激芯ゴルフ② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

BSフジの「激芯ゴルフ」、ゴルファーには人気番組ですね。

6/4放送(#11)の中からパットについての解説を再録させていただきます。先週もパット指導ありましたがそれは別途記事にします。

 プロの卵たちもパットにいろいろと悩みを持っているようですが、南秀樹さんの解説に皆さん得心のようで、我々も参考になります。

 

ーーーー

1.目線はボール

   意識は出球のライン

 

2.バックスイングは

   カップ方向から(後ろへ)引っ張るイメージで

 

3.グリップ(位置)は

   ハンドファーストで

 

4.バックスイングより

   フォロースルーを大きくストローク

 

5.スタンス幅は

   首の幅の3倍が基本

 

6.下半身に力を入れ

   グリップを握る力は軽く

 

7.アドレスでは

   左股関節に力を入れてつま先体重

ーーーー

 

やり方は人それぞれですが、悩みのある方は試してみるのが良いように思います。

 1.の目線はボール、意識は出球のラインって、ヘッドアップをせずに気になる転がるラインに乗せていこうというのは心理的には現実的なことではないでしょうか。

 2.の後ろへ引っ張るイメージって、真っすぐにテークバックしやすいように思います。日本人の動きは押すよりも引く方が合ってるという話もありますから。但し、右利きの方は左手グリップの緩みを気を付ける必要があるように思います。

 

以前にもパット部分を引用させていただきました

「激芯ゴルフ」

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。