念願のHITBOX入手

$QAZの格ブロ-HITBOX

念願のHITBOXをついに入手しました
一昨年前に動画サイトで見て一目ぼれしてしまい、それ以来欲しくて欲しくてしょうがなくなってしまった一品
色々な検索ワードでググって公式サイトっぽい所は見つけていました
サイト内にstoreという項目が一応あって、販売してくれる可能性もあったのですが、待てども待てども更新されることがなく埒が明かない

自分で作ることも考えましたが、残念ながら自分で製作するスキルなど全くない訳です
そこで国内で製作してくれそうなところを探したところ、アーケードコントローラー工房様に出会うことが出来た次第です

アーケードコントローラー工房様では、レトロゲーム用アーケードスティック(PC用)をオーダーメイド制作してくれます
主に80年代のゲーマーを対象としたコンセプトのアーケードスティック制作をメインとされています

今回、私の希望するコントローラーはアーケードコントローラー工房様のコンセプトに全くそぐわない一品でしたが、ダメもとで問い合わせをしてみた結果、快く制作を受け入れてくださった次第です
しかもボタンの配置や色、大きさなどなど細やかに打ち合わせさせていただき、こちらの希望通りに仕立ててくださいました

この度、お世話になったアーケードコントローラー工房様には感謝してもしきれないほどです
いろいろと無茶も聞いてもらったと思います
本当にありがとうございました

それではHITBOXの紹介してみたいと思います
HITBOXとは、上下左右のレバー操作をボタンに割り当てたコントローラーでスティックレスアーケードコントローラーなどとも呼ばれているようです
操作部〝上〟がコントローラー中央下部に30φボタンで配置
その他の〝左〟〝下〟〝右〟及び8ボタンが24φボタンで配置されています
従来のアーケードスティックでは、メイン操作のボタンは30φですから、それよりも一回り小さい物が採用されています
コマンド入力の際、隣り合わせたボタンを連続入力するので、ボタン同士が近ければ近いほど良いと思われるので、こういった仕様になっているのではないでしょうか?
スティック右上部には、左からガイドボタン・バックボタン・スタートボタンを配置してもらいました

ボタンの色ですが、いろいろ考えた結果、良い組み合わせが思いつかなかった為、HORIのRAPシリーズで良く使う色遣いをまねてみました
ボタン配置はMadcatzのTE準拠にしてもらいました
8ボタン上列左から、X・Y・LB・RB
8ボタン下列左から、A・B・LT・RT

一先ずテストプレイとして、XBOX360版スーパーストリートファイターIVのトレーニングモードでコマンドチェック
リュウで波動拳・昇竜拳・ウルコン
一応出せましたが、全然操作に慣れていない状況なので安定して出せません

続いてザンギエフで立スクリューをやってみました
割と楽に出せましたが、ウルコンの2回転系はうまくいきませんでした
動画だと立状態で出せているようなので、これは要練習です

最後にガイルでタメ技を一通りやってみました
非常に出しやすいです
コントローラーの性質上、コマンドミスはあり得ないので一番やりやすかったです
アーケードスティックを用意するのが面倒でパッドでプレイしていたことの話ですが、タメ後の前入力の際に斜め上とかに入ってしまってジャンプしてしまうことがよくありましたので、そういったミスは全くありません
なにせ上入力が全く独立してますから

まだテストプレイ程度しか触っていませんが、操作していてとても楽しいです
しっかりと使い込んで、使いこなせたら最高にCOOLなんじゃないでしょうか

興味のある方は、ぜひアーケードコントローラー工房様へ問い合わせを!!