下りの練習は意味がない | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「見る位置で傾斜が変わる」に続きます。

 

藤田寛之は、続いて掲題のことに触れていますので、一部を略して引用させていただきます。

 

ーーーー

(誰もが)下りの1.5mより、上りの5mの方がしっかり打ちます。

ですから、私は上りのラインが残るようにグリーンを狙う。

 下り傾斜は、ボールが止まらないという意識が出てくるので、しっかり打てなくなり、これが続くとストロークに緩む感覚が染みついてしまう。特に私はタップ式でパチンとヒットするので、その意識は持ちたくない。

 パッティングを練習するときは、タッチを合わせる際に長い距離で下り傾斜は少し転がすが、短い距離で下りのパットはほとんどやりません。特にスタート前に下りをやる意味はない、と思っている。

 

ラウンド中、ラインを読むときでも意識していることがある。

 ラインを決める時に、ボールの後ろから見て、横から見て、カップ際を見て、と多方面から傾斜を確認します。そして、ボールに戻るときは、必ず低いサイドの傾斜からラインを見ながら歩いている。

 スライスラインで言えば、ボール側から見ると、左側が高くて右側が低い傾斜。ボールに戻るときは右側の低い傾斜のほうから歩きながらラインを最終確認します。

 そうすることで上りの感覚が出てきます。

高い側から戻ると、下り傾斜の意識が入ってきてしまいます。

今ではほぼ無意識になっていますが、そうしたちょっとした事の積み重ねが、意外と影響を及ぼすものです。

ーーーー

 

藤田のパッティングの上手さはご本人のセンスだと思ってましたが、それだけでなく、細かいことにいろいろと気を配っていることがこの記事からよく理解できました。

 

この記事は緩みが生じないことを強調していますが、タッチを確認するという意味では、下りの練習も必要ですよね!

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。