芯で捉える動作 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「スイートスポットは動く」に続きます。

 

続けてもう一つの質問が「芯(スイートスポット)でボールを打つにはどうしたら良いの?」でした。

 続けてこの2問が出るということは、かなりの経験者ですね(笑)。

でも、こういうところはなかなかレッスンなどでも指導の範疇に無いようです(コーチに聞いたら教えてくれると思いますよ)。

 

インパクトまでボールから目を離さないでストロークすることです。

ハイ、これが模範解答です。

ふつう、これで終わっちゃうんですよね。

でも、やってみるとこれが出来ない。

いろいろと原因がありますが、途中で目を離してしまうんですね。

結果が気になって目が泳いでしまう離れてしまうんです。

 

ですから、目が離れないような方法を教えるのが本当にレベルの高いコーチと言えます。従来のコーチは「こうしなさい」と指導されてきました。それが出来ないからレッスンを受けてると思います。

 「何故できない、出来にくい」と言うことを解説し「どうやったらできる」ということを教えるのがコーチの仕事ですから、納得のゆくところまでリサーチクエッションを続けるのが良いと思います。

 

で、パットで、芯を捉えるやり方は「トップで間を置く」ことです!

 

これをやると、トップにヘッドがあるときに、目はどこを向いているか。

なんと「集中してボールを見てる」んです。

 

 これは、以前「ミッシェルのパパ」さんが、杉原輝雄のFWの打ち方を紹介されていて、その中で杉原がボソッと呟いていた一言です。FWでそれだけ集中力がボールに向かうということは、パットでもなんでも同じでしょ?!とやってみたら図星でした。

 松山英樹のショットを見ていると、これやってますね、きっと。

そのように感じさせます。

 

お悩みの方はお試しください。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。