スイートスポットは動く | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「金谷拓実のように、パターシャフトを立てて使うと芯で打てないのでは?」というご質問を頂きました。

 

 結論は、そういう姿勢でも芯で打つことはできます。

 

気を付けなければならないのは、シャフトの立て方によってスイートスポット(以下、芯と言います)の位置は変わるということです。

 青木功のようにシャフトを寝かせば芯はヒールよりに移動しますし、金谷のようにシャフトを立てて使えば、芯はトゥ寄りに移動します。

 

パターを吊るして芯を探したり、ヘッドを持ってそこにボールを当てて一番感触の軟らかい当たりのところが芯位置の探し方という方もおられますが、それはその状態での芯の位置ですから、実際に構えたシャフト角度で芯を探す必要があります。

 こんなことはやらなくても、普通に構えて何球かパットすれば、打感が良くて打音も軟らかい音で芯の位置は分かります。

 

大切なことは

良いパットをするためには、毎回同じ姿勢で打つことの必要性があるということになります。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。