OKが貰える距離勘② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「OKが貰える距離勘①」に続きます。

 

ーーーー

タッチを合わせるために

 いろいろな角度から見てラインを確認する

 

イメージ通りに打っても下りと気づかずに打ったら大オーバー。

上りと気づかなかったら大ショート。この確認は怠ってはいけない。

 手順としては、グリーンに上がる前からグリーン全体を見て、高低を見極める。グリーンに上がったら、先ずボールの後ろから見て、上り下りスライスかフックを判断。

 次に想定したラインの横を歩きながら傾斜を感じて、カップ手前1m付近を確認する。ボールの勢いが落ちるカップ手前が一番影響を受けるので、必ずカップ近くの傾斜を確認。

 

更にカップの反対側からも確認したら、カップの横でボールとカップの高さを確認する。ボール側からは上り、カップ側からは下りに見えることがあるが、横から見れば一目瞭然。

 再びボールの後ろで確認してラインを決める。

 2段グリーンや上って下る場合は、横から見てボールとカップを直線的に結んだ面を傾斜の角度と考える(*1)。

 

ショートパットも強気にラインを消して打つことはない。

ロングパットの延長と考えて、短い距離でもタッチを合わせてラインに乗せて狙う。

ーーーー

 

*1:これは藤田寛之も同じことを言っておられます。

   →「カップとボールを直線で結ぶ」

   パット功者はシンプルに考えていますね。

 

速いグリーンで、下りで少し曲がるような場合は、タッチを合わせた方が安心感があってゆっくりストロークできるので、ミスがなくなります。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。