やっぱり距離勘 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

先日のラウンド、甘く見てました。

15mと12m(いずれも上り)で3パットしました(泣)。

まあ、ミスらしいミスはこのほかにロングの第2打をミスり□とした以外にはなかったし、10m(緩慢な上り)を1発入れてますので結果(スコア)的には悪くはなかったですが、、(笑)。

 

遅いスタートで、暑くてロングパットの練習をせずに何発か転がしただけという手抜きのスタートでした。これ後悔しています。

上りの距離は補正(加算)してファーストパットしましたが、練習していないので不安がよぎりました。で、2回ともショート。

これが、それぞれ大きい曲がりの残り(≒1.5m)でした。結果は2つとも外してしまった(ここでも打ち切れてない)という次第です。

 

手抜きは必ずしっぺ返しが来ますね。

もう少し頻繁に現場に出ていればこんなことはないと思うのですが。

 

で、もし時間がないなら、ショートパットよりもロングパットで距離勘を確認してからのスタートにしようと決めました。

 パット名手の一人、谷原秀人はロングパットだけ練習するとも言っておられます→「OKが貰える距離勘③」

 

一般には最後にショートパットを練習してからスタートせよと言われますが、それはあくまで距離勘を掴んでいての話ですね。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。