ライジングパット | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「釣鐘のように打つ」に続きます。

 

ーーーー

釣鐘パッティングで、ヘッドを真っすぐ引いて、真っすぐ出していくのはもちろんだが、更に、インパクト以降でヘッドを自然と斜め上へ抜くことも大切。

 

手で球を(アンダースローで)転がすことを考えると、手のひら側を上に向けて持ち、手を真っすぐ後ろへ引き、真っすぐに前に出し、投げた後は自然と手が斜め上に抜かれる。

 パターの動きも同じ。ヘッドの動きは真っすぐ→真っすぐ→斜め上が正解。この動きをライジングパットと名付けた。

 

勿論グリップはテンフィンガー。半身の構えでアドレスし、右手を積極的に使って釣鐘のようにヘッドを動かし転がす。

 

多くの言葉を並べてくどくど説明するより「ライジングパットで転がそう!」とワンフレーズで説明すると子供たちは楽しく簡単に理解してくれる。

 

ーーーー

このやり方ですと、順回転の転がりが得やすいですね。

試してみる価値があるように思います。

しかし、順回転を意識しすぎると、ヘッドを擦り上げることになって、芯を捉えにくくなるので、注意が必要です。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。