・お店

今年度になって1ヶ月あたりの担当案件数が1件増え、それに対応するために悪戦苦闘している。今日も朝から出勤だ。しかし午後からはzujaさんのお店が閉店するので、これに行かない訳にはいかない。ということで13時半まで仕事をすることで妥協した。まぁ目標の8割程度の進捗だったが、明日の作業がグッと楽になった。よかったよかった。ということで、zujaさんのお店に行く前のわずかな時間をこちらのお店でjazzに耳を傾ける。

 

・音楽

入店時に流れていたのはモンクのソロピアノ。やっぱりモンクの醍醐味はソロピアノかな。独特のリズムとたたみ込んでくる不協和音、これはクセになるな。

 

ミルト・ジャクソンとオスカー・ピーターソンの共演アルバム、ピーターソンのピアノは好きではないのだが、このアルバムのプレーは悪くない。いつも"You get requests"のようなプレーをしてくれるといいんだが。

 

そしてドラマー、Louis Hayesのソロアルバム、トランペット(コルネット?)はナット・アダレーだ。豪快な兄のキャノンボールと比べると、ナットのプレーは丁寧で几帳面だ。心なしかブッカー・リトルに似ている気がする。

 

・楽曲

 

Louis Hayes Louis Hayes
 
Amazon

 

Round Midnight Round Midnight
7,380円
Amazon

 

・店内外