シニアOPNチャンプのパット③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「シニアOPNチャンプのパット②」に続きます。

 

ーーーー

先ずは何も考えず”気持ちのいい”振り幅で打つ

本番に強くなるスタート前のパタ練

 

グリーンの状態を調べる前に、まずは自分の調子を整えることが先決。気持ち良い降り幅でポーンポーンと3球打つ。

 最初は芯を外したり転がり距離も一定しないが、繰り返すと徐々にタッチも揃ってくる。

 

そのあとでグリーンスピードをチェックする。気持ちのいいふり幅で転がすと、大体このくらい転がるという、自分なりの距離があるので、歩測してみて普段と転がり距離がどう違うかで、その日のスピードを把握する。

あとはその気持ちいいふり幅を基準にして、打っていく距離に応じて足し引きする。

 

そのあとでカップを使って練習する。

実際に曲がるラインで練習するのもいいが、ストレートなラインでも、カップのどこを狙うかでフックやスライスの練習はできる。

ビリヤードが趣味でプロになろうと思うくらいハマっていたが、手球を的球に当て、思った方向に転がすには1点を正確に狙う必要があり、少しでも狂ったらアウト。パッティングでも集中してカップの1点を狙っていく。

ーーーー

 

宅練でマットも使わない私は、ボールに向かって転がしていますが、ボールの右とか左を狙って距離勘よろしくやってみようと思います。

あ、5m先のボールではこれは無理です。微妙なカーペットのうねりで当てるのが精いっぱいです(笑)。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。