レーシックについて | レーシックの勉強

レーシックの勉強

レーシックについての勉強メモ。


テーマ:

レーザー照射で視力を矯正するレーシック手術を巡り健康被害ってニュースがありました。


ドライアイや目の痛みなど通常の手術でも起こりうる合併症が多かったが、日本眼科学会の指針に違反する可能性がある「過矯正」の苦情もあるそうです。


そもそもレーシックってなにか、といろいろ調べ始めました。視力の矯正方法としては、メガネがこれまでに使われてきました。


メガネはレンズを装着するので、顔に違和感を覚える人もいましたが、今ではファッション性あふれるメガネが多く販売されていることからポピュラーな視力矯正器具として使われています。


また、コンタクトレンズも依然として人気があります。


コンタクトレンズは目の角膜そのものにレンズをかぶせるのでメガネをかけるときのようなわずらわしさがないのが特徴です。


しかし、コンタクトレンズをいれたりはずしたりするのが面倒であることが欠点です。


コンタクトレンズをつけたまま寝ることはできないので、寝る前にはかならずコンタクトレンズをはずす必要があるのです。


そこで新たな視力矯正として注目されているのがレーシックです。


レーシックは目の角膜を手術することによって視力を矯正するまったく新しい技術なのです。

ですから、レーシック手術を施すことによってメガネやコンタクトから解放されるのです。


ただレーシックは普通の眼科クリニックではやっていません。

手術機材はとても高度で高額な設備。

限られたところでしかやっていないので、クリニック情報はよく調べたほうがよいでしょう。

品川近視クリニックや神戸神奈川クリニックなんかが有名ですが、老舗の錦糸眼科の口コミ なんかはよいみたいです。

ユッキーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス