今日は、早起きして、栃木県秋山川に、
渓流釣りに来ました。
事前の調べで、川幅がなく、ルアーは、
厳しいかなーと、いうことで、
イクラとブドウ虫君にも、
同行してもらいました。

渓流竿は、3メートル、4.5メートル、6メートル
が車に積みっぱなしになっているので、
現場で、選択しました。(o⌒∇⌒o)
ハリスは、0.2デス。


工夫とテクニックで、ルアー釣りできなくもない?


透明度は、スゲーけど、魚、ヤマメの気配なし。滝汗






美味しいらしい、次回、実食しよう。


かなり上まで来ました。
平日のこともあり、多摩、熊谷のナンバー
釣り人がいましたが、ジンより上流域には、
たぶん釣り人いないよう・・・


ヤマビル看板がやたら目につく。


リリースサイズのちびヤマメくらいしか
釣れず・・・
釣りは、早々にやめて、
渡良瀬漁業協同組合管轄の区域の秋山川
調査?していると、、、


再び、下流へ…………


イノシシの箱罠があちこちにあり、


くくり罠では、雄鹿が、かかってました。
写真は、ちょっとグロいので、載せませんが、
かわいそうって感情が強くあるうちは、
ジンが、ハンターになるのは、無理だなー
と、思いました。
食べるのは、好きなんですけど、、、

◆地元のじいさん登場◆
「こんちはー、どっから、きなさっただなや、
群馬けー、こんっただとこまで、釣りに来たと、
群馬にやー利根川が、あるっぺよ、沼田とか、
月夜野のほうが、釣れっぺよ。
ほれ見てみー、鹿さ、罠にかかっているずらよ。
近づいたら、なんねーだ、暴れるからなー
罠さ、かけた人、知ってるからさ、電話したとこさ、
この鹿で、13000円くらいになるのさ、その人は、
鹿、イノシシで、年間100万円くらい稼ぐと、
でも、大変な仕事ずらよー。」

【早口で、しゃべるので、たぶんこんな感じ
の通訳】

家から、50キロ・・・方言についていけない。
なんとか、わかるけど(笑)

高圧線で、野菜を守る側の農家の人にとっては、
イノシシも、鹿も、やっかいだし、、、

少し下流には、水は、ありません。
田んぼとかの引き込みに、
行っちゃうのかわからないけど、、、
源流から、上流、中流、下流へと、
川は、広くなだらかに流れるはずなのに、
渇水しています。


道に見えるけど、川なんです。
梅雨入りすれば、流れが戻り
鮎も上がって来るのかな?






ではまた(@^^)/~~~