OKが貰える距離勘③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「OKが貰える距離勘②」に続きます。

 

ーーーー

ヘッドとボールが同じスピードで動くように

            一定のリズムでストロークする

 

頭を動かさずに左肩を支点に打つ

 ラインを決めたら、そのカップに対して半径30cm以内に寄せるためには、どういう強さでボールを転がせばいいかをイメージする。

 下手投げでボールを転がして寄せる要領で、感覚的に判断できる。

パターでボールを打つときも、それと同じ感覚を出せればOK。

 ボールの転がりはインパクトの強さ、打ち出しのスピードで決まる。

 

私(谷原秀人)が心がけてるのは、バックスイングからフォロースルーまで常に同じリズムで打つこと。途中で急加速したり、減速すると、打ちだす強さを一定にできない。一定のリズムの中でヘッドと打ちだすボールのスピードが一緒になるようなイメージ。そうすれば、ボールを打ち出す強弱をコントロールしやすくなる。

 

ストローク中、パターを手先でコントロールするとリズムが一定にならない。頭を動かさずに、左肩を支点にしてストロークすると安定感が増す。

 

その日のグリーンによって速さが変わるので、私はグリーンの速さを掴むためにロングパットの練習しかしない。

 タッチが合えば、タッチを合わせるショートパットも同じようにいい感触で打てる。

ーーーー

 

肩を支点にしてストロークするので、出球の速さとボールの速さが一致するんですね。初めはゆっくり過ぎるくらいと思うくらいのストロークが練習には向いていると思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。