>> abc Café San Mateo | vice versa
Mon, March 18, 2013 00:00:01

>> abc Café San Mateo

テーマ:gourmet
グルメ、というカテゴリーに入れるのに悩むけど、最近しょっちゅう晩ご飯を食べに通っている、abc茶餐廳をご紹介。
一昨日の 「遊楽」 さんとは対極にある、純香港系といってもいいくらい「本格的」な香港からそのまんまのカフェです。
(注: 写真は一部 iPhone による低照度下での撮影のため、ノイズが多く汚らしいです。お許しください)


場所はサンマテオ3番街、ダウンタウンではベストな立地です。お向かいは味千拉麺。

入口が狭いから店内も... と思ったら仰天します。かなりダダッ広い店内。 天井が高いのも気持ち、イイ。

我が家は老夫婦なので、まだ明るいうちに入店するからガラガラ。でも週末はものすごく混むんですよ。
客層は、ほぼ100%香港系の中華。英語が全然喋れない若いウエイター君がいるのが珍しいくらい、思い切り中華。


壁際の席がユニークで、超ハイバックなブース。けっこうプライバシー保てるからこの席が好きな人も多いみたい。

香港カフェがベースのメニューはものすごく種類が豊富。ステーキから朝粥、炒飯、点心... もう、なんでもござれ。
abc という名前でお察しのとおり、Foster City にある ABC Seafood Restaurant 富林魚翅海鮮酒家のグループです。
そのおかげか食材の仕入れには事欠かないらしく、恐ろしくバラエティーあふれるメニューが整っているのです...。

そんななか、僕は Hong Kong-Style Milk Tea がお気に入りです。日本でいうロイヤルミルクティーに近い。

ヱヴァミルクと粉茶で抽出した?濃い、ややタイ風っぽい紅茶。少し埃臭いような独特のヒントと濃厚な味にシビレます。

 
今までずーっとホットで、コンデンスミルク入り($0.25増し)だったけど、気候が良くなって来た、ある晩はアイス。
コンデンスミルク入れてよ。って言ったら、アイスでは普通やらないらしいです。でも常連だからやってくれました。

で、ここんちへ通ってる理由が、種類の豊富な中華朝粥メニュー。

うちの家人、減量に成功してバッチリ痩せたけど今度は拒食症ぎみ。それを救ったのがこの朝粥だったのでした。

メニュー番号C13: 鴛鴦蛋痩肉粥 Preserved Egg, Salted Egg and Lean Pork Congee ($5.95)

ガチョーンの卵かと思ったら、鴛鴦=オシドリですが、皮蛋はともかく茹で卵はゼッタイ鶏卵だと思う。油條をクルトンにして、卵と脂のない豚肉から良質な蛋白が摂取できる、消化の良い粥にハマった家人。急に痩せすぎた反動でまたリバウンドもしないみたいだし、中華粥さまさまです。先週、香港出張に行ってきたら、ここのほうが現地より美味しいそうです。


油條 Chinese doughnut ($2.00)

クルトンにしては量が多いかもしれませんが、この食感のおかげで丼一杯もの粥にも飽きずに食べ進められると思う。

御同様に僕がハマっているのは、海南チキンライス。 Campbell(F)さんと初めてここんちへ入ったときにもコレでした。

メニュー番号RP1: 正宗海南雞飯 Hoi Nam Chicken Rice ($8.25)

いちばんアタマの「まさむね」は読まなくて大丈夫なのは判っているので、はいなんちぃふぁん、って言えば通じる。
ただ、イントネーションがあってるかどうかビミョーなので、毎回サービスパーソンさん達に教わって練習中です。(笑)


茹で加減ギリギリの鶏なので、骨髄の内側は危なそうなほど赤い。でもシンガポールでもこんな火加減だったよ。

うちのはこういう生っぽい茹でた鶏、しかも皮付きはドン引きになるようで、ダメ。
ちなみに、スイスの先生宅で僕がこれ作った時... 先生は僕が目を話した隙に白ワインをダバダバ入れやがりました。
肝心のチキンライスにもバター入れろと主張され、チキンバターライスにされちゃいました... そっちはまあまあだけど。
そうしないとエスニックすぎて西洋人には食べられないそうです。今では先生のアジアに狭量な味覚を見抜きました。

この海南チキンライスは東南アジアで出てくるのと同じセットっぽくなっていて、ジンジャーペーストはこんな。

なぜか皮付きのスパニッシュピーナッツが一緒だけど、オイル漬けジンジャーが海南チキンライスっぽい。
老醤も頼めば出るかもしれませんが、テーブルの上にあるラー油と、(たぶん)金襴醤油で調味すれば充分いけます。

スープは毎回中身が変わって、ここがある意味楽しかったり怖かったり...。

具がアタリだと思う時は、冬瓜のおおきな塊がいっぱい入ってて、出汁がアタリだと思うときは鳥の足が丸ごと入り。
上の写真はアタリの晩で、とっても大きな皮の付いたままの冬瓜が、鶏ガラといっしょに入っていました。


その前の晩は...鶏ガラかガチョーンガラに、菜っ葉の青い部分をぶっ込んだ余り物スープ。 スープは美味しい。

冬瓜は食べるけど、怪しい葉野菜とか、ましてや鶏がパーを出してる足とかはドン引きになって食べられません...。
チキンライスも茹でた鶏肉も熱くはないので、猫舌の僕にもすぐ食べられますし、スープで暖まることも充分可能。

家内は朝粥一本やりですが、僕は怪しい中華ステーキセットにしたり、お粥につきあったり、いろいろ試しています。
例えば、海南チキンライスの翌日はこれにしてみました。

メニュー番号CR3: 咖哩海鮮飯 Curry Seafood over Rice ($7.95)

シーフードカレーです。かーりぃはいしぇんふぁん、って読んだら、ちゃんと通じてました。漢字って便利だよね。
割とスパイシーなルーに、ササッと炒めただけの火通しな野菜とシーフード。缶詰カレーやタイ風に飽きたら、これ。
シーフードは、「うそカニ」とか「うそホタテ」ばっかりだけど、まあご愛敬。今度は Beef Brisket Curry も試そうっと ♪

そして、カレーの翌日は...

メニュー番号 L8: 京都炸醤撈麺  Mandarin Style Bean Sauce Lo Mein ($7.25)

Lo Mein と呼ばれる、汁なしそばです。腐らせてない挽き割り納豆(笑)に、シイタケや挽肉を入れて甘辛酸っぱく調味した事実上ある種のミートソースがかかっていて、チャイニーズブロッコリ添え。おまけで中華スープが付いてきます。
この中華スープに油條をビタビタに浸して、半シャクシャク半ジクジクになったのを食べると、これがまた美味しいのだ。

さらにその翌日は...(汗)

メニュー番号 N6: 火鴨湯麺  Roast Duck Noodle Soup ($6.25)

中華スープの中を泳いでいる撈麺の上に、チャイニーズブロッコリと大量の北京拷鴨です。これで6.25ドルは安い。
正直、予想した鴨の倍くらい入ってきたので焦りました。今夜は軽く食べるかな?と思っていたのに、もう満腹です。
北京ダックはお約束のスターアニス風味、脂がよく乗っているので最初はサッパリしていたスープはコテコテに。
これは中華バージョンの鴨南蛮ですね。それにしても鴨いっぱいだったのが嬉しかった。

まさかこんなに鴨肉が乗っかっていると思わなかったので、僕も油條をサイドで注文。

こんな状態でした。汁物には油條が美味しい。シャクシャクした食感と鴨脂の出てきたスープが一緒で、また美味しい。


おなかいっぱい食べてもひとり10ドル強ですから、家で料理作るよりも安上がり! ということで、通い詰めてます。

ABC Bakery & Café
210 E 3rd Ave, San Mateo, CA 94401
tel. (650) 685-8881
http://www.abcbakeryandcafe.com
Hours:  Open everyday
Mon-Thu, Sun 8 am - 1 am
Fri-Sat 8 am - 3 am

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス