左肩ストローク① | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

昨季平均パット数=1.7356でJGTOランク3位Tの香妻陣一朗のパットについての記事がありましたので「週刊パーゴルフ」(2020年NO.5)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

手元を目標方向に出して(*1)から左肩主導で打つ

フォワードプレスでできた右手首の角度を保つ。

 

ねらったところに打てるならスタイルは何でもよいと思う。

但し手先を使うとフェース面がぶれやすくなるので、狙ったところへ打ち出しにくくなる。

 私は左手の小指、薬指、中指の3本をギュッと握って左手首をロック。

手先を使わないために、左肩から始動して、常に左肩が動くように意識している。ショットと同じ感覚。

始動のきっかけとしてフォワードプレスを行う。

(明日に続きます)

ーーーー

 

*1:フォワードプレスのことですね。

 

昔から、テークバックをスムーズに行うためにフォワードプレス(FP)を行う方が多いのですが、最近は少なくなった気がします。

 JLPGAパット数ランク1位(2019年)の鈴木愛もフォワードプレスしています→「フォワードプレス」

始動のきっかけだけでなく、転がりを良くするためにFPをどのくらい行うのが良いかも芝草順二さんのやり方がこの記事に示されています。私も同じ大きさ(手元の動きの大きさ)のFPをやっています。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。