釣鐘のように打つ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

パットは振り子式が最上と考えていましたが、篠崎武久さんはそうではなく、釣鐘を突くようにするのが良いととおっしゃいます。

 

ーーーー

これまで常識とされてきたパッティングはあまりにもヘッドを複雑に動かしてしまっている。これまでの常識は「振り子のように打つ」だが、そういう子には振り子は再現性が悪いから難しく、とても長時間練習しなければならない、と言ってあげる。

 機械が動かす振り子式は再現性が高いが、人間は毎回同じように動かすなんて不可能。問題点は、動く人間と動かされるパターの接点が、両手を合体させた1点のみで、パターを吊るしている腕も2本を固めて1本にしていること。

 

釣鐘を鳴らす鐘木(しゅもく)は2本の綱で吊られていることで、毎回同じ位置を打てる。

 パッティングも同じで、左右分担型のグリップで、2本の腕で操る釣鐘パッティングの方が再現性が高い。

従って、パッティングは振り子のようにではなく、釣鐘のように打とうと教えている。

 

(振り子式では)肩の入れ替えで打つと言ってるが、実際には肩は動いてない。どこを動かしているかというと体のねじりで打っている(*1)。

 釣鐘式では、肩、ひじ、手首を曲げて動かし、体をねじらずにテークバックするからシャフトを立てたままストロークできる。

 この動きだと2本の綱で支えられた鐘木のように毎回同じ動きになるので再現性が高い。そして、ヘッドを地面と水平に走らせることが出来るので、フェースはいつもボールを向いたままのストロークになる。

(続きます)

ーーーー

 

*1:本当に肩の上下動でストロークすることもできます。
  但し、いわゆる手打ちでパットを始めた方はその癖が抜けずに、このやり方がなかな身につかないのも事実です。私も始めたころはこれで苦労しました。でも今は違和感なくストローク出来ています。

 

しかし、この釣鐘式ストローク、やってみると、ヘッドを平行に動かすには肩の上下動が自然にできますから不思議です。

 ストロークの再現性そのものに不安のある方は、釣鐘式に転向するのも一計かもですね。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。