最初の検査は採血だったかな?

 

いつも注射が大嫌いなことを看護師さんにカミングアウトして、注射への恐怖をやわらげます。

自分のなかに、多少のプライドを持たせて、看護師さんへの見栄で乗り切る感じの昔からの生きるすべ。

 

いつもの人間ドックで使っている道具と違って、細目の針に短めのチューブが付いているものを、採血管を差し替えて、あっという間に採血管3本分の採血終了。

 

あの針いいなー。痛くないように細めでコスト高いのかな?

健保の人間ドックでは使ってくれないでしょう。

 

余裕で採血終わって、気持ちは晴れ晴れ。

あとは何かなー?なんて余裕を持っていました。

 

そして、次は心電図だったかな?

サクッと心電図。

特に問題もなく、いつもの人間ドックのような感じの検査でした。

 

それからのエコー?ゼリーつけた超音波のやつ。

 

待ってる間にサクッと検尿もすませて、意気揚々と診察ベットへ。

 

超音波検診の小さめのベット。暗めの診察室。

人間ドックのときも、いつも好きなシチュエーションなのです。

が、今回のエコー担当は男性でした。(^_^;)

 

首をメインにじっくりと。

いつも人間ドックでお腹を見る時よりも、5倍くらい時間をかけてたかも。

 

今考えると、きっとそれなりな血管が写っていたからなんでしょう。

 

そして、レントゲンを何枚か。

このレントゲンは骨格の確認かしら?

何に使われたか覚えていません。

 

そして、MRI。