こんな客は嫌だシリーズ

テーマ:
離れていたけど手を上げているのが見えた。
次にその手は「おいでおいで」の動きをした。
「お呼びですか」
その時点で私の心の中は拳を握りしめる。グー
近づくと片方の手でグラスをカラカラと振り、
『これおかわり』と合図する。
ここ   大事なとこ。
言葉ではなく合図する。

ハイこれー、アウトです!

それが何のおかわりか私知りませんから。えー
芋ですか、麦ですか
ロックですか、水割りですか。
何様ですか  お客様ですか  あーそうですか。 

団体さんは飲んでるうちに席を移動します。
「芋のロックにきまっとろ」なんて言おうものなら『知るか!』と言いたい気持ちを抑えるのに氷ガラガラいわせます。
そらーもぅ、ガツン!ガラガラ!バン!💢

一回深呼吸します。

にんげんだもの。
 
普段は笑顔でお迎えしていますのよ。ニコニコ




患者さんをお迎えするのはこちら。
1階のロビーにいます。
子どもたちが触り過ぎたのか、この日はずっと斜め向いてました。 
ホークスのユニフォームは時々替わってるみたい。なんか
も少しどうにかならないものかと  思うのは私だけでしょうか。

この子もさ、
笑ってるといいのにね。

病棟にもいたらいいのに。
お部屋から出られない子の訪問とか。

ロボット君たちには
担ってもらいたいことがあるんよ。

それはまた
別の機会にね。ウインク