関京戦2018

テーマ:

関西学生アメフト

 

    

 

  昨夜、関西学生アメフト2018第5節、関学vs京大の試合がありました。今年は京大がここまで2敗と、昨年に比べると元気がない結果になっていたので、こりゃ勝負は見えてるし観戦はしなくていいかということで試合は観てません。関西学生アメリカンフットボール連盟 のサイトで結果のほうだけチェックです。

 

 

  結論からいうと京大よく健闘しましたね。今年のここまでの京大に比べたら関学相手によく頑張ったなと思います。関学相手に失点が23点というのは、今秋今までの最小失点ですよ。しかも昨年のこのカードのスコアは 関学31-10京大 でしたので、昨年より失点が少ないです。もちろん試合には負けていますし、得点が3点しかとれてないので完敗といえば完敗ですが、前節までの京大を考えたらもっと大量点差で負けると想像していました。ラン攻撃が170ヤード出ててなかなかだけど、パス攻撃が37ヤードではね~  ちょっとキツいね。

 

 

  一番驚いたのは第3Q終了時点で 関学9-0京大 ということで、関学にタッチダウンを1つも許していない点。これはすごいことですよ。他のチームではなかなかマネできないと思います。さすがに伝統の一戦だけあって京大にも何か見えない力が働くのかな。第4Qにさすがに地力の差が出てしまっていますが、今年前節までのあの京大がここまでやるとは思ってませんでした。スタッツ見たらなかなかいい試合してるので観戦すりゃよかったなとちょっと後悔しました。昨夜は用事でネット中継すら観てないので、また後ほどアメフトライブで観たいと思います。

 

  前節までの京大だと今年シーズン始まる前に楽しみにしていた、最終節の京大vs関大のカードはあまり楽しみではなくなっていたんですが、京大が昨夜の関学戦くらいの頑張りを見せてくれるのであれば、なかなかいい試合が期待できるかもしれないなと思います。^^