埼玉県内で今年に入り、計46枚の偽造一万円札が見つかったことが4日、分かった。埼玉県警は通貨偽造・同行使容疑で調べている。
 県警捜査2課によると、見つかった偽一万円札はいずれもカラーコピー機を使って表裏を張り合わせたものとみられる。すかしがなく、手触りもごわついており、精巧な作りではないという。これまでにコンビニやタクシー、金融機関などから届け出があった。 

【関連ニュース】
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚
偽札使用容疑で仏国籍の男逮捕=都内で20枚見つかる

コメディカル7団体が民主党に要望書を提出(医療介護CBニュース)
四国南西部で「ゆっくり滑り」=大地震のリスク小さく-国土地理院(時事通信)
4氏が届け出=石川知事選(時事通信)
税優遇のNPO法人を拡大=仙谷氏(時事通信)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)