こんばんわ虹

争いの根幹に気付かない人達~
↑の続きになりますが

僕は日頃から

今のLGBT運動のあり方に
苦言を呈していますが

これでも僕は
腐ってもLGBTに属する人間なので


別垢成り済まし批判行為をしていた方の
もう一つの行為を
僕はどうしても認める事ができないのです


ごめんなさいね
決して争うつもりなどなく

どうしても認める事が出来ない
その理由を これからお話しますね


争いの根幹に気付かない人達~
↑の記事でも話しました
同性愛カテゴリのブログを閉じられた
女性①(りさん)は
僕と同じLGBTに属するレズビアンで

別垢で女性①を小馬鹿にしたブログを立ち上げた
女性②(コさん)も 女性①と同じレズビアンです


女性①と女性②は共にレズビアンで
僕と同じLGBTに属する人ですが



LGBTの皆さんの中には
カミングアウトしていない人も
大勢いるでしょう


僕もカミングアウトしてません


なかには 両親にはカミングアウトしても
職場ではカミングアウトしていない人も
大勢いるでしょう


職場や友人知人にはカミングアウトしていても
両親や親族にはカミングアウトしていない
人も大勢いるでしょう


それらは全て
その人が決めるべき事で
強制されるものではありませんし

カミングアウトする事が
良いと言う風潮も
僕は間違いだと思いますが

今回そこは置いといて




カミングアウトに関しては
その人個人の判断で決めるべき事であって

女性①の人は
リアルでは誰にもカミングアウトしていないのです


ですがカミングアウトしていない事を逆手にとり
女性①がビアンである事を知った
【女性①のことを嫌う元同僚】が

女性①の弱みを握った如くに
プライベートなブログにまで土足で入り込み

ブログ内で女性①を敵視している人達に
近寄る行為は 人として如何なものでしょう



そして その元同僚に近寄って
女性①を小馬鹿にするブログを
立ち上げた女性②の行為は

人として如何なものでしょう



ぼくが一番認める事ができない事は

元同僚が女性①のリアルでの事実とやらを
女性②に全て話して

女性②は 女性①の弱みを握ったまま

別垢で女性①を小馬鹿にしたブログを
立ち上げて延々と嘲笑っていたことが


ぼくは そのやり様が
どうしても認める事が出来ないのです



女性②の人も
LGBTに属する人であるなら

カミングアウトしていない人の気持ちは
分る筈なのに 何故

女性②は女性①の元同僚に近寄ったのか?

それとも

女性①の元同僚が女性②に近寄ったのか?



どちらが先に近寄ったのか
分かりませんが

そこはどちらでも同じであり



腐っても 同じLGBTであるなら
女性②の取るべき行動は

優しさ 思いやりある人なら

女性①の元同僚だと知った時点で
関係を断つのが
常識ではないでしょうか


優しさ 思いやりある人なら

女性①の元同僚から
女性①の事実とやらを聞いて

有頂天になって
女性①を小馬鹿にするブログを
立ち上げる事など出来なかった筈です



結局は 
別アカ(裏垢)で批判~考えて
↑こちらのコメント欄で伝えたように

物事の筋目を全て蹴飛ばして
己の腹のみで行動しているから
こういう醜き結果になるのだと

僕は思うのです



有頂天になって
敵視する人が潰れていくところを
楽しむようになり


見境がつかなくなったのです


一線を越えてしまったのです




女性①の元同僚と
女性②のやり様が罷り通るなら



カミングアウトしていないLGBTは
枕を高くして寝れませんし


それこそ 一人の人の人権も
へったくれもありませんよ



カミングアウトしていない
LGBTの皆さんなら分るはずで

ご自分が
その立場に立たされたなら
どれだけ辛いか
想像できるはずです




ごめんなさいね

僕は怒ってる訳ではないのです



こういうやり方は
卑怯だと言いたいのです





そして このやり様を
支持していた人の中には
LGBTの人も沢山いたと言う事が


残念でならないのです





人間だから
嫌いな人が居るのは当然ですし

嫌いな人が居ていいですが




卑怯な事までして

人を蹴落とさないで!
・・・と


ぼくは皆さんに
そうお伝えしたいのです




だから僕は 女性②さんに
「もっと堂々としてください」と
何度もお伝えしたのです




そして本来ならば
普段からLGBT運動を支持している方々が

女性②の人のやり様に対し
そこは苦言を呈すべきところなのに


嫌いな人は潰されて当然の如くに
全く知らぬ顔です


いったい何の為に
LGBT運動を支持しているのか?



だからぼくは 今のLGBT運動は
全く支持できないのです


LGBT運動を支持している方々は
本当に良くしようと思っているのではなく

目先のぼた餅に食らいついてるだけで
左右と後ろを振り向くだけの

洞察力・想像力がなく

思いやりの心がないと

僕はそう思い



この話は

これにて お開きとします m(__)m