押し型ストローク② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「押し型ストローク①」に続きます。

 

ーーーー

セットアップ

押し型ストロークをするためにはグリップの力加減も重要。

 

バレーボールのレシーブ握りで肩のラインが平行になる

このグリップの利点は手首、肘、肩のラインが飛球線と平行に構えやすいこと

レシーブをイメージしたグリップでは、左右の手の甲が斜め下を向く形となる。更に胸骨の振り子バランスでストロークが出来ると、手の甲の向きに沿って自然とストレートに近いアークを描ける。

 

左手が上で右手が下にくるグリップをすると無意識に右肩が前に出やすくなる

 

握るという表現は使いたくないくらい、軽く握るのが理想。

言い換えるとパッティングのストロークも手先ではなく背中や胸などの大きな筋肉を使ってコントロールする。

 「落ちない程度に軽く持っているだけ」で、そのためのポイントがある。

(続きます)

ーーーー

 

では振り子式は否定されていましたが、ここでは振り子バランスという言葉が出てきて混乱しそうですが、気にしないで進みましょう(笑)。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。