シニアOPNチャンプのパット④ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「シニアOPNチャンプのパット③」に続きます。

 

ーーーー

ソフトなグリップ

 

グリップを強く握ると力みやすくヘッドを動かしにくくなる。

 

ボクの場合、左右の手の中指と薬指の4本でグリップをホールドしている感じ。

他の指にはほとんど力が入ってなくて、ただ添えている感じ。

スムーズにストロークすることが再現性の高さにつながると思っているので、なるべくソフトに、必要最小限の力で握るようにしている。

 これはあくまでボクの感覚で、いろいろと試してみて、自分が最もスムーズにストロークできる強さを見つけると良い。

 

それにグリップは下から握るようにしている。

下から握ることによって、自然と両脇が締まった構えになって、一体感が出て、体を使ってストロークしやすくなる。

 脇を開けてストロークする人もいるが、それはその人が最適と感じているからだが、ボクの感覚としては、脇が開いているとヘッドの軌道が安定しないイメージのほうが強いので、グリップを下から握って、両脇を軽く締める。

 

それともう一つ。

手元を少しハンドアップに構えて、パターを吊るして持ちたいから。

グリップを下から握ることによって、自然と手元を高く構えやすいし、ヘッドを(地面に)押さえつける悪い癖も防げる。

 

アドレスでは芝にそっと触れているぐらいの感覚。

ベタっと置いてはいない。

なので、プロになってから、アドレスに入る時のルーティンも変えた。

ーーーー

ルーティンについては明日の続きます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。