デザイナーは

先輩デザイナーや営業さんとたくさん話す。

トレンドセミナーに行って

何時間も講義を聞いて情報を収集する。

そのあと報告会をする。

あと得意先さんと電話での対応。

もちろん商談もある。

 

就職してから、必死に人の話し声を聞いて

直感力を働かせて、顔を見て話の内容をつかんだ。

 

でもセミナーでは

マイクを通して講義を聞く。

私はマイクやスピーカーを通した声は

極端に聞こえなくなる。

電話でも何を言っているのかわからず、

すぐに上司に代わってもらうことも。。。

その前に、電話のコール音が聞こえない音領域で

電話が鳴っている事に気付かなかった。

 

そういえば

中学・高校で英語のリスニングテストで

音がまったく聞き取れなく

白紙で回答することがあった。

マイクを使った放送の音は音量を大きくしても

聞き取れず、逆に音量を大きくすると

耳の中でガサガサと雑音が発生して

何も聞こえなくなってしまう。

 

私の耳は

機械音と生の声を不思議と

聞き分けてしまう。。。

 

 

そのうち

聞こえないことで、出来ないことが増えていき、

自信がなくなって、モゴモゴと話すことになっていた。

 

すると

上司の反応がどんどん悪くなるので

さらに相手の感情に反応して

自信がなくなってモゴモゴと話す…。

 

 

このままでは

もうダメだと思い、

思い切って退職しました。

 

つづく