原 英莉花のパット | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

日本女子オープン覇者の原 英莉花(→「日本女子OPN2020」)のパットについては、解説の森口裕子が淡々と解説していましたが、これ凄いことですね。

 肩でストロークしているゴルファーでも、ショートパットについては、ついつい(入れたい気持ちが強くなり)手先でストロークをしてしまいます。手先は器用ですが、緊張時は軌道が不安的になりやすいです。

 

先日の試合でも、原はショートパットでも、肩が上下動している様子が映っていました。

原が如何に肩主導のストロークに長けているかを垣間見た印象です。

 

肩を使ったストロークは、森口の仰るように、フェースを押してゆけるので球足が良いだけでなく、方向性も距離勘もよくなります。

 なぜなら、ストロークで意識するのは左肩の上下動だけです。

他には意識しないので、迷いなくストロークできるので、ショートパットでも不安は生じません。

 

また、再現性の高いストロークですから、長いパットでも距離勘に専念してストロークできるので、安心してパットできます。

 

この、肩主導のストローク、すごく効果が高く大切なテクニックだと思います。

 

効果が絶大であることをぜひお試しください。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。