全英女子OPN最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

今年のシンデレラは世界ランク304位のS・ポポフ(独)でした(-7)。

 

2打差の2位はT・スワンアプラ。更に2打差の3位にM・リー。

4位には更に2打差で朴仁妃。更に1打差の5位にA・アーンスト。

更に1打差の+1に6位の上田 桃子で自身メジャーの最上位フィニッシュした。

 

多くの方がご覧になってたと思いますが、ポポフのパット。

特徴的なのは逆手(Left Hand Low)に構えること。

アドレスは両足を平行にして膝を少し絞り込み、これで不動の下半身を作っています。

 スクエアにアドレスしますが、長いパットでは若干オープンです。

これは視界を広めて距離勘を作りやすくしていると思います。

ボールは眼の真下に構えて、ほんの少しフォワードプレスしてからテークバックに入るというのは、タイミングを取っているのだと思います。

パターヘッドをソールして構えますが、テークバックの直前にわずかにヘッドを持ち上げますね。→「ソールする/しない」の両者のメリットを取り入れています。

 

あ、ポポフご本人のコメントはまぐちゃんのブログに詳しく載ってます→「AIG全英女子オープンゴルフ選手権最終結果」

 

R.トルーン。一度は回ってみたいですね!

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。