生命線で握る② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「生命線で握る」にコメ頂きありがとうございました。

 

で、私も改めて調べてみました。

どのくらい昔からこの握り方が良いと言われてきたか確認できませんが、どうやら振り子式のストロークが主流になってきてから、強調されたのではないかと思います。

 

なので、先の記事では宗旨替えはしないと言いましたが、宗旨替えします(笑)。朝練で試すだけでなく、現場でも使ってみました。

 一言でいうと、方向性が良くなります。

 

私の(感情線寄りの)グリップを生命線に合わせて握ると少しアップライトになるので、少々短めに握るとしっくりきます。

 

握り方についてはネットやYouTubeにいろいろありますが、短時間で分かりやすいのは→「G1レッスン日記 パッティング編 グリップは生命線で握る」←リンク先の後半部分にこの記事。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。