半日断食とは?

<従来の常識をまず捨てろ>

1、栄養、カロリー重視による食べ過ぎの害

2、一日三十品目は差別思想の栄養学

3、現代栄養学の常識が不調を招く

4、質で食品を選べば三十品目は差別必要ない

5、出すことが何より大事

6、朝食は「金」なりという誤解


<半日絶食のやり方>

◎ 18時間以上たべない ことが基本

◎ 食事中と食後三時間は水分を取らない

◎ 朝食抜きがつらいなら青汁を飲む

◎ 最初から朝食抜きが無理なら、朝食の量を減らすことから始める

◎ 昼食は以前の量の八割に

◎ 食べ過ぎに防止には食前にミカン一個かリンゴ半分を

◎ 昼食後眠くなるのは食べ過ぎの証拠

◎ 夕食は以前と同じ量でかまわない

◎ 遅い時間に食べると熟睡できない

◎ 宿便の排泄を促すためにスイマグを併用(スイマグとは水酸化マグネシウム)



<断食十の効能>

1,断食は眠っている本来的な力を呼び覚まし、体質を変える

2,断食は快感をもたらす

3,断食はエネルギーの利用の仕方を変える

4,断食は宿便を排せつする

5,断食は環境毒素を排せつする

6,断食は自己融解を起こす

7,断食は遺伝子を活性化する

8,断食はスタミナをつける

9,断食は免疫を上げる

10、断食は活性酸素を減らす


奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っ.../甲田 光雄

¥1,470
Amazon.co.jp
AD