吃音(どもり)で悩んでいませんか?

MRM吃音(どもり)改善プログラム(中村しょう)で改善しませんか!

 

中村しょう MRM吃音(どもり)改善プログラム 詳細はこちら

吃音(どもり)を悪化させてしまっているかも…

身体的なトレーニングで改善させようとしている指導者がいる一方で、精神病を抑えるための薬や、心の病を治すためのセラピーや催眠療法が吃音を改善するのに有効だとされている現実…

そもそも、あなたは、吃音の原因は何だと思いますか?やっぱり、身体的なところに原因があると思いますか?

『言葉が出ない』という現象だけを見れば、身体的な問題だと思うのは無理もないし、身体原因説を提唱している専門家も多いので、あなたがそれを信じていてもおかしくはないと思います。

でも、ちょっと考えてみて下さい。

吃音者であるあなたならわかると思いますが、たとえば、ほんの数分前まで人前でどうしても発することができなかった特定の言葉が、一人になった途端問題なく言えるようになってしまうという不思議な性質が吃音にはあります。

でも、だからといって、一人の時では絶対にどもらないのかというとそんな事はなく、「一人だとどもらない」を意識した途端に、一人の空間でもどもるようになってしまう事も…

また、基本的に“歌”や“お経”でどもる事はありません(ごく稀に例外はありますが)。

これが吃音なのです。

果たしてこれは、身体的な問題でしょうか?

吃音の症状だけでみるとイマイチしっくりこないと思うのですが、たとえば、「人前では目がほとんど見えないけれど、一人になった途端に視力が1.5に回復するんです」なんて言う人がいたら、あなたはどう思いますか?

人前ではほとんど歩く事ができず普段は車椅子に座っているのに、一人になった途端立ち上がり、歩き、走り、ダンスまで披露する。こんな人がいたとしたら、あなたはどう思いますか?

このような人たちを見てもなお、あなたは身体的なところに原因があると思いますか?思わないですよね。どう見ても心の問題だと思うはずです。

結論ですが、吃音の原因は身体的なところにはありません。

そしてこれは信じられない話かもしれませんが、むしろ発語に関するトレーニングを続ければ続けるほど、実は自ら吃音を強化していることになるのです。


ということは、「原因はやはり精神面(心理面)に…」という話になるのですが、これもちょっと難しい問題です。単純に「精神的な問題だ」の一言で片付けられる程、吃音は簡単な問題ではないのです。

 

参考サイト:MRM吃音(どもり)改善プログラム(中村しょう)の効果、口コミ

 

MRM吃音(どもり)改善プログラム 購入者の口コミ

何か話したいと思ったらその瞬間にもう言葉が出ているというか、これまでみたいに言葉を出すタイミングや間を取る事がなくなりました。

もともと人前ではあがるタイプなので、緊張したり、話さなければならない内容を思い出したりはしますが、昔みたいに、どもったらどうしようとか、どもった時はどうやって誤魔化そうかとか、そんな事は一切考えなくなったと思います。

いや、時々どもることがあるので、もしかしたら考えているのかもしれませんが、自分ではよくわかっていません。

とにかく、どもる事に対してのストレスが全くなくなったことは事実なので、改善できたとか、まだできていないとか、どうでもいいという気持ちです。

吃音を改善した感想を言うと、正直、少子抜けした感じです。こんなもんか、と(笑)。みんなこんなものなんでしょうか?

 

口コミをみても効果を感じて吃音を改善できたようですね。

特典も魅力です。

 

MRM吃音(どもり)改善プログラム 公式サイトはこちら