左肩ストローク② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「左肩ストローク①」に続きます。

香妻陣一朗はこのストロークでパット数ランク3位というパット功者ですが、これで次のように大事なパットの取りこぼしがないようです。

 

ーーーー

入れごろ外しごろの距離を外さない

ボールの近く(20~30cm)のところに目印(スパット)をみつけ、そこに打ち出すことだけを考える。

 

ショートパットはカップを見ない

パッティングで大切なのは、先ずラインの読み。

グリーンの傾斜を見て、どういう強さで打てば、どういう曲がり方をするのかイメージする。どういうタッチで打つかで曲がり幅が変わるので、それを踏まえてラインをイメージする。

 

スパットを通すことに集中して思ったところへ打ち出せれば(ラインの読みが間違ってなければ)カップに向かってボールは転がってゆく。

 スパットを遠くに設定するとヘッドアップしたり、ミスしやすくなる。

1m先のスパットを通すよりも30cm先のスパットを通す方が易しい。

 

ロングパットは大雑把でもいいが、4m以内の入れごろ外しごろの距離はスパットに打ちだすことが重要。

 

2m以内のパットはカップが視界に入るがカップに意識が行くとヘッドアップしがちなので、私は短い距離ほど、打ち出しの20~30cmに集中する。

ーーーー

 

良いスパットが見つかれば、30cmくらいのところにそれを設けるのがミスパット(ヘッドアップ)しないために有効ですが、50cmくらいまでは直線のイメージで打てるので、適宜な位置に設定してよいのではないでしょうか。

 

大事なのはそのスパットに集中し、イメージした距離勘で打ち出すことだと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。