12歳以下のお子様は無料です。 【その他】・スタジオにはマイク、ピアノ、ドラム、アコースティックギターがあり、自由にお使いいただけます。・キーに合わせたカラオケ音源製作が必要な方、ご相談ください。^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ 【出演をご希望の方へ】お申し込みフォームはこちらです。https://pro.form-mailer.jp/fms/13896155121179出演お申し込み締め切りは、5月6日(土)です。********************私を輝かせてくれたもの・・・それはステージでした。「ボイスフェスティバル」が多くの人を輝かせる夢のステージへと成長するように、私もイベント開催を通して皆さんへの夢のプロデュースを精一杯させていただこうと思っています。

      1
      テーマ:
  • 19Apr
    • シドニー生活15年目突入!

      こんにちは!シドニー在住、ボイストレーナー・ボイスエンターテイナーの加藤久恵です。2003年4月18日は、私が初めてシドニーに降り立った日。昨日は14周年の記念日でした。こんなに長く海外に住むなんて夢にも思っていなかったけれど 、まだこうしてシドニーにいることを、今でも不思議に感じます。まだまだやりたいことはたくさんあるし、きっとこれから、大切な人との出会いがあるのかもしれません。15年目を迎え、未来に期待を膨らませつつ、恵まれていることに感謝をし、今を大切に生きていきたいと思います。

      3
      テーマ:
  • 17Apr
    • インナーチャイルドとの対面

      私がブログを再開しようと思った理由をお話しようと思います。4月に入り、日本は入学シーズン。私の二人の弟のそれぞれの娘たちも、小学校と高校に上がりました。その入学式の写真が日本からLineで送られてきました。いわゆる学校正門前の「入学式」と筆で書かれた大きな看板前で撮った親娘写真です。その話題をネタにしてFacebokに記事を挙げようと思って、ふと思い出しました。そういえば私、自分の入学式の時の写真を持ってたなぁ・・・姪っ子たちの写真を載せるのもナンだし、自分の写真でも挙げようか・・・で、載せた写真が、これです。当時5歳。これ、小学校入学式の朝に、自宅(母が自宅で美容院を営んでいました)前で撮った一枚。昔からこの写真を見るたびに「変な髪型だなぁ」とか「恥ずかしがり屋さんってのが出てるわ・・・」ぐらいの感想しか持っていなかったのですが、久しぶりに見ると、今までと違う感情が湧き上がったのです。私のインナーチャイルドって、こんな感じなのかも…。そう思うと、なんだか愛おしくて、可愛くて、そして可哀想になってきてしまったのでした。5歳の私は、現在の私の様子を見てなんて言うかな?ごめんね、独りで寂しいよね・・・ごめんね、こんな小さなお部屋で。ごめんね、こんな古びたお洋服を着せてしまって。ごめんね、こんな適当なものを食べさせてしまって。ごめんね、やりたくもないことをやらせてしまって。ごめんね・・・この、5歳の時の自分の写真は、私の心に意外なインパクトを与えました。そして「この子を幸せにしてあげられるのは、私しかいない!」そう強く思ったんです。そこからです。お部屋をできるだけ綺麗に片付けるようにし、できるだけ身体に良いものを摂るようにし、できるだけ心の赴くまま、心がハッピーな選択をするように意識が変わったんです。今まで、いろいろなモチベーション系・気づき系ワークをしてきましたが、これまでのどんなワークよりも効きました。今、この写真をプリントアウトしたものが机の前の壁に貼ってあります。ふと目を上げると、5歳の私がにっこりとはにかみながら今の私をじっと見ています。自分を泣かせてしまったこと、いじめてしまったこと、痛めてしまったこと、色々と思い起こすと胸が締め付けられるような思いになります。今からでもいい。この子の未来を、私が良くしてあげよう。この子の幸せのために、私は幸せになろう。そう思って、今まで心に引っかかっていたことを一つ一つ片付けているところです。そんなわけでアメブロ再開しました。ブログを書きたいと思っていながら書くことができず、ずっと心に引っかかっていました。この気づきも、ぜひ書きたかったんです。皆さんも、良かったら子供の頃の自分の写真を見つめて問いかけてみてください。5歳の私、今の私を見てなんて言うかな・・・心の中の子供の自分、インナーチャイルドとの対面が、今を見つめる良いきっかけになるかもしれません。

      5
      2
      1
      テーマ:
    • 大切なのは気合いでも根性でもなく

      こんにちは。シドニー在住のボイストレーナー・ボイスエンターテイナー、加藤久恵です。本当にお久しぶりです。どれだけぶりですか? えっ!7ヶ月?今まで何をしていたかというと…。忙しさにかまけていました。いやいや。正直に言いますと、なかなか書く気になれなかったのです。ごめんなさい…でも、この半年間何もなかったわけではなく、むしろいろいろなことがありました。たくさんの気づきもあったし、それなりに進化成長もしているはずなんです。なのに…この半年で「ブログを書かない習慣」ができてしまって、なかなか抜け出せずにいたんです。私、つくづく思ったんです。何かを成し遂げるために大切なのは、気合でも根性でもなく、習慣なんだと。習慣にするために、継続することなんだと。これが、難しい。何故かと言うと、人は楽な方へ楽な方へと行きたいんです。更に、「恒常性 (ホメオスタシス)」といって、ある一定の状態に保とうとする習性があるんですね。習慣が習慣として身につくまで、平均3週間つまり21日間かかると言われています。私はブログを書かない習慣からブログを書く習慣に21日間かけて戻していきたいと思っています。もう一度。一つのことを成し遂げるには、気合でも根性でもない。習慣を変えること。完璧主義はやめます。できるだけ素直に正直に、ありのままの状態で、文章を綴っていきたいと思っています。改めて、よろしくお願いいたします。

      7
      テーマ:
  • 26Aug
    • シドニーは桜が満開!

      先週末から、オーバーンの植物公園で開催されている「桜まつり」にパフォーマーKatieCueとして初参加してきました!オーバーンに日本庭園があるとは聞いていたけれど、ここまで本格的に立派な日本庭園だとは!桜が8分咲きとなっていて、かなり見応えありました。まっすぐ歩けないほどに、すごい人です!!カウラの桜まつりも感動しましたが、シドニー近郊にこんな立派な桜の名所があるのは嬉しい衝撃でした。土曜日の衣装は、春の妖精をイメージして。PokemonGoが世界的にブームになっているのでポケモンの歌も!二日目は、ガラリと雰囲気を変えて、くのいちルックです。せっかく買ったのだけど、QP☆Honeyで着る当てがなくなってしまったので、ここで初めて着てみました。うーん、これはこれで、いい感じ!ちなみに、私が立たせていただいいたのは「原宿ステージ」。他にはダンスパフォーマーや素晴らしいフラフープのエンターテ―ニングバンド演奏にFull Moon Band青空ファミリーさわやかバンドJポップの弾き語り(ちなみに美穂さん↑とは、このアメブロがご縁で知り合いました)などなど。これは、ほんの、ほんの一部ですが、原宿ステージだけでも、日本人パフォーマーが数多く参加し、訪れた家族連れやカップルたちがステージを楽しんでいました。そんな桜まつり、今週末も行われます!!日本の伝統芸能を堪能できるステージもあり、そこでは和太鼓や琴、相撲のデモンストレーションなどが楽しめます。他には屋台や、日本文化を楽しめるワークショップ・ブースなど日本の趣ある「さくら祭り」をたっぷり楽しめるイベントになっています。お天気もよさそうだし、何より今週末はさくらも満開の予想!ドライブがてら、ぜひ足をお運びくださいね。☆★☆ステージのお知らせ☆★☆27日(土)9:50、28日(日)両日とも9:50から15分間。KatieCue (ソロ)として「シドニー桜まつり」に参加します!!【場所】 Auburn Botanic Gardens【アクセス】シティレール Auburn駅より無料シャトルバスが15分おきに往復運行【住所】 Chiswick and Chisholm Roads, Auburn, NSW【電話】 +61 (0)2 8745 9746【入場料】 $5.00(16歳以下と着物及びコスプレ着用の方は入場無料)【ウエブ】 AUBURN BOTANIC GARDENS会場で見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。動画を作りましたー♪私の歌ってる姿もチラリと入れてみましたので、ぜひ見てくださーい!!ではでは、皆さん素敵な週末を☆彡

      34
      テーマ:
  • 18Aug
    • 子ども達の笑顔のために

      QP☆HoneyのときもKatieCueのときも、ステージに立つときは華やかな衣装を身につける私。これまではイベント会場で、大人の方たちから声をかけられ、写真を撮っていただくことが多かったのですが、最近は子どもたちに囲まれる機会が増えてきました。お子さんを連れたお母さんが、写真を一緒にと声をかけてくださったり、子ども達のほうから駆け寄ってきたり。女の子は割と積極的で、男の子の多くはなかなかカメラを向いてくれません。どちらにしても、子どもたちが笑顔を見せて喜んでくれる姿を見るのが、私にとって最も幸せな瞬間です。今年に入って何度かさせていただいたチアリーディングとのコラボパフォーマンスも、子ども達との結びつきを強めてくれました。ご父兄が一斉にスマホカメラを向ける中、懸命に前を向いて踊る子もいれば、後ろで踊る私たちのことをチラチラ振り返りながら踊る子も。子どもたちの元気で可愛いダンスパフォーマンスに、会場の雰囲気も一気に和らぎます。写真は2016年2月、KatieCueとして初めてのソロステージ。私たちもみんなに声をかけ、気分はまるで「歌のお姉さん」。いや、保育士でもある私にとって、ちびっこの扱いはお手のモノ。本番後には駆け寄ってきて、熱烈なハグをくれる子どもたち。そして、キラキラの笑顔で「お姉ちゃんみたいになりたい!」 ・・・最高に嬉しい一言です。私も、リアルとファンタジーの区別がつかないほどの幼い頃は、テレビに出てくる妖精やお姫様に強く憧れました。今ほどドレスアップが気軽にできるような時代ではなかったので、お風呂上りでもないのにシュミーズ一枚で、菜箸をくるくるさせながら妖精ごっこに興じました。しかし学校ではとてもシャイな子どもだったので、学校祭のステージ発表ではいつも「その他大勢」。お姫様役の同級生を羨望のまなざしで見つめながら、自分もいつかヒラヒラのドレスを身にまとってみたいと夢見たものです。そんな私が、今は華やかなコスチュームを身に着けてステージで踊り歌っているのですから、人生、本当に分かりませんね。☆★☆ステージのお知らせ☆★☆8月20日(土)9:50、21日(日)11:5027日(土)9:50、28日(日)9:50KatieCue (ソロ)として「シドニー桜まつり」に参加します!!【場所】 Auburn Botanic Gardens【アクセス】シティレール Auburn駅より無料シャトルバスが15分おきに往復運行【住所】 Chiswick and Chisholm Roads, Auburn, NSW【電話】 +61 (0)2 8745 9746【入場料】 $5.00(16歳以下と着物及びコスプレ着用の方は入場無料)【ウエブ】 AUBURN BOTANIC GARDENS久し振りのソロステージ!!頑張ってきますね~

      11
      テーマ:

プロフィール

ボイス&動画クリエーター 加藤久恵のプロフィール

ボイス&動画クリエーター 加藤久恵

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
こんにちは。加藤久恵です。 たくさんのブログの中から見つけていただき、ありがとうございます。 現在...

続きを見る >

フォロー