パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

花粉が本格シーズンを運んできてくれました??(笑)。

 練習通りにラウンドが出来たらスコアも良くなってゴルフは一層楽しくなる(筈)のですが、現実にはそうは上手く行きません。

これって、別に体力やスキルが変ってくるわけではないので、全く心理的な問題のように考えられます。

 

不動裕理が開幕戦に当っての心構えなどを書いたコラム(日本経済新聞「スポートピア」2018.03.06.)から要旨を引用させて頂きます。

 

ーーーー

練習と本番では力の入り具合などおのずと違ってくる。

アイアンの距離感などが合っているかどうかなど、一抹の不安はあった。だが、それも大抵は1ホールで解消する。ドライバー、アプローチ、パットと一通り打ったら自分の感覚がつかめ、1ラウンドをこなせばかなりのデータが集まる。2日目以降はコースに合わせて微調整して行けばいい。これは毎試合、共通することだ。(中略)

 私は気持ちのアップダウンは少ない方だが、ゴルフが多少うまく行かなくても考え込まないようにしていた。(中略)

 1日1日、頑張るだけ。一喜一憂せず、自分が出来ることを一生懸命やることが大切だと思っている。

ーーーー

 

6年連続の賞金女王、最年少永久シードの不動でも、シーズン当初や各試合の初日から全速力で走っているわけではないことが読み取れます。

 我々も自分の出来ることに集中することで、本格シーズンに臨めれば結果も付いて来るように思います。

 

で、もう一つ。実戦での心がけで役に立つのは、、、。

「打席練習をラウンドにつなげるコツ」という記事の中で、アドレスを取り始めてから4~9秒以内にショットすれば、ナイスショットにつながると

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコV

さんは仰っています。

 

あれこれ考えずに、プレーボックスでは無心にショットしなさい。

難しく考えずに、欲張らずにプレーせよという事ですね!

 

パットでも同じ、入れようという気持ちが強すぎると体がスムーズに動かなくなります。

「本番は練習のように、練習は本番のように」、これは心理ならぬ真理ですね(笑)。

 

いつもご覧頂き有難うございます。

今日もポチッとご協力をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。